2011年09月07日

「朝型」と「夜型」


大分涼しくなって参りました。
朝は肌寒いくらいですね。

家庭教師の日は凡そ24時まで授業しているのですが
どの生徒さんも非常に集中してくれています。

ただ、夜型と朝型のリズムには個人差があり、
21時には就寝して朝3時に起きて勉強する
という模範的な朝型タイプの子もいます。

一般的に、朝型生活の方が健康的という風潮もありますが
体内時計リズムには遺伝子レベルで個人差がありますし、
それぞれにあったリズムで生活するのが本道と思います。


ベルギー・リエージュ大学クリスティーナ・シュミット氏の
研究チームによれば「朝型生活者と夜型生活者の脳を調べた
ところ、早い時間帯では朝型の方が元気だが、持続力は
夜型の方が優れている」という研究データもあります。


眠い中だらだらと勉強しても、脳への定着度は低いので
脳をリフレッシュする策に切り替える方が効果的です。

例えば、深夜2時まで勉強しても、学校授業が眠くて
暗記に差し支えるならば、全体としての学習効率は低いと
言わざるを得ません。学校から帰って1〜2時間仮眠し、
それから深夜2時まで勉強するなど工夫することで
学校生活が眠くならないなら、夜型生活も良いと思います。

ちなみに、私は模範的な夜型人間です。

ただ、「入試」の多くは朝9時頃から始まりますし、
朝型・夜型を問わず、朝9時には「脳力」を最大限に
起動・出力できるようにしておくことが重要です。


今、夜型リズムで調子が良い人はムリに朝型に修正する
必要はありませんが、ご家族の方にご負担をかけている
可能性は大いにあります。そのようなご家族の協力には
心から感謝して、日々自己を高めていきましょう。

それでは、季節の変わり目、急激な温度変化で
体調を崩さないよう皆様お気を付け下さい。


posted by laluz at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康面について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179600070
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック