2020年09月18日

秋の光


皆さま、こんにちは。

少し遅くなりましたが 9月2回目の更新です。

すっかり秋らしく、過ごし易くなりましたが…
コロナウイルスとの共生という社会においては、
大小様々な影響が圧し掛かっていますね。

とはいえ、後ろ向きになっても無益ですし、
有難き日常に一層感謝できるだけでも有益です。



三日月の 野原の露に やどるこそ
 秋の光の はじめなりけれ


藤原俊成(ふじわら の としなり/しゅんぜい)
(1114年〜1204年12月)の和歌です。『千載和歌集』の撰者でも。


三日月が野原の露に宿るのが 秋の光の始まりなのだ…


という非常に優美な情景ですね。

「野原」という場所自体が都市部では無くなりましたが
それでも「露」は見ようと思えばどこにもあります。

ただ、その露に宿る「三日月」をみつけ、
その光を感じるというのは…心を静かに
意識的に見ようとしないと絶対に無理ですよね。

光害の中では、露の中の光どころか
天空にある三日月さえ感じにくい現代ですが、

少なくとも心持としては、それくらい穏やかに
ほのかな光を感じられるほどのゆとりを持って
日々の風流を忘れないようにしたいものです。

人との距離感が変容し、ギスギスしがちな今こそ
日頃気付けなかった「至近距離」を再考するのも
また有意義な秋の学びかと思います。


それでは、今回はこの辺で。

季節の変わり目で体調管理が難しい時期です、
くれぐれもご自愛下さいますように。


posted by laluz at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月17日

「土用の丑」とウナギ


皆さま、こんにちは。

8月2回目の更新ですが、
なかなか大変な夏をお過ごしかと存じます。

熱中症との兼ね合いもありますし、
くれぐれもご自愛下さいますように。


さて、題名が「土用の丑」ですが、
2020年は7月21日、8月2日と、2回とも
過ぎているので、やや時季外れかもしれません。

ただ、この「土用の丑」とはそもそも何か?
という点は、意外と知られていないので
簡単に整理しておこうと思います。


まず、「土用」という言葉ですが、
「土旺用事(どおうようじ)」の略語です。

陰陽五行説では、四季を五行(木・火・土・金・水)
に割り振ります。春=木、夏=火、秋=金、冬=水・・

「土」はどうなったかと言うと、四立(しりゅう:
立春、立夏、立秋、立冬)の前18日〜19日の期間が
割り振られました。

およそ18日×四季=72日となり、五行それぞれ
約70日ずつ担当することになったわけですね。

「土旺用事」とは「土の気」が旺盛な時期を指し、
土を動かしたり掘ることは忌むべきとされました。

※ 土を触っても大丈夫な「土用の間日(まび)」もある。

その土用期間のうち十二支の順で回ってくる
「丑の日」に当たる日が「土用の丑」です。

従って「土用の丑」というのは、夏に限らず
四季ごとに必ず1日はあるわけですね。

【2020年の土用の丑の日】
1月23日/4月16日、4月28日/7月21日、8月2日/10月25日、11月6日/


さて、「夏の土用の丑」にはウナギを食すのが
良しとされてきましたが、本来ウナギの「旬」は冬。

今でこそ養殖ウナギが普及して年中というか
夏でも脂がのるように育てられていますが
天然モノは冬が一番美味とされてきました。


要するに、夏のウナギは冬に比べたらイマイチ
だったわけですが、夏にもウナギを売りたいことで、
アイデアを練ったのが「夏の土用」はウナギ!
という売り出し文句だったと伝えられています。

ただ、これは単なる思い付きでもなく、
夏にウナギを食するのは万葉集にも詠まれています。


石麻呂に われ物申す 夏痩に
 良しといふ物そ 鰻取り食せ


【原文】 石麻呂尓 吾物申 夏痩尓 吉跡云物曽 武奈伎取喫

【読み】いはまろに われものまをす なつやせに よしといふものぞ むなぎとりめせ


(石麻呂さんに申し上げますよ。
夏痩せに良いものですから鰻を捕って食べて下さい。)


『万葉集』巻十六 3853番
大伴家持(おおとものやかもち)の和歌。

古くは奈良時代「万葉集」が作られた760〜780年頃から、
夏に鰻を食べて英気を養おうという考えがあったと。

もともと土用の丑の日に、「う」のつくものを食べると
病気にならないという言い伝えがあったところ、
この言い伝えと「万葉集」のウナギを根拠に
江戸時代の蘭学者、平賀源内が助言したと言われます。

「土用の丑の日うなぎの日 食すれば夏負けすることなし」
と張り紙をするように助言したところ大繁盛したと…

ただの売り文句ではなく、万葉集に根拠ありと聞くと
へーそんなに古い伝統なのか!と思いますよね。


まあ、そんなこんなで「夏の土用の丑のウナギ」は
現代でも「風習」として残っているわけです。

丑の日なんだから「牛」を食べればいいじゃない?
と思うでしょうが、土用期間は殺生も忌むべきと
されているので…まあウナギなど魚はOK
というのも、どうかなぁと思いますけども。

自分にとって 元気・活力が得られる
「ウが付く食物」を取り入れるのが最良ですね。
「ウーロン茶」とか入れれば何でもアリです。


いずれにせよ、夏に体力が削がれやすいのは
今も昔も変わりません。ウナギはともかく
しっかり水分補給を心がけて収穫の秋に備えましょう。


それでは、今回はこの辺りで。

いつもありがとうございます!

posted by laluz at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月17日

変わらないもの


こんにちは。7月2回目の更新です。

このところ、全てが「和歌」の引用なので
変わり映えしませんが…コロナ禍で何となく
「おとなしく自粛」しているような感じです。



いそのかみ ふるき都のほととぎす
こえばかりこそ 昔なりけれ


(石上の古き都で鳴くホトトギスよ。
 昔から変わらないのは、その鳴き声だけだなあ。)

   

『古今和歌集』巻三144 所収、
素性法師(そせいほうし)の和歌。

素性=俗名・良岑玄利(よしみねのはるとし)は
「僧正遍照(良岑宗貞=よしみねのむねさだ)」の子。

2019年4月の始まり2019年11月の始まり
…でも素性法師の和歌を取り上げています。

これを詠んだ当時、大和国石上(現在の奈良県天理市)
「良因院(石上寺)」の住持でありました。

自然の営みは変わらないが、人の営みは変わる
という無常観を詠んだものですが・・

西暦900年代でさえ「変化」を感じるとしたら
現代では比較にならない程の大変化でしょう。

しかも2020年は世界的なコロナ禍で
文字通り「昔とは大きく変容した」世界です。

生活様式にも意識改革が求められます・・。

そういう社会変容の中でも、
ホトトギスたちは元気いっぱいに鳴いています。

素性法師と同じ心境で「変わらないのは自然の営み
だけだなぁ」としみじみ思う昨今ですね。

とはいえ、その自然さえも、異常気象などひと昔から
比べると大きく様変わりしているのが現在の地球でしょう。

まさに「諸行無常」そのものですが、各々の
「心」の核心のみは揺れ動くことなくただ有難く
「在る」ことのみが真実と言えましょうか…。


ともあれ「例年なら」満喫できるはずの夏季ですが
2020年は色々と対応が求められる夏となります。

covid-19と共生していくことになる社会なので
各々体調管理は万全にしつつ、免疫力も
低下させないように気を付けて参りましょう。


それでは、今回はこの辺りで。

いつもありがとうございます。



posted by laluz at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月18日

静かな激流


皆さま、こんにちは。

とりあえず6月2回目の更新ですが、
もう既に18日となってしまいました、
16日前後にチェック下さった方には
お手数おかけしてすみません。

充実しているからとはいえ時間観念を
完全に捨て去るのも善し悪しですね…



五月雨を あつめて早し 最上川

(さみだれを あつめてはやし もがみがわ)


有名な松尾芭蕉の句です。

2014年4月〜2017年12月の毎月初に芭蕉を
引用してきましたが(1月は万葉集ですけど)
久しぶりの引用です。

五月雨(さみだれ)と言うのは
新暦6月の雨なので我々にとっては
今頃の「梅雨」に当たりますね。

梅雨の水が集まって、本当に流れが
はやい最上川だと驚嘆する情景です。

ただ、「あつめて早し」の「早し」というのは
難しいですよね、「速し」ではないのか?と。

「速い・早い」の違いは一般常識と言えますが、
その使い分けは存外に難しいところです。

「仕事が早い」「仕事が速い」
「電車の方が早い」「電車の方が速い」


…上記のどちらも文法的に正しいですが、
話者のニュアンスは違います。

私が「時の流れは速い」「時の流れが早い」と
一応使い分けているのもそういう意図があります。



この「川のはやさ」も速いのか早いのか。

俳聖・芭蕉があえて「早い」とした以上は
「物理的速さ」よりも「時間的・体感的早さ」を
表したかったのだな?と一応推測できますが、

そもそもこの句の初案は・・

五月雨を あつめて涼し 最上川

「涼しさ」から「早さ」に変わったわけですね。


ともあれ、現代の我々の状況下においても
梅雨期で「涼しいなぁ」というよりは
「静かなる激動」という体感の方が強いです。

2月からの対コロナ社会になってから
「あっという間」で「はやいなぁ」と
感じる方も多いでしょう。


学生・社会人から第一線を退いた方まで
それぞれ感じ方は異なるでしょうが、
「静かなる激流」の中で転覆しないよう
油断することなく気を引き締めながら
各々の目的地を目指して参りましょう。

何だかんだ言っても「日本の未来は明るい」と
思えますし、そうして行かなければなりません。

暑さで気力・体力も奪われる時期に入りますが
今一度「身を祓い清めて」真夏に備えたいですね。



それでは、今回はこの辺りで。

いつもありがとうございます。


posted by laluz at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月17日

母君への感謝


皆さま、こんにちは。

コロナ禍も収束の兆しを見せつつありますが
終息までは時間がかかりそうな状況下
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

とりあえず5月2回目の更新です。



真木柱(まけはしら) ほめて造れる 殿のごと
いませ母刀自(ははとじ) (おめ)変りせず


麻氣波之良 寶米弖豆久礼留 等乃能其等
已麻勢波々刀自 於米加波利勢受


(真木柱を讃えて建てた立派な御殿のように、
 母上もお変わりなくお元気でいて下さい。)



『万葉集』 巻20-4342
坂田部首麻呂(さかたべのおびとまろ)

駿河国から九州に防人(さきもり)として
旅立つ時に詠んだ和歌です。


日本神話や祝詞(のりと)に親しんでいると
「柱(はしら)」という概念の深さに気づくでしょう。

神々を一柱(ひとはしら)、二柱(ふたはしら)…と
表現することからも「深い意味」を推察できます。

「宮柱太敷き立て(みやばしらふとしきたて)
高天原に千木高知りて(たかまのはらに ちぎたかしりて)」


という表現も、ただ大きいとか高いというに留まらず、

「柱」が大地の底深くから天空にまで届いている
スケール…太い柱が、大地と天空までを繋ぐような
壮大な神殿=「国」の建設描写であると言えます。

そもそも「ハシ」という語は
"こちら側"と"あちら側"を繋ぐ
という意味から来ていると言われます。

橋・箸・ハシゴ・走る…など、
なるほどと思いますよね。。


さて、前置きが長くなりましたが、
今回の和歌の「真木柱」という語も
その深さが分かってくるでしょう。

家の柱を立てる時には、祝福の言葉で褒め讃えながら
末永く建物を守ってくれるよう祈って建てたことが
読み取れます。

天地を繋ぐ大いなる自然の威力だけでなく
自分の家を支えてくれた大いなる母君へ、

揺らぐことない柱でそびえる神殿のように
いつまでもお変わりなくお元気でいて下さい
…という最上の祈念の言葉です。



「母の日」は過ぎましたが、お互いが感謝しあうのに
「機会が過ぎる」ということはありません。

コロナ禍で 母親業のご負担が増しておられる
ご家庭も多いことでしょう。ただ、一本の柱に
負荷をかけるのではなく、それぞれの柱が
負荷を分散させる方が「神殿」は長持ちします。

互いに敬意と感謝を持ちながら苦楽を
シェア分散していくことが家族であり国家です。


…と、話が大げさになりましたが、
遅ればせながら「母の日」に際して
お母様方のご苦労には心より敬意と
感謝を申し上げます。

それでは、まだまだ油断できない情勢ですが
皆さま日々ご自愛下さいますように。

いつもありがとうございます。

posted by laluz at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月17日

更新に代えて


皆さま、お疲れ様です。

今月は更新できるかどうか微妙でしたが
このところ毎月中旬にも何か述べていたので
万が一チェックして下さる方もおられるかも?
ということで、簡単なご挨拶だけ。

コロナウイルスの猛威で、
学校・(一部)企業も安全のために
閉鎖するなど収束する気配がない昨今、
スケジュールが狂って大変かと存じます。

ただ、メディアでは気付きにくいですが
2018年にインフルエンザで亡くなった人は
3325人で、2019年は1月だけで1685人が死亡…
実に1日平均の死者54人でした。

(2019年も1〜9月の集計だけで既に3000人超)

インフルもワクチン型が違うこともありますが
確定ワクチン等がない新型コロナについて
感染防止のため躍起になるのも分かります。

肺炎だけでなく脳炎になるリスクが
インフルより高い可能性も示唆されるなど
なかなか大変な情勢ですが、兎にも角にも
慌てず騒がず、呼吸を整えて日々の体調を
整えておくことが最重要です。

人間の心身は、本来 驚異的な防衛能力を
持っていますので、しっかりと休息して
体調管理が万全であれば まず大丈夫です。

(もちろん、ご高齢やご持病で療養中の方は
 安静にしていた方が良いと思いますが)

小さなお子様がおられるご家庭など
特にお母様方のご負担は大きいと存じますが
くれぐれもご自愛下さいますように。

素晴らしい春の日を!とは 現在なかなか
言いいにくいですが、静かに根を張る時期と捉えて
温かい春を迎えられるようにしましょう。

それでは、簡単ながらご挨拶に代えて。
いつもありがとうございます。

posted by laluz at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月17日

「表現の自由」など


皆さま、こんにちは。

さて、9月の2回目更新です。
テーマは「表現の自由」などなど・・

ん?先生にしては珍しく現実的な題材では?
と思われそうですが、生徒さんとの雑談
(休憩時や授業後の質問など)で法律の話題は
昔からよく回答するテーマだったりします。

小論文やディベート対策などで「〜の権利」を
論ずる場合の前提整理に限らず、純粋な
知的興味から「先生、こういう場合は
法的にどうなるんです?」という質問は
よく受けて来ました。

「複雑な犯罪」が、どのように刑事処理されるか
完全犯罪を行える前提など興味深く質問する子もいたり。


ラルースブログでは、政治・宗教などについて
原則として触れないスタンスですけれど、
対面の質問では「真実のところ 〜は何が問題・
争点なのですか?」と、客観的な状況・争点
整理を求められることは多々ありますね。

そういうわけで、「表現の自由」も
何回か解説してきたテーマだったため
まとめておくのも良いかと思った訳ですが、

この「表現の自由」論は非常に重要な問題
であるために分量的に「簡単に解説」という
ことさえできません、議論する上での基礎
確認という程度に概観してみましょう。


日本国憲法 第21条
@集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
A検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。


…と定められていますね。

第1項について例示されている通り、集会・結社の自由、言論の自由、出版の自由は原則保障されています。「その他一切の表現の自由」という文言通り、人がその思想・意見・主張・感情などを対外的に示す「表現」と言える限り、憲法上尊重されます。

法的素養がある方々には釈迦に説法ですが、ここで前提をおさらいしておきますと、「民主国家における憲法」というのはその性質上、国家・公権力がその国民の権利自由を規制禁止しないよう監視抑制するためのシステムです。

国がいきなり法律で、国家を批判する発言を禁止して違反者を投獄するなど出来たら民主制の破綻ですよね。要するに、主権者である国民の権利自由が侵害されないように、国家権力にブレーキをかけて国民主権・民主主義を守るルールが日本国憲法です(日本国民以外の外国籍の方にも原則的に権利自由は尊重されます)

ただ、Aさんが暴力的な行為表現でBさんの生命身体の安全が脅かされている場合でも、Aさんの行為はある意味「表現」の自由といえるから警察さえ制止できないとなると、Bさんら他者の生命身体の自由(憲法18条等)が侵害されることになります。なので、国民の権利保障といっても、無制限で認められるわけではなく他者の権利自由・公共の利益を害しない限度すなわち「公共の福祉に反しない」範囲で認められるという制約があります。公共の福祉を保護するため必要な場合に限って、国家は国民の権利自由を規制することができるわけですね**

第13条
すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。


**この「公共の福祉」論は重要なのですが、今回は深入りしません。


逆にいえば、国民v.s.国家権力 ではなく国民v.s.国民という状況については、憲法が直接適用される場面では本来ありません。とはいえ、Aさんや民間企業Bが、Cさんを性別や民族的ルーツで差別する扱いをした場合でも、全く問題ないというのでは「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」とする憲法14条第1項の理念が損なわれてしまいます。

そこで、憲法はあくまで私人(しじん)の間では直接適用されないものの、民法90条の「公序良俗」など一般条項を通じて憲法の理念は各々尊重(間接適用)されるというのが通説です(もちろん別見解もあります)

なので、Cさんは差別的扱いを受けて経済的損害・精神的苦痛を被ったなら、民事手続を通じて不法行為に基づく損害賠償(慰謝料)請求や差別行為の差止め請求などを民法709条等を根拠に求めていくことで保護されます (まあ…仮に裁判を経ずとも弁護士を介した示談交渉など負担かつ面倒ですし、相手の資力によっては賠償金も回収できないので現実には泣き寝入りするケースも少なくありませんが…)

深刻な場合はあわせて刑事手続による名誉毀損罪(内容様態によっては脅迫罪)など刑事罰として法的制裁を求めていくことが可能でしょう (といっても極めて悪質・執拗でない限り 罰金刑かせいぜい執行猶予付き懲役刑ですが…この辺りも今は深入りしません)


とりあえず、ここまでのポイントは @近代憲法は、あくまで国民を守るために国家・公権力を縛ることが目的、A国民の権利自由はそれぞれ等しく保障されるので、他者の権利を侵害しない範囲で保護されるに過ぎない、B刑罰を問う刑事手続と、損害賠償請求などの民事手続はそれぞれ違うよ、というところです (厳密にいえば正確さに欠けますが、教養としてはこの程度の差異を頭に入れて下さればと思います)


この基礎理解で昨今の「表現の自由」に関わる喧騒をみるにも、@表現主体が「公権力あるいは公人」なのか「私人」なのか、Aその表現内容・手段が他者の権利自由を侵害しないものかどうか、という点から考えなければ ただの感情論に墮してしまいます。

例えば、国会議員・地方議会議員の発言であっても、あくまで公的立場を離れた私人としてのプライベートな状況なら一国民の「表現の自由」として最大限尊重されます。逆に、公人すなわち公権力の行使者としての発言なら、国民の権利自由を過度に抑圧するものでないか厳しく問われます。ただ、Twitterなど公私の区別が曖昧な昨今、公僕としての氏名で発言しているなら「公人としての表現」と推定されるでしょう。

ちなみに、国会議員も憲法尊重義務(憲法99条)を負いますが、憲法改正論議を提起できる以上、憲法に反する発言をしたからと言って、それが表現の自由を逸脱するとは直ちに言えません。ただ、憲法改正などの持論・問題提起は、選挙による国民の審判を受ける間際の公開討論なりで賛同を求めるのが本筋です。当選後にそのような重大テーマを新たに扱う場合は、支持者に対して真摯な説明をする道義的責務は求められるという点で、憲法(改正手続きの趣旨)を尊重すべき義務を負うと言えるでしょう。

民間メディアの記事については、出版・報道の自由として「公共の福祉」に反しない限り尊重されるのが原則です。ただ、法的争点としては「問題なし」でも、ビジネス面では抗議に対して素直に謝罪した方が良いところもあるので、その辺りは別次元の考慮が働くことは多いでしょうね。


あと…美術展の内容を公人が中止勧告という問題は、原則論としては「表現の自由」を公権力が規制したと言えそうですが、公的助成・補助金等を受けている場合「税金を使う以上、使途が適正か否かの公的チェックは不可避」です。そのチェックが表現内容そのものではなく(即ち「検閲」ではなく)、表現の場所・方法手段において適切かどうかを客観的に判断し、仮に介入しない場合は反対デモ等で入場者の生命身体の安全が確保されないなど「公共の福祉」の維持に必要不可欠であると認められるなら、その表現(手段)を規制することは可能です。

ポイントは、あくまでその場所その方法での表現をやむを得ず規制しただけで、表現内容そのものを規制したわけではない点です(法的議論に不馴れな方々は屁理屈に聞こえるでしょうが、これは非常に重要です)。日本で一切その表現ができないとなれば憲法違反ですが、公共に混乱を生じない手段様態について禁止されないならば、法的には問題ありません。(民衆の「表現を自由に受け取る権利」があるとしても、別の方法で鑑賞できる機会があるなら 重大な権利侵害とは言えません。)

では、反対デモを取り締まれば良い!という訳にもいかず(集会の自由)、国民v.s.国民の権利衝突の問題となりますので、これはまた別の争点です。"知恵の輪"のように 一つずつ解きほぐさず 力ずくで解こうとしてもムリです(大抵は暴力的・威圧的クレームにしかなりません)

ただ、現状で法的に問題ないとしても、その規制判断・法的根拠が永続的に正しいとは限りません。その時代・状況に応じた問題提起は、大多数の側にとって耳障りであっても、少数意見をひとまず議論の場に拾える社会システムこそ民主政治の成熟には不可欠です。その政治的判断は個々人の意思の集積なので、だからこそ左派・右派と偏ることなく深遠な知性を養うことが肝要です。

「表現の自由」に限ったことではありませんが、一方が権利を主張する場合、相手方にも権利自由があり得ることを前提に、冷静に分析判断を重ねて解決策・妥結点に導くのは何も法的議論に限らず、人間社会でのスキルとしてその価値はますます大きくなっているでしょう(情報弱者として騙されたり搾取されたりするリスクも極小化します)。


・・と、テレビは持たずウェブ上でも世俗ニュースはチェックしない身ですので (質問を受けたら該当ニュースに目を通す程度で 学術的発表や自然・動物コンテンツだけ見ます)、偉そうなことは言えませんが、将来ある学生さんたちは情報分析の精度を上げる上で(理系志望でも)最低限の法的素養はあった方が良いでしょう、もちろん大学入学後からでも良いですけども。


以上、入門レベルながら法的議論のお話でした。
さすがに長過ぎましたね…最後まで読まれた方
本当にお疲れさまでした。

権利自由といっても優先度合いに差もありますが、
その辺りは現代社会・公民分野の授業で習う(習った)
知識を思い出しながら補強しておいて下さればと思います。



引き続き
実り多き秋の日々をお過ごし下さいね。


posted by laluz at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記