2012年04月18日

「見えざる手」


皆さま、こんにちは。

最近、更新内容が疎かになっていますが…
多くの方々にご覧頂いているようで光栄です。

読者層が広いというのは嬉しい反面で、
記事内容に焦点が定まらず散漫になりやすい
というジレンマもありますが、良い意味で
好きなように書いていこうと思います。


さて、「頭が良くなる方法」という検索結果から
「「頭が良くなる方法」は存在するか?」
の記事に辿り着いてしまう場合も少なくない
ようですが、大したことは書いていませんので…

ただ、「思考を柔らかくする」というのは
とても大切であるのは間違いありません。

肉体でもそうですが、凝り固まった状態では
物事に対して臨機応変に対応できません。

固いままの粘土では上手く造形できないように
水を加えたり、よく練って柔軟にして初めて
創造的な造形に変えていくことができます。


「イメージトレーニング」の記事で、続きを
書こうと思ったまま放置していましたが、
「見えざる手」のイメージはなかなか有効です。

別に「オカルト・霊的なもの」でもありませんし、
あるいは「神の見えざる手」でもありません、
私が勝手にそう命名しているだけですが、

仮想的に作り出した「見えない手」の利用です。

例えば、血液の流れが良好か否かは健康に大きな
影響を及ぼしますが、肩こりや倦怠感がひどい状態
では、脳のパフォーマンスも低下するでしょう。

自分でマッサージや血流を意識した姿勢をとることで、
軽微な問題はおおよそ回避・改善できます。

もちろん自分の「見える手」でマッサージなど
行なってもいいわけですが、「見えない手」で
行う方が、脳への創造的刺激にもなります。

見えない手があると思って、肩でも顔でも脚でも
柔らかにマッサージするイメージを持ちます。


(その時、見える手は動かさないで。)

慣れるまでは、見えない手の感覚が分かりませんが
最初は「そんなつもり」で構いません。

柔らかくほぐれていっているイメージで。

肩やふくらはぎなど外部マッサージができるように
なれば、見える手では不可能な箇所、例えば
体内の血管や脳などについても柔らかに
マッサージしているようにイメージします。


確かに「科学的」ではないでしょうが、
確かな「効果」はあることと感じますね。

(少なくとも、不利益・害は何もありませんし。)

単に「血流が良くなっているイメージ」を持つ
だけでも十分ですし、あえて「見えない手」など
クレイジーな思考を取らなくてもいいとは思います。

脳に対して変化球を与えるという意味合いですが、
いつもと違う思考をするのは脳にとって何よりの
栄養となるので、思考実験としては悪くないでしょう。


バカバカしいと思って試みないのが正常でしょうが
このブログを読まれている皆さまは良くも悪くも
非凡・特異な方々でしょうから、春の一興として
緩やかに試みられてはいかがでしょう?


それでは、今回はこの辺で。。


posted by laluz at 16:00| Comment(0) | 「脳」の使い方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]