2012年01月05日

Dante Alighieri


今日は「英語で名言」を考えてみます、

2012年の最初は Dante の言葉を。

Dante Alighieri(1265-1321年)は、イタリアの詩人、
哲学者、政治家。叙事詩『神曲(La Divina Commedia)』
を遺し、イタリア文学における詩聖とも称されます。


日本では森鴎外によって『神曲』という訳語が与えられ、
これが広く通用していますが、本来は単に「Commedia
(喜劇)」という題名だったと言われています。

後に、ボカッチョ(Giovanni Boccaccio)が
称した『La Divina Commedia(神聖喜劇)』
という題名で広く知られるようになりましたが、

『神聖喜劇』と直訳せずに『神曲』と訳した
鴎外のセンスも素晴らしいものがありますね。


『神曲』に登場する地獄界、煉獄界、天国界の
それぞれの関係はキリスト教思想に基いたダンテの
独創とされますが、文学史・神学史に残る古典として
その神々しい描写は色褪せない輝きを放っています。

さて、今回はその詩聖ダンテの言葉から
活ける智慧を求めていきましょう。


Consider your origins:
you were not made to live as brutes,
but to follow virtue and knowledge.


(自分の起源をよく考えよ。あなたは獣のように生きるために
 創られたのではない、美徳と知識に従うためである。)


I love to doubt as well as know.

(私は知ることと同様に疑うことを愛する。)


「知識」は重要ですが、全ての知識を鵜呑みにするのは
賢明ではありませんね、何が真実なのか慎重に考える、

現実に適用しながら知識を磨いていく、というのが、
知力に至る道であることは今も昔も変わりないでしょう。


If the present world go astray,
the cause is in you, in you it is to be sought.


(もし現実世界が混迷しているならば、その原因はあなたの中にある。
あなたの中にこそ、その原因は求められるのだ。)


Be the change you want to see in the world.
(見たいと願う世界の変化に、あなた自身がなりなさい。)


というマハトマ・ガンジーの名言にも通じます。


Heaven wheels above you,
displaying to you her eternal glories,
and still your eyes are on the ground.


(永遠の栄光をあなたに示しながら、天はあなたの上を廻っている。
 それでもなお、あなたの視線は地面に留まっている)


特に宗教的な意味合いで捉えなくても、十分に含蓄ある
言葉だと思います。分かり易く言えば「上を向いて歩こう」
と言うフレーズにもつながるでしょう。

When all you can feel are the shadows,
turn your face towards the sun.
(暗い陰しか感じない時は、太陽に顔を向けなさい)


というヘレン・ケラーの言葉も、
同じように温かい言葉と思いますね。


The secret of getting things done is to act!

(物事をやり遂げる秘訣は、行動することだ!)

今までの名言でも同趣旨の言葉は多くありましたが、
その「行動すること」が最も難しいものです。


A mighty flame followeth a tiny spark.

(力強い炎も、小さな閃光から生じる。)

followeth は follows と同じです、古い文法では
(正確には初期近代英語というべきでしょうか)
3人称単数現在の「(e)s」 は「(e)th」でした。

聖書でもよく見られますし、ラテン語などの古典を
格調高く表現するために使われることがあります。


どんな大きな力・偉業も、最初は小さな第1歩からと
いう趣旨の格言は、どの世界どの時代でも見られますが
それぞれが我々に対して「閃光」を与えてくれます。


Follow your own star!

(自分自身の星に従え!)

この文意は究極的に「深い」ですね。

ここでいう「星」とは何か?

それを問うことは荘厳な知的探求に等しいと思います。

ちなみに『神曲』各編の最後は全て
「stelle(星)」という言葉で終わります。



それでは、今回はこの辺で。


posted by laluz at 14:00| Comment(4) | 「名言」の英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]