2011年08月17日

「火(fire)」


前回記事「生命の木」のテーマについて
教養深く聡明な方々は色々思索されるところが
多いだろうと思います。

映画「ツリー・オブ・ライフ」は観た方がいいですか?
という質問もありますが、何とも申し上げられません…。

深く考察するには『ヨブ記』の知識も必要でしょうし
そもそも「生命の木(樹)」という題名から
カバラ体系との関連も予定されているでしょう。

それらの前提知識をある程度押さえた上でなら、
「あるがまま理解不能を感じ、受け入れる」意味を
じっくり咀嚼していく素材として良作と思います。

ただ、ぶらりと立ち寄る感じで気楽に観る映画
としては、相応に疲れるのでお薦めはしません。。

「哲学談義」として上記テーマについて述べるのは
個人的には興味深いのですが、塾ブログの範疇を
どうしても超えてしまうので差し控えておきます。

受験という枠組を超えて「知力」に関する題材は
広く取り扱うとしても、学生の皆さんの手に届く
テーマである方が望ましいでしょう(もちろん
存分に議論できる生徒さんもおられるでしょうが)


ところで、ずいぶん前の話ですが、
7月14日「IQパズル」第2問の解答を後日改めて…
としたままでしたので、記しておきます。

 AMRH : 風
 WIE  : 海
 JMVI :(?)


 風は「wind」、海は「sea」となります。
(別単語もありますが、字数的にこれと仮定できます)

そしてアルファベットを対応させていくと
JMVI :(fire)となるので
答えは「火」です。

第1問&2問の完答はFさんだけでした。
解いて下さった方、ありがとうございました。

秋とはいえ、まだまだ暑さも厳しいですが
心身を整えて、各々秘めた「火」は冷やさぬよう
がんばっていきましょう。


posted by laluz at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | IQ・知能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179602173
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック