2020年12月31日

2020年の終わり


皆さま、こんにちは。

いよいよ2020年を見送って
2021年を迎える時となりました。

2020年の日々も 皆さまには
公私にわたって大変お世話になりました。

2020年は色々な意味で歴史に残る年で、
手放しで喜べない方も多いと思います。
より一層、日常に感謝するばかりですね。



雪降れば 冬ごもりせる 草も木も
 春にしられぬ 花ぞ咲きける



雪が降ると冬ごもりしている草も木も
春には見たことも無いような花を咲かせるものよ。




古今和歌集(巻六 323) 紀 貫之
(きのつらゆき)の和歌です。

雪が降れば、冬で活動を止めている草も木も
春には見られない花が咲くと感嘆している情景。

折しも日本列島が大雪に包まれる年末年始ですが
草木だけでなく、人々の活動もコロナ禍と寒波で
篭もらざるを得ない状況です・・。

大雪では命の危険も多いので、
歓迎できるものでもありませんが、

現実に「そうなった」以上は
いつもと違う色・景色を感じて
新しい発見を見出す方が建設的です。

コロナ禍での「巣ごもり」でも同じことで
社会的距離を保ちながらも、非日常化で
互いの見えなかった良さが見えるなら幸いです。

もちろん「隠されていた欠点」も大きく
クローズアップされる時期でもあります。

大変な時だからこそ、精神はより純化させて
新しい年・新しい時代に備えて行きましょう。



兎にも角にも 2020年の終わりに際し、

私と時間を共有している皆々様に
心から御礼申し上げます。

この1年間の御高恩に対する謝意を
言い尽くすことはできませんが…
2020年も本当に有難うございました。


posted by laluz at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188267419
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック