2011年07月19日

「頭が良い」と思うこと?


生徒から良い質問がありました。

「至高を意識した時点で既に至高ではない」ことと
「自分は頭が良いと思うことが大切」と仰ることは、
どのような関係ですか?という質問です。

「至高を意識した時点で、既に至高ではありません。
相対的価値を超えた領域を その知力の在るがままに」
と、塾ホームページに書いています。そのことと、
「自分は頭が良いと思うこと」は矛盾するのでは?
と思ったのでしょうね。非常に良い視点です。

厳密な関係性を記すには難解かつ複雑になりますので
とりあえずエッセンスだけお話していきましょう。

「至高を意識した時点で既に至高ではない」というのは
自分自身が頂点にいる、完成したと思う「思考」自体が
「相対的な価値判断」を抜け出せずにいることを表し、
それは「未熟そのもの」でしかないという意味です。

「智慧」というものを深めていけばいくほど、
「無知の知」に向き合うことになります。
「知れば知るほど、己の未熟さを悟れる」
と言って良いでしょう。

しかし、「自分は頭が良いと思うこと」は
必ずしも自分が「至高」だということを
意味するものではありません。

「未熟な能力」を最大限有効に使うための
「暗示効果」と捉えると分かりやすいと思います。

「世界最高峰サガルマータ(=エベレスト)を踏破する」
という強い意志がないのに、のんびり過ごしていたら
自然と登頂していた!ということは、現地に住まれる
方々以外は有り得ません。

世界最高峰を登る覚悟と、そのための入念な準備・
トレーニングも必要となるはずですが、何よりも
自分なら登り切れる!という自らへの信頼が
あるとないとで結果が大きく異なるでしょう。

「〜大学に行く!その為の能力はあるはずだ!」
と思って日々努力する人と、「〜に行きたいけど…
自分では無理に決まってるし…」と苦悩しながら
勉強する人ではどうでしょう。勉強法に間違いが
なければ勝負の行方は「入試前に」決しています。

「自分は頭が良いと思うことが大切」と言うのは
「自分の能力は、世界中で誰より自分が最も
信じていなければならない」という趣旨です。


「自分は頭が良いからさ〜」と、他に吹聴するのが
幼稚であることは言うまでもありません。

自己のアイデンティティが確立されていない者は、
他者と比べた数値、学歴や資産・所有物といった
「相対的価値」で「自己の存在意義」を定義付け
せざるを得ません。情報が氾濫する中、多様な価値の
濁流に飲み込まれる現代において、何かとの繋がり
なくしては「自分が何者か」を見失ってしまうからです。

そのような、他者との比較における「頭が良い」ではなく、
「自分の能力は、自分が最も信じていなければならない」
という意味での「頭が良い」という確信なのです。

この意味では「頭が悪い」人など世に存在しません。
各々が究極コンピューターを与えられ、それを使う
意思があるかどうかという些細な違いだけです。

自らの知力を、他と比べることに意味はありません。
(弱い自分を「慰める」効果はあるでしょうが)

その与えられた脳力(未開花の力を含め)について
「如何に使っていくべきか」という創造的思考が
我々の存在意義を形作っていくものだと思います。

濁流の中で、自分を見失いそうになったとしても
「自分ならできる」と他ならぬ自分が確信していれば
その者の「創造する力」が消えることはないでしょう。


要約しても長くなりますので、この辺で。

大きな台風が接近しています、
皆様くれぐれもお気をつけて。


posted by laluz at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | IQ・知能

2011年07月15日

「思いやり能力」


世界には、様々な「高IQ組織(High IQ Society)」
というものがあります。特権意識で「我」を主張したい
文化の流れでしょうが、欧州に多く存在します。
(「秘密結社」の流れに連なるところもありそうですね)

しかし、与えられた脳力を世界のために用いて行く
方向で活動しているとは(一部を除き)言えません。

多くは、非社交的な性格を「IQが高いから一般的な
会話ができない」等と言いつつ、高尚ぶった空間で
歓談する社交クラブに成り下がっています。


(もちろん創造的で、快活な方も中にはいますが)

それは「悪いことではない」ものの、「真の知能」とは
社交能力は当然、全てに対する予期能力と対処能力が
なければ「高知能」とは到底言えないでしょう。

IQとは?と疑問に思われて検索される方が多いように、
実際のところ「誰も分かっていない」ものです。
分からないからこそ研究者が研究している訳ですね。


雰囲気的には「脳」を究極コンピューターと捉えると
「IQ」は情報処理スピードと言って良いと思います。


もっと身近な例で言えば「100m走のタイム」と同様に
捉えることもできます。IQが高いと「言う」だけでは
何も生みません、「だから何?」という感じでしょう。

100mを10秒台で走れるなら(世界記録9.58秒)、
人間として非常に速いですが、その数値だけで何かが
変わるわけではないと思います。その足の速さを用いて

事故に合いそうな人を救ったり、或いは陸上大会等で
人々に希望や勇気を与えるという結果があって初めて
「素晴らしい」ものになります。

しかしながら、足が速くない人が全力で走って
同じく車に轢かれそうな命を救ったとしても、
「素晴らしい」ことに変わりありません。

助けられた命にとっては「救いの手」であることに
変わりないからです。IQも同様だと思います。


「複雑な情報を読み取り、関係する事象の中で最適解を
見つけ、その状況にあった合理的行動を取る」ことができ、

そして周囲を「調和」「目標達成」へと導いていくことが
出来て初めて「素晴らしい知力」と言えるでしょう。



能力はあくまで手段であって、その能力で「何を為すか」
こそが問われます。テスト成績が優秀であるか否かは一現象
であって、それ自体に価値があることではありません。

その能力で何を為すか、何を生み出すかが重要です。
ペーパーテストは苦手でも、博愛精神で周囲を支えて
「調和」を図れる人は「優秀」に決まっています。


能力が高いのに何もしない者より、能力の限界を
知りながら全力で目標達成していく者の方が称賛
される社会構造は、ある意味当然と言えるでしょう。


個人的には「知能」とは「機に臨みて変に応ず」能力、
すなわち「いかに冷静に情報を判断し、臨機応変に
対処できるか」に尽きるだろうと思います。


分かり易く集約して言えば、
「知能」とは「思いやり能力」に他なりません。
(単なる建前上の優しさではなく、毅然とした配慮)

「情報を冷静に判断する」ためには「空間認知能力」も
必要でしょうし、「感情表現・読取能力」も不可欠でしょう。

記憶力も必要ですし、推理計算能力も要求される
でしょうが、それら各能力を統合・統率できるのは

「自己への絶対的自信」と「万物に対する謙虚性」が
あってこそ可能だろうと個人的には感じます。


「自分には全てを為すことができる」という確信と
同時に「今ここに在るのは、自分の身体器官や精神、

それを育んでくれた周囲全ての支えがあってこそ」
だという万物に対する感謝・畏敬の気持ちという
両輪をバランス良く保っていれば、その人は既に
「智恵ある者」に他ならないでしょう。


「周りが自然と手を差し伸べてくれる存在」になれば
その人の「1手」は10にも10,000にもなっていき、
周囲と共に多くを成し遂げていけます。


成績は優秀でも、お母様や周囲を敬えないようでは
凡才以下です。幸か不幸か私に関わった生徒の皆さんは、
成績だけでなく人間として優秀になって欲しいと願います。

何やら説教じみた形になりましたが、
今回はこの辺で。。

また来週にお会いしましょう。


posted by laluz at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | IQ・知能

2011年07月14日

IQ パズル


IQ について情報検索をされた結果、
サイト訪問下さる方が増えてきました。

ブログは気楽に書いているので良いとしても、
ウェブサイトでは文献を精査してそれなりの
論稿を書かねば…と思う分、牛歩の如しで。

現在の「仮屋」的状況ではご訪問下さった方々に
申し訳ない限りですが、のんびりお待ち下さい…。

今回は、お詫びを兼ねてプチIQパズルを出します。

IQパズルという以上、少し頭を使いますが、
(英字がある点で、小学生には難しいかもです)
ご家庭でもご一緒に考えてみて下さい。

-------------------------------------
問1 】

 4111,2111,1115    = MEN
 1141,3111,1115,1211 = KIND
 1131,1151,1211    = (?)

問2 】

 AMRH : 風
 WIE  : 海
 JMVI :(?)

------------------------------------


とりあえずヒントも賞品も無しです。。

暗号が得意な子には簡単でしょうが…

中学3年生以下の完答者には東大オリジナル文具
(ペンやノート)でも差し上げましょうか。

正解かどうかに御興味があれば
sss@la-luz.info までどうぞ。

それでは、今日はこの辺で!


posted by laluz at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | IQ・知能

2011年06月15日

「運命」のモーターを回す


多くの方々が日々ご訪問下さり、光栄に思います。

長文が常態化して読みにくい気もしますが…
前回の話を続けます。

「頭が良いと思うこと」自体が未熟なのに
「頭が良いと感謝すること」が答えとは…
矛盾しているのでは?と疑問に思われた方も
きっとおられるでしょう。


それは健全な批判精神です。他者やメディアの見解を
盲目的に信じるのはナンセンスであって、全ての行動は
「自らの取捨選択」の判断結果でしかなく、

それを信ずるか否かで生ずる利益不利益も
全て自らの知力の結果です。

(その判断力が未完成の未成年者は、故に保護されるわけです)

その意味では、全ての事象について「自分で納得
しなければ採用する必要は全くない」のです。

そう述べると次のように思われる方もいるでしょう、

「現実はそんなに簡単ではなく、納得していなくても
 しなければならないことが多い」ではないか?と。


ここに、大きな思考ギャップがあるように思います。

究極的に、物事は「するかしないか」「1か0か」
に帰結できると言えば、「そんなことはない、
人間の感情は複雑だ」と反論されるかもしれません。

なるほど、人間を含め「全体」の流れを見れば
「現象」というものは非常に複雑な動きをするかに見えます。

が、非常に細分化していくとシンプルな単位の
集積でしかないことが多いものです。


(量子力学上でも挙動が今だ予測できない難題も多い
 ですが、将来シンプルに記述されると思います)。


その細部が全体として「統合」される奇跡に驚きを
隠せませんが、ともかく人間行動レベルでは意外と
シンプルな思考パターンに帰結できるのです。

気難しい性格の人でもその行動原理はシンプルだったり
します、そこまで「周囲が読み取らない」だけであって。。

(この点に関して、対人関係についての相談を生徒から
受けたりしますが、それはまた別の機会に改めます)


「納得していなくてもしなければならない」と言って、
事態が変わるでしょうか?本当に納得できないなら
「しない」方が良いでしょう。

放棄した場合のリスクや諸事情を考えて結局「する」
ならば(それが49対51の僅差であったとしても)
喜んでした方が精神衛生上も健全です。


ただ、このようなことは自己啓発本などでもよく
書かれていますが、この点が最大の罠だと思います

「納得していないけど納得しなければ」という意識では
「ネガティブな思考を上から押さえ込んでいるだけ」なので、

これは後々何かの拍子にパンクしますし、それでも
「我慢してポジティブに思おうとしていれば」
欝状態に陥る危険すらあります。


マイナスを無理やりプラスに思い込むのではなく(それは
自分を誤魔化しているだけなので心理的ストレスとなります)、

マイナスはマイナスとして受け入れた上で、
どうすればそれをプラスに繋げられるか
をパズルを解くように楽しんで考えるべきです。

電子が電流として流れるには+極と−極が
「何らかの形で」繋がれることが必要ですが、

万物においても全ては+と−のバランシング、
マイナスだけ拒絶しても運命というモーターの
好転は望めません。


それぞれが人生の局面でプラスとマイナスの
配線に迷いますが「我々が望みさえすれば」
いつでも繋ぎ変えることができます。

「私には全ての配線を変える力がある」と思えば
「そうなる」でしょう。頭が良いと思えば
「そうなります」(信じられないでしょうけど)。

これが「頭が良いと感謝すること」の意味です。

そこにいう「頭が良い」とは、誰かと比較して
「他者より優れている」という意味ではありません、
絶対評価としての「自己への感謝」です。

いずれ「自分は頭が良い」という価値判断すら
超えていきますが、その前の助走段階として
「自己への絶対的自信」を持つことは大切ですし、
「知力」を雄大に遊ばせていくには非常に有効です。


「マイナスと感じることは感謝して受け入れ、
 プラス極に繋げば運命は回る」


ということで、今日は終わることにします。


posted by laluz at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | IQ・知能

2011年06月14日

「頭が良くなる方法」は存在するか


(家庭教師先で頂くことが多いのですが)
「どうやったら頭が良くなりますか?」は生徒さんや
お母様方から頂くご質問のうち上位にランクされます。

この問いに「答える」こと自体は非常に簡単ですが、
「伝える」のは非常に困難です。今日は、この質問
に対してお答えする形で進めようと思います。


まず「頭が良く」というのが何を意味するのか聞くと
「先生みたいに頭が良く」と答える方がいます。
(「IQが高い=頭が良い」とは全く思いませんが)

それが「知能」を指して言っているとすれば、
(1) IQを高めるにはどうすれば良い?
という趣旨の質問に近いでしょう。

(2) 受験勉強を上手くこなすにはどうすれば?
という趣旨であれば回答が異なってきますが、
(1)(2) に共通する部分からお話しします。

(1)(2) に共通して「どうやったら頭が良くなりますか?」の
最適解は「自分は頭が良いと感謝すること」です。


そう申し上げると 多くのお母様や生徒さんは「???」
という顔をされますが、実際それが「答え」なのです。

それ以外の具体的なアドバイスも、「自分は頭が良い」と
信じていなければはっきり言って効果薄です。

そう言うと、中には「それは先生が頭が良いから
そう言えるだけですよ…」と返されたりしますが、
IQは生来的・先天的ではありません。

幼稚園の頃、周りの子供たちは文字が書けたり
簡単な計算もできてくる中、私はほとんど
何もできなかったそうです。

祖母は非常に心配したそうですが、母は「この子には
この子のペースがあるし、頭が良いから大丈夫」と
言ってのんびり育ててくれたようです。

実際、仮死状態で産まれた影響もあったでしょうが
その分「生きて産まれてくれてありがとう」
という想いだけで母は接してくれたのでしょう。

勉強も特に強制させられませんでしたが、本や図鑑は
好きなだけ与えられましたので、それを「私が母に
教えてあげる」システムでした。そのうち自分で
調べたいことが増えてくると望遠鏡や顕微鏡を用意して
その知的好奇心は高度に広がっていきます。


「なぜそうなるのか?」ということを考えながら
周りを観察する日々の中で、知能は自然に
(後天的に)養われるものだと感じます。

乳幼児期のお子さんについては、親御さんが
「秘められた天才」に対して「ありがとう」と

確信を持ってあげることから知育が始まる
(そして完成する)のではないでしょうか。


ともかくも「自分は頭が良いと感謝すること」
(正確に言えば「頭が良いかどうか」という
相対的な考えを超えること)を実践できれば、

知育の80%はクリアしたようなものですが、
その「実践」が難しいとも言えます。。

ただ、「痩せたい」対「食べたい」の闘いほど
難しくはないと思います。「自分に出来ないことはない」
と内心で思っても別に不利益はないのですから、
それは心で繰り返して頂くしかありません、


「時間をかけて考え抜けば、
 自分に実現できないことはない」と確信できるまで。

その気が進まないなら「どうやったら頭が良くなるだろう」
という問題について哲学し続けるのも良いと思います、

人生においては「近道」が必ずしも正解とは限りません。



…結局、「頭が良くなる方法」については
存在するとも、存在しないとも言えます。

「頭が良くなる方法は?」と聞くうちは「そうならない」でしょう。

「頭が良くなる方法は?」と問うことの無意味さ(有害性)を理解すれば
その人はもう「頭が良くなる方法」に気付いたと言えます。


※なお、「頭が良い」と思うことは傲慢ではありません。
 未熟なうちは 周りを見下す態度を取る可能性もありますが、
 それは知的態度とは真逆です。


 各々の器に智慧が伴っていけば、「頭が良いかどうか」という
 相対的価値の中で判断すること自体が「知性の未熟」と気づき、

 「自らの周囲(家族から、世界まで その直径は広がります)」
 を謙虚に思いやり、その上で最適な行動を取ることこそが
 「知力」に他ならないと気付いていけます。



今回もご覧頂き、ありがとうございました。


posted by laluz at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | IQ・知能

2011年06月13日

「パズル?」の解答


「進学塾」らしく勉強についてもお話しようと
思っていますが、塾案内のパズル問題の解答を
ブログでUPすると言っていたので、今回は
その解答を述べておきます。

初めて問題を見る方のために、まず問題のみ
ご紹介しておきますので、少し考えてみて下さいね。


@ (B)−(D)−(G)−(K)−(P)−(?) (?)に入る文字は?

A A2C − 2D6 − D8L − 8P(__)  (__)に入る数は?

B 7個の箱があり、5個の箱には1枚10gの硬貨が
  100枚ずつ入っていて、残り2個の箱には
  1枚11gの硬貨が100枚ずつ入っています。

 (先端に袋が付いている)バネばかりを1回だけ使って
  11gの2つの箱を特定するには、どのように量れば
  良いでしょうか?(硬貨は取り出して構いませんし、
  バネばかりは10kgまで量れます)


C 10個の箱のうち8個には1枚10gのコインが100枚ずつ、
  残り2個に1枚11gのコインが100枚ずつ入っている場合、

 (先端に袋が付いている)バネばかりを1回だけ使って11gの
  2つの箱を特定するには、どのように量れば良いでしょう?
 (条件はBと同じです)

D  2^1000(2の1,000乗)を5で割った余りを求めて下さい。



【ヒント】B=2進数 C=フィボナッチ数 D16を5で割った余りは1

---------------------------------------------------------------------

【解答】@はシンプルな規則性の問題です。
B(C)-D(EF)-G(HIJ)-K(LMNO)-P(QRSTU)V
という形で、間に入る文字が増えているので
答えは V です。

A A2C − 2D6 − D8L − 8P(__) を全部
数字に直してみましょう。アルファベットは
何番目の文字かで置き換えます。すると、
1・2・3 − 2・4・6 − 4・8・12 − 8・16・(24)
と2倍ずつになっているので、答えは 24 です。


Bはパズルというより数学の素養が必要かもしれません。


「7個のうち1個の箱にだけ1枚11gの偽物の硬貨が
100枚入っています」だと難度は下がりますし、
パズル問題でもよく見られます。この場合は各箱に
1〜7の番号を付け、箱番号の数だけ硬貨を取り出し、
全部まとめて量れば分かりますね。

全部が本物の10gであるならば
10+20+30+40+50+60+70=280g になるところ、
もし287gになれば7g重いことになるので7枚分重い
=7番の箱が11gと分かるわけです。


しかし、Bの問題は2個の箱が11gなので、
この方法は使えません。287gになったとしても
1番と6番が11gなのか、2番と5番それとも3番と4番?
というように1回の測定では決定できないからです。

それでは、どうするか?2進数を使います

1番の箱を「2のゼロ乗(=1枚)」、2番を「2の1乗(=2枚)」
3番を「2の2乗(=4枚)」、…7番を「2の6乗(=64枚)」
とおくことで11gの箱を発見できます。


硬貨は100枚しかないので1番の箱を「2の1乗」にすると
7番が「2の7乗(=128枚)」となり、実験としては
失敗してしまうので注意しましょう。


全部10gであれば10+20+40+80+160+320+640=1,270g
になるところ、例えば1,290gとなっていれば20g重い
=16枚と4枚が重いことになるので、3番と5番の箱が
11gであると1回で分かります。



Cは更に難しいです。2進数の考え方を使いたいのですが、
10箱もあるので10番目が「2の9乗(=512枚)」となり、
100枚しかない硬貨では実験できません。

それではどうするか?フィボナッチ数を使います。

フィボナッチ数列は、0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13,
21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610…
と、どの項もその前の2つの項の和となっています。

この数列を用いて「1番の箱=1枚」「2番=2枚」「3番=3枚」
「4番=5枚」…「9番=55枚」「10番=89枚」と置くと、
100枚の制限をクリアできます。


この方法で実験すると、仮に全部10gであれば
10+20+30+50+80+130+210+340+550+890=2,310g
になるところ、例えば2,400gとなれば90g重い=

89枚と1枚が重いことになるので、1番と10番の箱が
11gの箱だということが分かるわけです。


Dは、数学の基本問題ですが、整数論にも関わるので
難関志望する中高生は必ず理解しておきましょう。

2の1,000乗は16の250乗です(16は2の4乗)。
16を5で割ると余りは1となるのはご存知の通りですが、

16のn乗(nは自然数)を5で割っても、その余りは
1のn乗すなわち1となります。問題の答えも1です。


難関医学部や東大では整数論はよく出題され、
苦手な人が多い分野ですが、一般的に学校では深く
教えない分野なので、意識的に対策していきましょう。

整数問題を解くには「合同式」を使えば
楽な問題も多いので、簡単な合同式についても
また改めてご紹介したいと思います。



それでは、今日はこの辺りで終わります。
解いて下さった方々ありがとうございました。


posted by laluz at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | IQ・知能