2019年06月04日

2019年6月の始まり


皆さま、こんにちは。

2019年 第5番の月も過ぎました。
2019年の約42%が経過しましたね。


「ラルース進学塾」も皆さまの温かいご支援の下で
8年間という時を存在していることになりました。

毎年毎回に同じことを申し上げておりますが
どの年次にあっても有り難い時間で包まれました。
それもこれも、各方面各位のご厚恩を賜った故と
心より御礼申し上げる次第です。

昨年度も同じことを書いておりますが
「進学塾」というより「進学会」と称した方が
実態に適うところですけれど、


引き続きご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。





思ふこと みなつきねとて 麻の葉を
 きりにきりても 祓へつるかな


思い悩むこと全て消え去れと祈りながら、
麻の葉を細かく切って(水無月)祓をしたことだよ。



『後拾遺和歌集』所収
和泉式部の「六月祓をよめる歌」

毎年6月と12月の晦日に、諸人の罪や穢れを
祓い清めるため宮中や神社で行われる「大祓」。
6月の大祓は夏越祓(なごしのはらえ)・または
水無月祓(みなづきのはらえ)と呼ばれます。


1年の折り返しにあたる日に半年間の罪穢を祓い、
残り半年の無病息災を祈願するわけですね。

*「麻の葉を切り刻む」というのは、神々へ供えるほど貴重な物である麻を贖物(あがもの)・形代(かたしろ)として罪穢を祓うため切り裂く儀式に基づいています。


民間祭事では 輪越(わごし)祭りといって
茅(ち)の輪くぐりを行う御社も多くあります。
本来は旧暦準拠なので水無月といっても
西暦2019年だと7月31日に当たります。
(ただ 最近では1年の半分という趣旨から
新暦6月末に斎行する神社も増えています。)


「茅の輪くぐり」神事の由来については
「蘇民将来」(そみんしょうらい)の
伝説が元になっているようです。

この辺りの神事について考察していくと
すごい分量になるので今回は触れるのみで…。
*参照:夏越の祓の神事「茅の輪くぐり」のルーツ
(「世界の民謡・童謡」サイトへのリンク)



さて、神事では「唱え詞」を唱えながら
くぐるとされていますが、今回の和歌も
そのうちの一つです(神社によって変わるものの)

最も有名な「唱え歌」は、

水無月の 夏越の祓ひ する人は 千歳の命延ぶというなり
(『拾遺集』詠み人知らず)

この他には、

宮川の 清き流れに 禊せば 祈れることの 叶はぬはなし
(詠み人知らず)


私も幼少の頃は亡き祖父母に連れられて
旧暦水無月晦日の「茅の輪くぐり」に
行っていました。温かく懐かしい記憶です。

思えば祖父母には色々と教わりました、
(二人ともニコニコ微笑むだけですけど)
そのお陰で1億倍は人間的に大きく
なれたと今は安らかに思えます。

何となく思い立った時に立ち寄った神社は
お掃除をしていたりしますが(大きな神社は
ともかく)小さな祠・社の場合そこまで日々
手入れされていないので、掃き掃除をするだけでも
達成感あって気持ちが良いものです。

(そういう時は、人払いされて誰も入って来ないのですけど
大抵 不思議な動物が遊びに来てくれるので 楽しみでもあります。)



というか 自分ひいては人間の中にある
罪過(どんなに些細であっても)を
祓い清める気持ちで掃除をすると
実際すがすがしいものですし。

自室(正確には書斎・研究室)の
掃除も2月くらいから少しずつ進めて
ようやく整う算段がたちました。
(業者の方など数多の有難き助力の御陰です)


あらゆる執着を捨てて、どこまで
キレイさっぱり「無」になれるか
というのが最近の「娯楽」です。

といっても無関心という姿勢ではなく
どんな些細なことさえも(風の音とか)
ワクワクしながら生きています。

まあ、このように達観して思えるのも
物欲世界で十二分に満足できたからだと
思いますが、それもこれも全て御高徳なる
関係諸氏の温かいご支援の御陰です。



ちなみに、異説もあるのですけど
「ケガレ=氣枯れ」と捉えるのは
個人的に好きな解釈です。

死=汚れ なのではなく、
死=氣が枯れた=ケガレ です。


心身の疲労・ストレスによって
生気(精気)が衰えている状態こそ
ケガレであって、だからこそ心身を
リフレッシュして英気を養うのですね。

6月末で2019年も半分経過、
蒸し暑く呼吸も乱れる頃合です、

元気が枯れないよう しっかりと
(心身とも反省すべき点があれば改めたり)
リセットしつつ充実させていきましょう。


兎も角も 長くお付き合い下さっている方々だけでなく
あらゆる面でご支援下さっている各方面の皆々様に
改めて8周年の感謝を申し上げる次第です。


8周年ということでお祝いのお言葉を
ご丁寧に下さった方々には重ねて御礼申し上げます。

9年目も輝かしい出会いに充ちていることを
皆さまと共に 心から喜びたいと思います。



いつも本当にありがとうございます!


(今月も情勢が許せば 16日前後に
 もう1回更新しようと思っています)

posted by laluz at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186085206
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック