2019年12月31日

2019年の終わり


皆さま、こんにちは。

いよいよ2019年を見送って
2020年を迎える時となりましたね。

2019年の日々も 皆さまには
公私にわたって大変お世話になりました。

毎年毎回 同じことを申し述べておりますが
2019年も有り難い日々を過ごせましたのも
ひとえに皆々様の温かいご支援のお蔭と
ただただ感謝するばかりです。



冬ながら 空より花の 散りくるは
 雲のあなたは 春にやあるらむ



冬なのに空から花が降ってくるのは、雲の向こう側は春なのだろうか。



古今和歌集(巻六330) 清原 深養父
(きよはらのふかやぶ)の和歌です。

清原深養父は 平安時代中期の歌人
(中古三十六歌仙の一人)で
清少納言の曽祖父(高祖父との説も)。



ちらちらと雪の降ってくる様を
花びらが舞い散るに喩えて、

雲の下は厳しい冬だけれども
雲の向こうには春がすぐそこに
来ているんだなぁという優しい和歌。 

まあ、雪国の方々からすれば
所詮は雪の怖さを知らない貴族の戯言よ…
と冷笑を浴びるのかもしれませんけれど、

寒い日々の細やかな心配りなどを
花の温かさのように感じることは
きっとあることでしょう。

「雲のあなたは 春にやあるらむ」
という語意とは完全にズレますが、

寒い中でも背筋を正しながら、
優しい花のような笑顔の人物なら
まるで「あなたは春にやあるらむ」と
周囲を温かい気持ちにさせるはず。

現実の季節がどうであっても
周囲や自分の心境・心持が厳寒の
大吹雪なら人生は冷たいままでしょうし。

そういう意味では、結局のところ
自分の心持次第で、ある程度は
優しい季節を近づけたり遠ざけたり
できるものかなと感じますね。


大掃除やらで身の回りの整理をされた方も
そうでない方も、少なくとも「精神」は
一新して2020年の訪れを心待ちに。

2019年が万事順調だった方も反省点が
多かった方も、2020年は素晴らしい日々
になると確信とともに寿ぎましょう。

自分自身はもちろんのことながら
周囲にも「春」を感じさせるように
優雅な日々を楽しんで参りたいものです。


兎にも角にも 2019年の終わりに際し、

私と時間を共有している生徒さんやご家庭、
関係諸子の方々全てに心から御礼申し上げます。

この1年間の御高恩に対する謝意を
言い尽くすことはできませんが…
2019年も本当に有難うございました!


posted by laluz at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186974204
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック