2018年04月03日

2018年4月の始まり



皆さま、こんにちは。

2018年 第3番の月も過ぎていきました、
2018年の約25%が過ぎたことになりますね!

1年の4分の1…といって長いか短いかは
各々の時間感覚によるでしょうが、心機一転
新しき「期」を楽しんで参りましょう。



花の色や 聲に染むらむ 鶯の
 なく音ことなる 春のあけぼの




桜が咲き誇り、日本においては入学入社など
新しい舞台に進む方も多い晴れやかな時季。

春の花々も 祝宴の陽気に包まれて
ますます優しい色に染まっているように。

木々を飛び舞う鳥たちも、満開の桜を
喜ぶかのように 麗らかな声を響かせます。


・・とまあ 実際の生態系は人間の心情などに
左右されることなく命を紡いでいるだけなので
俗な詩情に浸るのも滑稽かもしれませんけれど
多くの生命体にとって過ごしやすい季節です。

現実世界で私と面識がある御方はご存じの通り
毎日お祝い日のように笑顔で過ごしておりますので

今の季節だから殊更に祝うというわけでもなく
2018-19年度も日々刻々に敬意を払いつつ
森羅万象との対話を楽しむという感じです。


実際、外的な状況環境が内的な喜怒哀楽を
喚起する というよりは、内的な意志思考が
外的な状況環境を規定する、というのが

真理 (理解し 実践し難いものの)
だったりするので、思う存分 春の
陽気を楽しむのは素晴らしいことですね。




思ひやる 心や花にゆかざらむ
霞こめたる みよしのゝ山




霞が立ち込めて花の見えない吉野山
だけれど、花に思いを馳せるこの心が
どうして桜に届かないことがあろうか、

…と、この和歌の方がラルースの塔の
ご挨拶には相応しい気が致しますので
今月は二首を引用ということで。

小中高校・大学・大学院あるいは
企業等各組織の新たな一員となって
今後、時を経るにつれて期待・予想に
反した事態に陥る時もあるかしれませんが、

霞や靄(もや)がかかっていたとしても
客観的事象は全く変わらずそこに在ります、

そんな時も慌てず焦らず視点・支点を定めて
確かな信念・意思で歩んで行かれますように。

文字通り「祝意」に満ちる季節でありますが、
眼前に花が咲いていない時期であったとしても

眼に見えない「芽吹き」を心で感じながら
自らの「好き日」を日々創造して下さいね。



長いお付き合いをさせて頂いている皆さま、
新しくご縁ができた方々の諸々のお心遣いに
いつもながら深く感謝申し上げます。

春光が新たな創造の歩みを祝う4月も
皆さまと共に心から喜びたいと思います。

いつもありがとうございます!


(月2回目更新は12月以来行っていないので
 状況が許す限り16日前後に1つ挙げたいです…)

posted by laluz at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182850766
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック