2020年12月05日

2020年12月の始まり


皆さま、こんにちは。

2020年の約93%が過ぎ去りました。

今年も無事に師走を迎えることができましたが
2020年も平穏に過ごせたと自分本位のことを
申し上げられないくらい激動の年でした。

「でした」と過去形で語るには早いですし、
実際「これから」がコロナ禍の本番なので
予断を許しませんが…。

知覚出来るもの出来ないもの問わず
諸々の必然が より一層有難く感じます。



かぞふれば わが身につもる 年月を
 送り迎ふと なにいそぐらむ



(数えてみれば、ただ自分の身に積もる年月、
それを送り迎えると言って 人は何をそんなに急ぐであろうか。)



『拾遺和歌集』巻四 261 所収
平兼盛(たいら の かねもり)の和歌です。


まあ、そうですね〜というある意味で「真理」を
淡々と詠んでいますが、かといって冷ややかでもない。
どちらかというと笑いに変えているような感じです。

日々過ぎている「月日」であるのは同じなのに
年末年始だけ「年を送り新年を迎える」と
正月準備でバタバタと忙しくなるのが世の常。

「時間」は同じで 感じ方が違うだけとはいえ
そこに「意味」を置くのが人の世というもの。

年月日という、分かりやすい「節/区切り」が
あることで、メリハリが付くとも言えるでしょう。

日々どの瞬間でもメリハリを付けて過ごし
生きている人間にとっては、滑稽極まりないですが
その慌ただしさも含めて人間の風情というものです。


2020年は、例年とは大きく変わる部分もあり、
否応なくメリハリの付け方も変わると思いますが
それでも「時間の価値」は同じのはずです。

平穏無事な時の「年の積もり方」と
不安激動の時の「年の積もり方」は、

単に「感じ方の違い」と割り切れませんが、
慌てふためいても何も好転しないので
人事を尽くして心機一転していくのみです。


こういう時期にこそ気付けるものがあり
そこに「気付く」か否かがその後を大きく
左右するというのも真理だろうと思いますね。



それでは、今回はこの辺で。

いつも本当にありがとうございます。


(中旬更新は無く、次回は恒例の年末ご挨拶の予定です)
posted by laluz at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾

2020年11月05日

2020年11月の始まり


皆さま、こんにちは。

2020年 第10番の月も過ぎました。
2020年も83%を終えたことになります。

もともとインドア派の方々はともかく
アクティヴな方々は行動範囲が狭くなり
時間経過の感覚も全く違う月日ですよね…

ともあれ 冬がゆっくりと訪れてくる時期。
どのような生活スタイルにせよ
万全の体調で過ごして参りましょう。



もみぢ散る 音は時雨の ここちして
 こずゑの空は くもらざりけり


(紅葉が散る音は 時雨のような心地がしても
 梢の上の空は、曇っていないことだよ。)



『御拾遣和歌集』所収・藤原家経の和歌。

“時雨”とは主に秋から冬にかけて降る、
 降ったりやんだりする雨のこと。

紅葉が一斉に散っていく音は、
雨が降る音のようにも聞こえるもの。
なので、秋雨かと思ったら空の上は
曇っていなかったよ…という優しい作品です。


雨一つとっても、心境によって
翠雨(すいう)や慈雨(じう)と感じたり、
鬱陶しい村雨(むらさめ)だったりするのが人間です。

この歌のように「音だけ聴くと」雨に思えたけど、
雨ではなかったというようなことは日常でもありますね。



そういう意味では、悲喜交々(こもごも)も
案外自分の心境次第だったりするわけです。

まあ、何でも自分の見たいように見る
感じたりするように感じるというのは
浅はかさと紙一重なので難しいですし、

言うまでもなく 相手の状況・心情を無視して
自分の世界観を押し付けるのは愚かです。


ただ、あくまで自分の内面的な捉え方として
周りの事象が変わらないのであれば、
自分の感じ方を変えてみるのは重要です。

現実を直視せずに楽観的に捉えるのではなく
現実を正確に捉えつつも、その解釈を柔軟に
「未来の展開」まで読み込んでいくこと。



…と、まあ紅葉と時雨の和歌で
難しく考えることはありませんが、
全ての事象に対して 趣を感じるのは
秋であろうが冬であろうが変わりません。

四季の移り変わり…秋から冬、冬から春
そういう「悠久の時の流れ」の中で、
その時々の一喜一憂も捉えていくと
人生の奥行きも彩り深くなっていきますよね。


それでは、今回はこの辺りで。

コロナ禍に負けないよう、迫る寒気に
身を引き締めつつ 11月も過ごして参りましょう。

いつもありがとうございます。



(11月は情勢が許す限り 16日前後に
 もう1回更新できれば…と思っています)

posted by laluz at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾

2020年10月05日

2020年10月の始まり


皆さま、こんにちは。

2020年 第9番の月も過ぎました。
2020年も75%を終えたことになります。

2020年は「新しい生活スタイル」順応で
時間経過の感覚も「今まで」とは違うでしょう…

ともあれ 各々与えられた時間を大切に
収穫の秋を楽しんで参りましょう。



目もかれず 見つつ暮らさむ 白菊の
 花よりのちの 花しなければ


(目を離さないで見続けながら暮らしていこう。
〈冬が迫り〉白菊より後に見る花はないのだから。)



『後拾遺和歌集』巻第五(秋下)349番
伊勢大輔 (いせのたいふ) の和歌です。

伊勢大輔(989年頃?〜1060年)は
平安時代中期の女流は歌人。中古三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。



目もかれずの「かれ」は「離れ」と「枯れ」の掛詞。
「目を離さず枯れないように」というニュアンスです。

現代においては、温室栽培などで季節外の
花・野菜・果物など珍しくありませんが、
当時としては「白菊」は花を愛でる風流の
最後を飾るものと思われていたわけですね。


全てが移ろい、変わらぬものなど何もない世で
「枯れないように目を離さず愛でる」というのは
ある意味で浅ましい人間の性(さが)と言える
かもしれませんが、そのような執着を持つから
こその人間性という面もあるでしょう。

どうせ全ては消え去る幻であるという諦めよりは
縁あって時間を共にする限りは愛を以て慈しもう
というアプローチの方が「精神的に健全」
というか「知的」でさえあると私は思います。


「白菊」の花ことばは「真実」と言われますが
「万人にとっての真実」などありません。

各々がその時々に感じ、思う事象こそが
各々にとっての掛け替えなき「真実」であり、

「自分にとっての唯一」を大切に思うことは
その知性を一段と深める機会にもなります。


コロナ禍で「当たり前が当たり前ではなく」
なることもありますが、だからこそ日常の
何気ない事象さえも「有難い真実」として
愛でていきたいものですよね。


それでは、今回はこの辺りで。
素晴らしき10月の日々をお過ごし下さいね。

いつもありがとうございます。


posted by laluz at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾

2020年09月04日

2020年9月の始まり



皆さま、こんにちは。

2020年 第8番の月も過ぎました。
2020年の約67%を終えたとは速いものですね…



大空に 群れたるたづの さしながら
思ふ心の ありげなるかな




『拾遺和歌集』284番 伊勢の御 の和歌です。

「たづ」とは「田鶴」=「鶴」のこと。


大空に群れて飛ぶ鶴も 一つの方向を指して行く…
さながら彼らにも思うところがあるかのようだ


この和歌を詠んだのは祝賀の意だったので
「思うところ」は「祝賀の心」を意味します。

現代社会はコロナ禍で、祝賀ムードには
なりにくい世情ではあるましょうが…


ただ、気持ちの持ちようは「人生の浮沈」も
左右しますからね、内心では幸福感を持ちつつ
日々生きていくのに越したことはありません。

そういうわけで、「鶴」はともかく
日々の何気ない「事象」においても
ああ、何かを祝っているのかなぁと
穏やかな心持で過ごして参りましょう。



「2019年9月の始まり」でも述べましたが
自身の「心」が、鏡のように世に映る
という信じがたい真理を、改めて考えるに
「秋」というのは相応しい季節ですからね。


それでは、今回はこの辺で。

素晴らしい9月の日々をお過ごし下さい。


(今月も情勢が許す限り 16日前後に
 もう1回更新できれば良いなと思っています)
posted by laluz at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾

2020年08月04日

2020年8月の始まり


皆さま、こんにちは。

2020年 第7番の月も過ぎました。
2020年の約58%経過したわけですけど、
例年より遅い梅雨も明けました。

今季も洪水被害が各地でありましたし、
試練の日々が続く昨今ではありますが、
お変わりなくお過ごしでしょうか。




ありとても たのむべきかは 世の中を
 しらする物は 朝がほの花


(いま生きているからと言って、明日も無事だとは限らない。
それを教えてくれるのは、あの朝顔の花です。)



和泉式部 『後拾遺和歌集』0317

アサガオ(朝顔、牽牛花)は、ヒルガオ科
サツマイモ属の一年性植物
(学名: Ipomoea nil、英名: Morning glory)。

日本自生の植物ではなく、奈良時代末期〜平安時代に
遣唐使がその種子を薬として持ち帰ったものに由来します。

『万葉集』で詠まれる「朝顔」は、我々が知る
アサガオではなく、桔梗(キキョウ)・槿(ムクゲ)
を指すというのが通説です。


さて、今回の和歌は平安中期に詠まれているので
アサガオの可能性が高いですが、和泉式部が
想定しているものがそうかは分かりません。

ともかく「アサガオ」は一日どころか
朝の午前中だけ咲いた後は枯れてしまう
「一日花」なので、儚さ(はかなさ)を
表す花として芸術に取り上げられてきました。

和泉式部の和歌も、ストレートに
世の儚さを詠んだものですが、
文字通り「真理」を突いたものです。

コロナ禍であったり、洪水などの天災で
いつ何が起こるか分からないのが世の常。

だからこそ「今」という掛け替えなき時を
敬意と感謝の念で大切にできるとも言えます。


まあ、あまり「しんみり」とするのも
生産的ではありませんが、前向きに
歩んでいく上でも「日々の非代替性」は
念頭に置いておくことが大切ですよね。


コロナ禍は収束まで程遠く、異常気象と
言うべき気候変動も今後続くだけでなく、
各々にとっての試練も適宜あるものと思いますが、

過ぎ行く「時間」に敬意を払いつつ、
夏の日々を歩んで参りましょう。

それでは、今回はこの辺で。


いつも本当にありがとうございます。



(今月も世界情勢が許せば 16日前後に
 もう1回更新しようと思っています)

posted by laluz at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾

2020年07月06日

2020年7月の始まり



皆さま、こんにちは。

2020年 第6番の月も過ぎました。
2020年の半分が経過したことになりますが
今年は異常事態に近いですからね…
諸事順調とは行きにくいかもしれません。

それでも与えられた日々を感謝しながら
2020年後半も自身を高めて参りましょう。


※途中まで書いたままバタバタと7月6日となってしまいました…
 平常なら遅くとも5日には更新できているので
 チェック下さった方にはお手数おかけしてすみません!





一年に 一夜と思へど 七夕の
 逢ひ見む秋の かぎりなきかな



(ひととせに ひとよとおもへど たなばたの あひみむあきの かぎりなきかな)

(一年にたった一夜と思えても、七夕の出逢いは限りなく永遠に繰り返されるものよ。)



『拾遺和歌集』巻第三秋歌150番
紀貫之(866年or872年頃?〜945年6月30日?)の和歌。

7月7日は七夕ですが、本来は旧暦で考えるので
2020年では8月25日が本来の「七夕」です。
「秋の歌」であるのはそういう事情ですね。

現代では新暦7月7日に七夕祭りを
行ったりするので、良しとしましょう。

七夕は「織姫と彦星の夫婦が1年に1度
7月7日だけ会うことを 天帝に許されている」日。

夏の大三角形を構成する「こと座のベガ=織姫」
「わし座のアルタイル=彦星」とされています。

一年にたった一夜しか会えないなんて!
と思っても、毎年変わることなく限り無い時を
共有することに思いを馳せた作品です。

美しく壮大な和歌ですよね。


「人間の時間尺度」で考えれば
一年でたった一夜しかないと言うのは希少に思えます。

ただ、よくよく考えると「一年で一夜」どころか
「一生に一度だけの機会」なんて意外とあります。


受験・就職・採用試験なども「一年に一度」
どころか「一生に一度のチャンス」を
活かさないと行けなかったりします。

失敗して再挑戦できる場合もありますが、
毎年無限にやってくるわけではありませんし。

恋愛・結婚などにおいても
たった一度のボタンの掛け違いで
「縁」が解けることもあるでしょう。


そうしてみると「七夕」の二人のように
悠久の時を生きられない人間においては
より一層「その時その時」が貴重に思えます。

「一期一会」の出会い・チャンスなりに
敬意を払って存分に活かすことが大切です。



もちろん、失敗しても何度も挑戦し続けられる
性質のものも多いですが、そうはいかない場合も
意外と多いのが人間社会。

「幸運の女神」には前髪しかないなどと
あまり美しくない喩えで語られますが、
「一期一会」の「機会」は一生に一度しかない
と心得て、敬意を払って対峙することに通じます。

…と、今回の和歌の本意とはズレますが、
夏の星々を眺めながらも、中心軸はぶれないように
一つ一つの機会を活かして生きたいものですね。


それでは、今回はこの辺りで。


コロナ禍中の夏を迎えますが、
打ち克つべきモノは「自ら」のみです。
万全に対策は行いつつも澄み切った精神で
7月を楽しんで下さいますように。



いつも本当にありがとうございます!


(今月も情勢が許せば 16日前後に
 もう1回更新しようと思っています)


posted by laluz at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾

2020年06月06日

2020年6月の始まり


皆さま、こんにちは。

2020年 第5番の月が早くも過ぎ、
2020年の約42%が経過しました。

※今回更新が遅くなってすみません…


「ラルース進学塾」も皆さまの温かいご支援の下で
9年間という時を存在していることになりました。

ひとえに各方面各位のご厚恩を賜った故と
心より御礼申し上げる次第です。

毎年 同じことを書いておりますが
「進学塾」というより「進学会」と称した方が
実態に適うところですけれど、


引き続きご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。





わが門(かど)ゆ 鳴き過ぎ渡る 霍公鳥(ほととぎす)
 いや懐かしく 聞けど飽き足らず


我門従 喧過度 霍公鳥 伊夜奈都可之久 雖聞飽不足
[毛能波氐尓乎六箇辞闕之]


我が家の門を鳴きながら飛び渡る霍公鳥は、
ひときわ心に染みて いくら聞いても飽きることがない。


『万葉集』 巻19-4176 大伴家持

[毛能波氐尓乎六箇辞闕之]とあり
「も・の・は・て・に・を」の六つの助詞を
 使わずに作ったものと言う意味です。

ちなみに4175番は・・・

霍公鳥 今来喧曽无 菖蒲
可都良久麻泥尓 加流々日安良米也 [毛能波三箇辞闕之]

霍公鳥今来鳴きそむ あやめぐさ 
 かづらくまでに離るる日あらめや


…で、「も・の・は」3詞を欠くものです。


4176番は使用頻度が高い助詞6つを使わずに
詠む「遊び」といったところでしょうか。

和歌の世界には「〜を題して詠める」とあって
五七五七七の句頭で「その御題の単語」を
組み入れるなど「知的な遊び」も見られます。

大友家持の「才」の現れで済ます方もいれば
「単なる遊戯」ではなく「何かの暗号」ではないか?
…と、読み込む研究者・探究家の方もおられ、
いずれにせよ「奥が深い」和歌です。


この歌の情景は、初夏の平穏そのものです。
何でもない情景ですが、毎年変わらない、
いやもっと長い期間繰り返される季節感。

本質的に「変わらない」ものなどありませんが
だからこそ「平穏に繰り返される日常」は
世人にとって 掛け替えなく愛おしいものです。



平穏でなくなった時には、その「価値」が
より実感できることは、昨今の混乱情勢で
多くの人に当てはまるでしょう。

人間社会も「平穏さ」を取り戻しつつありますが
蒸し暑くなる季節で体温調節も難しくなってきます。

「健康」についても出来る限り
「平穏のまま」を保てるように
自律管理して参りたいものですね。


兎も角も 長くお付き合い下さっている方々だけでなく
あらゆる面でご支援下さっている各方面の皆々様に
改めて節目の感謝を申し上げる次第です。

いつも本当にありがとうございます。


(今月も情勢が許せば 16日前後に
 もう1回更新しようと思っています)

posted by laluz at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾