2019年09月17日

「表現の自由」など


皆さま、こんにちは。

さて、9月の2回目更新です。
テーマは「表現の自由」などなど・・

ん?先生にしては珍しく現実的な題材では?
と思われそうですが、生徒さんとの雑談
(休憩時や授業後の質問など)で法律の話題は
昔からよく回答するテーマだったりします。

小論文やディベート対策などで「〜の権利」を
論ずる場合の前提整理に限らず、純粋な
知的興味から「先生、こういう場合は
法的にどうなるんです?」という質問は
よく受けて来ました。

「複雑な犯罪」が、どのように刑事処理されるか
完全犯罪を行える前提など興味深く質問する子もいたり。


ラルースブログでは、政治・宗教などについて
原則として触れないスタンスですけれど、
対面の質問では「真実のところ 〜は何が問題・
争点なのですか?」と、客観的な状況・争点
整理を求められることは多々ありますね。

そういうわけで、「表現の自由」も
何回か解説してきたテーマだったため
まとめておくのも良いかと思った訳ですが、

この「表現の自由」論は非常に重要な問題
であるために分量的に「簡単に解説」という
ことさえできません、議論する上での基礎
確認という程度に概観してみましょう。


日本国憲法 第21条
@集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
A検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。


…と定められていますね。

第1項について例示されている通り、集会・結社の自由、言論の自由、出版の自由は原則保障されています。「その他一切の表現の自由」という文言通り、人がその思想・意見・主張・感情などを対外的に示す「表現」と言える限り、憲法上尊重されます。

法的素養がある方々には釈迦に説法ですが、ここで前提をおさらいしておきますと、「民主国家における憲法」というのはその性質上、国家・公権力がその国民の権利自由を規制禁止しないよう監視抑制するためのシステムです。

国がいきなり法律で、国家を批判する発言を禁止して違反者を投獄するなど出来たら民主制の破綻ですよね。要するに、主権者である国民の権利自由が侵害されないように、国家権力にブレーキをかけて国民主権・民主主義を守るルールが日本国憲法です(日本国民以外の外国籍の方にも原則的に権利自由は尊重されます)

ただ、Aさんが暴力的な行為表現でBさんの生命身体の安全が脅かされている場合でも、Aさんの行為はある意味「表現」の自由といえるから警察さえ制止できないとなると、Bさんら他者の生命身体の自由(憲法18条等)が侵害されることになります。なので、国民の権利保障といっても、無制限で認められるわけではなく他者の権利自由・公共の利益を害しない限度すなわち「公共の福祉に反しない」範囲で認められるという制約があります。公共の福祉を保護するため必要な場合に限って、国家は国民の権利自由を規制することができるわけですね**

第13条
すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。


**この「公共の福祉」論は重要なのですが、今回は深入りしません。


逆にいえば、国民v.s.国家権力 ではなく国民v.s.国民という状況については、憲法が直接適用される場面では本来ありません。とはいえ、Aさんや民間企業Bが、Cさんを性別や民族的ルーツで差別する扱いをした場合でも、全く問題ないというのでは「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」とする憲法14条第1項の理念が損なわれてしまいます。

そこで、憲法はあくまで私人(しじん)の間では直接適用されないものの、民法90条の「公序良俗」など一般条項を通じて憲法の理念は各々尊重(間接適用)されるというのが通説です(もちろん別見解もあります)

なので、Cさんは差別的扱いを受けて経済的損害・精神的苦痛を被ったなら、民事手続を通じて不法行為に基づく損害賠償(慰謝料)請求や差別行為の差止め請求などを民法709条等を根拠に求めていくことで保護されます (まあ…仮に裁判を経ずとも弁護士を介した示談交渉など負担かつ面倒ですし、相手の資力によっては賠償金も回収できないので現実には泣き寝入りするケースも少なくありませんが…)

深刻な場合はあわせて刑事手続による名誉毀損罪(内容様態によっては脅迫罪)など刑事罰として法的制裁を求めていくことが可能でしょう (といっても極めて悪質・執拗でない限り 罰金刑かせいぜい執行猶予付き懲役刑ですが…この辺りも今は深入りしません)


とりあえず、ここまでのポイントは @近代憲法は、あくまで国民を守るために国家・公権力を縛ることが目的、A国民の権利自由はそれぞれ等しく保障されるので、他者の権利を侵害しない範囲で保護されるに過ぎない、B刑罰を問う刑事手続と、損害賠償請求などの民事手続はそれぞれ違うよ、というところです (厳密にいえば正確さに欠けますが、教養としてはこの程度の差異を頭に入れて下さればと思います)


この基礎理解で昨今の「表現の自由」に関わる喧騒をみるにも、@表現主体が「公権力あるいは公人」なのか「私人」なのか、Aその表現内容・手段が他者の権利自由を侵害しないものかどうか、という点から考えなければ ただの感情論に墮してしまいます。

例えば、国会議員・地方議会議員の発言であっても、あくまで公的立場を離れた私人としてのプライベートな状況なら一国民の「表現の自由」として最大限尊重されます。逆に、公人すなわち公権力の行使者としての発言なら、国民の権利自由を過度に抑圧するものでないか厳しく問われます。ただ、Twitterなど公私の区別が曖昧な昨今、公僕としての氏名で発言しているなら「公人としての表現」と推定されるでしょう。

ちなみに、国会議員も憲法尊重義務(憲法99条)を負いますが、憲法改正論議を提起できる以上、憲法に反する発言をしたからと言って、それが表現の自由を逸脱するとは直ちに言えません。ただ、憲法改正などの持論・問題提起は、選挙による国民の審判を受ける間際の公開討論なりで賛同を求めるのが本筋です。当選後にそのような重大テーマを新たに扱う場合は、支持者に対して真摯な説明をする道義的責務は求められるという点で、憲法(改正手続きの趣旨)を尊重すべき義務を負うと言えるでしょう。

民間メディアの記事については、出版・報道の自由として「公共の福祉」に反しない限り尊重されるのが原則です。ただ、法的争点としては「問題なし」でも、ビジネス面では抗議に対して素直に謝罪した方が良いところもあるので、その辺りは別次元の考慮が働くことは多いでしょうね。


あと…美術展の内容を公人が中止勧告という問題は、原則論としては「表現の自由」を公権力が規制したと言えそうですが、公的助成・補助金等を受けている場合「税金を使う以上、使途が適正か否かの公的チェックは不可避」です。そのチェックが表現内容そのものではなく(即ち「検閲」ではなく)、表現の場所・方法手段において適切かどうかを客観的に判断し、仮に介入しない場合は反対デモ等で入場者の生命身体の安全が確保されないなど「公共の福祉」の維持に必要不可欠であると認められるなら、その表現(手段)を規制することは可能です。

ポイントは、あくまでその場所その方法での表現をやむを得ず規制しただけで、表現内容そのものを規制したわけではない点です(法的議論に不馴れな方々は屁理屈に聞こえるでしょうが、これは非常に重要です)。日本で一切その表現ができないとなれば憲法違反ですが、公共に混乱を生じない手段様態について禁止されないならば、法的には問題ありません。(民衆の「表現を自由に受け取る権利」があるとしても、別の方法で鑑賞できる機会があるなら 重大な権利侵害とは言えません。)

では、反対デモを取り締まれば良い!という訳にもいかず(集会の自由)、国民v.s.国民の権利衝突の問題となりますので、これはまた別の争点です。"知恵の輪"のように 一つずつ解きほぐさず 力ずくで解こうとしてもムリです(大抵は暴力的・威圧的クレームにしかなりません)

ただ、現状で法的に問題ないとしても、その規制判断・法的根拠が永続的に正しいとは限りません。その時代・状況に応じた問題提起は、大多数の側にとって耳障りであっても、少数意見をひとまず議論の場に拾える社会システムこそ民主政治の成熟には不可欠です。その政治的判断は個々人の意思の集積なので、だからこそ左派・右派と偏ることなく深遠な知性を養うことが肝要です。

「表現の自由」に限ったことではありませんが、一方が権利を主張する場合、相手方にも権利自由があり得ることを前提に、冷静に分析判断を重ねて解決策・妥結点に導くのは何も法的議論に限らず、人間社会でのスキルとしてその価値はますます大きくなっているでしょう(情報弱者として騙されたり搾取されたりするリスクも極小化します)。


・・と、テレビは持たずウェブ上でも世俗ニュースはチェックしない身ですので (質問を受けたら該当ニュースに目を通す程度で 学術的発表や自然・動物コンテンツだけ見ます)、偉そうなことは言えませんが、将来ある学生さんたちは情報分析の精度を上げる上で(理系志望でも)最低限の法的素養はあった方が良いでしょう、もちろん大学入学後からでも良いですけども。


以上、入門レベルながら法的議論のお話でした。
さすがに長過ぎましたね…最後まで読まれた方
本当にお疲れさまでした。

権利自由といっても優先度合いに差もありますが、
その辺りは現代社会・公民分野の授業で習う(習った)
知識を思い出しながら補強しておいて下さればと思います。



引き続き
実り多き秋の日々をお過ごし下さいね。


posted by laluz at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186564967
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック