2012年01月19日

東大「秋入学」?


東京大学は、従来の4月入学を廃して、
海外で主流の「秋入学への全面移行」を
目指す案を中間報告として発表しました。

国際的な大学間の競争に対応し、学生の
海外留学を促すことなどを理由に挙げています。


学内の合意形成ができれば、経済界等への説明を進め、
告知期間を経て早ければ5年後に導入したいとのこと。

入試時期については従来通りということなので
受験生には過度の直接的負担はないと思いますが
3月に発表後、9月までの約半年をどうすごすかは
なかなか難しいところですね。。


海外大学は、留学生対象のサマースクールを
行なっていたりしますが、東大もそのような
入学前研修などを新入生に課すならば
4月入学とあまり変わらないでしょうし。

留学生の受け入れや送り出しの人数が海外有力大学に
劣ることをデメリットとして挙げていますが…

秋入学に移行することで留学機会が「確実に広がる」
としているのは賛否両論あるでしょうね。


確かに、2011−2012の世界大学ランキング(THE)
では、東大30位とランクを落としていますし、
その要因の一つに「国際的教育環境」のレベルが
相対的に低いことがあるのも事実です。

「国内最高峰」ではなく「世界最高峰」を
目指すというスタンスは素晴らしいですが
制度変更するには色々大変だと思います。


入学時期の在り方について検討するに至った背景や、
秋季入学に関する総長所見について紹介した
新聞記事のリンクURLを紹介しておきましょう。

(10月のTFT案内メールに記載されていたものです。
 リンク切れ等になった場合はご容赦下さい。)


◎9月1日 朝日新聞
www.u-tokyo.ac.jp/gen01/pdf/asahi20110901.pdf
 
◎10月8日 読売新聞
www.u-tokyo.ac.jp/gen01/pdf/yomiuri20111008.pdf


ともかく、現在小学生の方々には将来的に
影響があるかもしれませんね。

ただ、制度がどうであれ、各々自分のなすべきことは
大して変わらないと思います、日々勉強を楽しんだ
その先に大学や大学院があればそれが最上でしょう。


それでは、今日はこの辺で。



posted by laluz at 18:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]