2012年03月15日

「自分のペース」


皆さま、こんにちは。

3月も半ば、卒業後の進路も形を見せだして
4月からの準備にかかる方々も多い時候ですね。

自分の思い描いていた航路と同じか否か
それぞれ千差万別でしょうが、30億秒ほどの
時間の先にある「終着点(あるいは始点)」に
行き着くこと自体は万人に共通しています。

のんびりと紆余曲折を楽しんでいきましょう。


紆余曲折ある航海において、他者より
速い遅いというのは重要ではありません。

このブログでも、中1中2で高校数学、それも
発展レベルまで進めているような子の話を
書いていると「すごい子たちですね」と
いう感想などを貰ったりします。

高校生なのに高校数学があまり得意ではない
方にとっては、複雑な思いをされることも
もしかしたらあるかもしれません。


しかし、勉強というのは中学まで義務教育で
あるがために年齢同士で比較され易いだけで、

他の全ての事象と同様に「自分のペース」
というものがあるのは言うまでもありません。

例えば、ピアノについても15才から始めた人が
5才から始めた同年齢の子が優雅に弾くのを見て
同じ年なのにすごいな…と思うことはありますし、

多くのスポーツ競技だってそう言えるでしょう。

ただ、遅く始めた人でも強い意志と継続的努力で
隠れていた才能を開花させることも多いものです。

逆に、早くからピアノの英才教育を受けていても
ピアノというものを「強制」されたことで
ピアノを心から愛せなくなってしまうならば、

技術は磨かれても「天に愛される才能」に
までは開花されないでしょう。


「勉強」についても全くそれと同じで、
早く始めたからいいというものではありません。

「自分のペース」で楽しめることから
少しずつ歩んで行けば良いと思います。


自分という存在と万物全てへの感謝と共に
自分の魂をピアノの旋律に載せて紡ぐ、
そのレベルでピアノと同化できる人の音が
まるで宇宙を柔らかに奏でるように、

学問に対しても、その学びの先に
「世界の人を救えるかもしれない」という
弱く小さな灯を宿している者においては

いずれ「天に愛される才能」として
強く照らし出す炎となっていくでしょう。

私の行うのは「勉強を教えること」ではなく
「小さな灯を消さないよう育てること」です。


広大な海をのんびり漂っている私ですが
威風堂々と航海に臨む教え子たちを見ていると
毎年が新鮮で、興味深く感じますね。

どの航路を信じて進むにせよ、

偉大な海に対して畏敬の念を忘れなければ
底に飲み込まれることはないと思います、


お互い「自分のペース」で
航海を楽しんで参りましょう。

それでは、今回はこの辺で。


posted by laluz at 16:30| Comment(0) | IQ・知能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]