2020年01月05日

「2020年」の始まり



年頭にあたり、謹んでご挨拶申し上げます。

旧年中は並々ならぬご厚情を賜り、御礼申し上げます。

本年もご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

 



 
新しき 年の初めに 豊の年
 しるすとならし 雪の降れるは
  



新 年乃婆自米尓 豊乃登之 思流須登奈良思 雪能敷礼流波

あらたしき としのはじめに とよのとし しるすとならし ゆきのふれるは



( 新しい年の初めに実り多い年になるだろうと
告げる吉兆に相違ない。この降り続く雪は。)




『万葉集』巻第十七 3925」葛井連諸会
(ふぢいのむらじもろあい)の和歌。

年末年始は大寒波到来という予測ながら
大混乱はなく何よりでした。もちろん
雪国の方々は大変だったと思います…

(雪が降るかなと予測して 今回の和歌を引用した草稿を
書いていたところ 前予想ほど雪日という感じでもなく。

差し替えようと思いましたけれど、4〜5日に寒気がまた
戻ってくるとのことでしたので、「吉兆の雪」のまま更新しておきます。)




10月の和歌で紅葉を"幣"に例えたように、

日々の何気ない些細な事象の全てが
自分への餞(はなむけ)と受け止めて

自らが吉兆の顕現であるかの如くに
2020年も輝かしく楽しんで参りましょう!




それでは、年頭のご挨拶まで。

皆様の益々のご清栄を、心よりお祈り申し上げます。



posted by laluz at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186974271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック