2011年09月15日

「引き出すことを考えて収納する」


前々回の「記憶保管システム」の記事から引き続いて
「では、どうやって脳内を整理分類していくか?」
というお話を今回はしていきます。

前回少し脱線しましたが、脳が自由に記憶情報を
引き出せるよう「記憶の倉庫」を整理分類してやれば
脳は情報消去することなく膨大な記憶容量を使っていく
ようになる、というお話の続きですね。


まず、「記憶保管システム」を具体的にイメージする為
例によって「巨大な倉庫」をイメージして下さい。

「倉庫」といって具体的イメージが沸かなければ、
引き出しが膨大にある収納ラックでも良いでしょう。

無計画に手当たりしだいモノをしまっていくのでは
どこにどんなモノがあるか分からなくなります。
「捜し物はこの中にある!」という確信だけで
いざ必要な時に引き出せないのでは無意味です。

それでは、どうすべきでしょうか?

どこに何があるのか、収納エリアを関連付けたり
見出しを付けたりして「今度引き出す時に検索
しやすいよう」考えながら収納することです。


「引き出す時のことを考えて収納する」
当然のことですが、ここがポイントでしょう。

どのように整理していくかは各自の好みです。
引き出し各エリアに色や名前を付けるのも自由、
必ずしもキレイに整頓する必要もありません。

(3週間後の自分でも1年後の自分でも良いですが)
「探す時の自分」に思いやりを持って、以後の自分が
すぐ探せるように「収納」していくことが大切です。



「記憶保管システム」も全く同じことが言えます。

記憶力の差は、情報を記憶する力というよりは
「いかに引き出すことを考えて収納できるか」
の差だと、私は思います。


ただ、「倉庫」と違って「記憶保管システム」は
脳内にあるので、物理的に見出しやラベルを
貼ることができません。そういう意味では、
現実の倉庫整理よりは少しだけ難しいでしょう。

慣れれば、自分が使いやすい記憶検索システムを
脳内で組み上げられますが、慣れるまでは
「物理的に記憶倉庫を創る」のが有効です。

簡単に言えば、「備忘録」的なメモ・ノートです。

これだけ引っ張って「結局それか!」と思う方も
おられるかもしれませんが、ここまでお付き合い
下さっている皆様なら、大丈夫でしょう。

ポイントは「思い出す時の自分」に思いやりを
持って、以後の自分がすぐ分かるように「記録」
することです。キレイである必要はありません。

(むしろ過度に丁寧にしない方がいいでしょう)

脳内の「記憶倉庫を整理する」ためのメモですから
「一冊」に集約されていることが望ましいですね。


ただ、学生の場合は科目ごとにノートを作らされることが
不可避のこともあるので(私は幸い回避できましたが)、
「学習要点ノート」を別に一冊作ると良いでしょう。

その日その日に勉強した事項と、重要な公式・単語や
間違ったポイントだけ簡単に書いておく為のノートです。
それだけを、事あるごと30秒でもこまめに読み返します。

読み返す時は、その時の状況や風景、テキストの
左右ページのどのあたりだったかまでイメージしながら
思い出していきます。映像化して関連記憶する練習です。


出来れば、学習要点ノートには食事内容やふと閃いたこと
考えてみたことまで軽く書き添えておくと効果的です。

「学習要点ノート」を読み返せば、その時の
状況がリアルに思い浮かぶというほどになれば
膨大記憶への扉はすぐそこまで来ています。

慣れてくれば、脳内の「要点ノート」に書き込んで
いけば良いので、実際にメモする必要はなくなります。
(ただ、最低1年は継続する必要があるでしょう。)


繰り返しますが、丁寧にメモする必要はありません。

なぐり書きでも一言メモでもいいので「記録する」
という習慣を、意識して継続することが最重要です。
そうすれば、脳も「記録」を意識して記憶していきます。


最初の数ページだけ丁寧に書いて、すぐ飽きて途中で
止めるという人が多いと思いますが、それは仕方ない
でしょう。自転車の練習をしないと乗れないのに、
練習するのがイヤなら乗らなければ良いだけです。

専用のモバイルPCがある方なら、PCを脳に見立て
階層ごとに記録してもいいですが、学生の場合は
ノートに手書きの方が格段に効果的と思います。


…と、まだまだ注意事項や応用トレーニングなど
書くべきことは膨大にありますが、長くなりますし
とりあえずは上記のようなところでしょうか。

それでは、また明日に。。


posted by laluz at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 「脳」の使い方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179594042
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック