2018年09月17日

映画のお話 #4


皆さま、こんにちは。

今月は16日前後にもう1度更新できれば・・
と申しておりましたので、久々の月2回目
更新は 映画のお話に致します。

映画のお話 #4ということで、やっと4回?
という気もしますし、4回も書いたのか!
という気も同じくらいしますね…。

今回も、個人的に良かったと思う映画のうち
色々と考えさせられる 作品について。
(「ラルースの塔」で挙げて問題ない範疇で)



アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
(Eye in the Sky,2015年/イギリス)


戦地から遠く離れた会議室でドローンが映し出す
映像を見ながら戦争に加担する人々の葛藤を描き、
現代の戦争の闇を浮き彫りにした軍事サスペンス。

大規模な自爆テロ計画の存在を突き止めた彼らは、
ドローンによる攻撃命令を下すが、殺傷圏内に
幼い少女がいることが判明。少女を犠牲にして
テロリスト殺害を優先すべきか否か……。

現代の戦争は、ひと昔のような人海戦術で
押し切るようなことはなく、ボタン一つで
致命的惨劇を簡単に起こすことができます。
(もちろん先進国においては攻撃実行手続は
最高責任者の裁可が必要とされていますが)


上空数千メートルからテロリストの行動を監視し、
ヘルファイアミサイルで隠密裏に敵を殲滅する
無人攻撃機ドローン。

直接反撃を受ける恐怖がないため
まるでゲームのように標的を的確に
破壊殺傷する。自軍の人的被害なくして
敵を鎮圧できるのは称賛されるべき
でしょう、戦争技術の進歩としては。

反撃・反抗する意思さえ持てない程の
戦力差で軍事的圧力をかけることにより
再燃を抑止するという構図は理解できます。

ただ、多くは「戦争」というよりは
一方的な蹂躙・虐殺だったりしますので、
宗教的信念なりを足蹴にされた者には
死を対価にしても一矢報いる!という
覚悟をより一層抱かせることになります…

まあ、戦争・紛争がなくなると困る層に
とって、全て想定内・予定調和と思いますが
その予定調和のバランスもかなり複雑精妙に
なっているので、いつ傾いてもおかしくない。

題名の「アイ・イン・ザ・スカイ」は
空のドローン・カメラを意味するだけでなく
空の目="神の目"という暗喩でもあります。

ドローン攻撃を中断して少女を救うべきか、
自爆テロを事前抑止して多くの一般市民を救うか、
この究極の問いに人間は答えることはできない。
いわば"神"のみ下せる裁可について、
人間が"神のように裁く"ことの是非。


ただ、そんなの「許される訳がない!」と
理想論で喚く資格は大多数人にないのが悲劇…。



奇跡の絆
(Same Kind of Different as Me,2017年/アメリカ)


実話に基づく、資産家とホームレスの
出会い・友情を描いた小説の映画化。

美術商として成功を収めたロンは、不倫を
妻デビーに知られ、罰としてホームレスに
給仕するボランティアに同行することに。
そこで出会ったホームレス・デンバーと
交流を深めていくロン(の家族)のお話。

キリスト教的価値観に基づくお話で
多分に"スピリチュアル"な作品ですけど
(映画としては退屈な演出もあります)
実話ということで考えさせられます。

邦題は「奇跡の絆」ですが、原題は
"Same Kind of Different as Me"

私と同じ類の 異なった(人)?
私と同じように違った類の(人)?
…と 一義的な訳出は難しいです。

私と他者は各々違っているけれど
それは等しく違っていて…天の下では
皆「違っているという点では同じ」。

人と異なっているのは間違いではない、
けれど異種・異様を怖れ排斥してきたのが
人類の歴史でした。この実話の方々のように
異種異様を「同じ」と受け入れる寛容さを
多くの人が持ち合わせられたらと思います。


この2作品とも、現実世界が舞台、かつ
宗教的視点にポイントがありますが、
キリスト教を考えるという意味で
ストレートに扱った作品を挙げてみますと。。


パッション
(The Passion of the Christ,2004年/アメリカ)


新約聖書 〜イエスと二人のマリア〜
(MARIA DI NAZARET,2012年/ドイツ・イタリア)


サン オブ ゴッド
(Son of God,2014年/アメリカ)


この3作品は観て良かったと思います。
もちろん正史教義と異なる脚色・解釈や
批判されている描写もあったりしますが
それを含めて多面的に考え得るなら有益です。

「パッション」=キリストの受難。

ちなみに"パッションフルーツ"は
"情熱の果物"ではありません。
時計草の花がまるで十字架に見えた為に
パッションフラワーと名付けられました。
その果実なので "受難の果物"です。


…と、ムダに長くなりましたね。。
やや深刻な作品ばかりでしたので、
最後は楽しい雰囲気の作品を。


マジック・イン・ムーンライト
(Magic in the Moonlight,2014年/イギリス・アメリカ)


監督ウッディ・アレンが1920年代の南仏を
舞台に描くロマンティックコメディ。

マジシャンのスタンリーは皮肉屋の毒舌家、
魔法や超能力など存在しないと信じる彼は
噂の占い師ソフィのペテンを見抜いてやろうと
自信満々で乗り込むも、彼女の透視能力を
目の当たりにして価値観を揺さぶられ、
さらには性格も良い彼女に惚れてしまうが…

…と、普通に楽しめる作品なのですが、
結構奥深い要素もあるのが秀逸です。

ハリー・フーディーニ(1874-1926)は
サイキックハンターとしても有名な
天才手品師で、霊媒師マージェリー・
クランドン (1888–1941)との"対決"が
脚本の実話モデルとなっています。

「オカルト」と「マジック」といった、
お互いに相容れないと思っている存在を
人間として互いに認めながら融合していく
というのは、ある意味"王道"ですけど。

原題は"Magic in the Moonlight"

これから24日夜にかけて月は満ちていきます。
月光の下で「魔法」と言うべきような
素晴らしい日々を享受下さいますように。

ちょっと纏まりに欠けますが、
もうタイムリミットなのでこの辺で。

いつもありがとうございます!


posted by laluz at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 書物・映画etc..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184440799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック