2018年07月16日

ささがにのいと



皆さま、こんにちは。

15日前後に改めて更新しますと
申し上げておりましたが、16日も終わり
17日を回ろうとする時間となりました。

15日頃にチェックして下さった方々には
お待たせしてしまいまして すみません。


さて、毎年7月は「七夕」をテーマに
ご挨拶をしておりましたので後日改めて
と書き残しておりましたが、2018年の
新暦七夕は未曾有の豪雨が重なりました。

…6日夜は普通にご家庭先で授業でしたが
遠くで特別警報など鳴り響く真下でも
岡山県でここまで被害が大きくなるとは…
というのが偽らざるところです。

被災された皆様ならびにご家族の皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

被災地の一日も早い復旧を
心よりお祈り申し上げます。




このような状況下で、七夕の和歌を
のんびり鑑賞するというのもどうか
と思いますが・・鎮魂の意を込めて。



天の川 流れてくだる 雨を受けて
玉のあみはる ささがにのいと



ささがに(笹蟹)とは蜘蛛の古名。
「玉=魂」の暗喩のこともあります。


天の川から落ちる雨を受けて
まるで大切な宝玉を飾るように
蜘蛛が糸に散りばめていく様。。

本来は解説を加えるべきところ
ですけれど、個々の感じるがまま
その解釈に委ねます。


雨は、有機生命体には欠く事の
できない天恵でありながら、
惨事をも齎(もたら)します。

遺された我々においても、
小さな縁を大切に想いながら
日々を全うさせて参りましょう。


これから暑さも増してまいりますが
くれぐれもご自愛下さいますように。


本当にいつもありがとうございます。


posted by laluz at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183921390
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック