2012年05月16日

「 黄 茶 」


皆さま、こんにちは。

「健康のため」に何かをする・しない
という思考は基本的にありませんが、

「紅茶」は日常的に愛飲しています。


コーヒーもこだわりがない方ではありませんが
(時間があればミルで挽いて淹れたい程度に)

紅茶の方が好きですね。

…という嗜好を踏まえて、お伺いするご家庭でも
紅茶をお出し下さるのですが、冷たい飲み物は
飲まないので、真夏でも熱い紅茶を淹れて
下さるお母様方には、心から感謝しています。


あまり(というか全く)アクティブではない
性質上、私自身の交友関係は広くありませんが、
その私にお付き合い下さるような皆さま方は、

寛容で、かつ影響力(教養・人脈・財力など)
をお持ちでいらっしゃるので、私に対しても
有形無形のお心遣いを下さります。

その全てを枚挙することはできませんし、
当ブログの性質上 列挙することもありませんが
皆さまの御心にはいつも温かみを感じます。

(もちろん直接お会いしていなくともブログに
 ご訪問下さる方々の温かいご支援も含まれます。)


というわけで、紅茶好きと知って下さる方々から
色々と茶葉も頂くので、有り難く淹れていますが
(Mariage Frères、Castleton茶園etc.)

料理と同じで、敬意をもって淹れるか否かで
同じ茶葉でも「開き具合」が違うものです。


素材に敬意を払って、同じ時空を共有する
ことを心から楽しみ 味わうというのは
「茶」だけではなく、人に対しても同様です。

まさに「一期一会」。

どの茶会でも一生に一度のものと心得て、
主客ともに最上の意を尽くすべきこと、

それは、「茶」に限らず、どの対象、どの生命に
対しても等しく言うことが出来るでしょう。


さて、どの茶葉でもそれぞれ「個性」があり、
希少性で優劣が定まるものではありませんが、
先日、とても知的な茶葉を頂きました。

Mariage Frères
『THÉ JAUNE DES CINQ DYNASTIES』
(テ ジョーヌ デ サンク ディナスティ)


the.jpg

紅茶ではなく「黄茶」の逸品です。

「君山銀針(ジュンシャンインジェン)」という
黄茶の葉は世界で最も希少なお茶の一つですが、
これはその中でも最高峰でしょう。

(市販されない秘伝のものは別として。)

五代十国時代(907−960頃)の皇帝へ献上されていた
銘茶という趣旨で、少し前までは日本でも正規販売
されていたようですが、今は取扱っておらず、
直接お取り寄せしないとダメみたいですね。

(数年前の国内価格では20g 約10,000〜15,000円でしたが
 現地なら20g 66 ユーロ +α でしょうか。)


もともと流通量が極少量の中、今季は世界的にも
希少らしく、貴重な茶葉と出会えたご縁に感謝します。


さて、慌ただしい中で淹れるお茶ではないので
なかなか味わうタイミングがなかったのですが、

今日は少しのんびりできたので
「一期一会」を楽しむことが出来ました。

Offrant dans la tasse le spectacle d'un ballet élégant, ses précieux bourgeons dorés libèrent une infusion suave légèrement sucrée d'un doux jaune d'or. Absolument magique !

(カップの中で優雅なバレエの光景が繰り広げられると、金色に輝く高貴な芽は、優しい黄金色の中で、心地よいほのかな甘さを解き放ちます。まさしく魔法のように!)

このような紹介文(意訳したので、正確ではないですけど)
なので「魔法のような味わい」を出せるか微妙でしたが…

「とても上品な、感覚を澄ませば微かに
聞こえてくるような繊細な甘さ」です。

「神々しい味わい」「荘厳性」という点では
「BRUMES D'HIMALAYA(ヒマラヤの霧)」という
紅茶(ダージリン)の方が印象的でしたが、


単に「皇帝」と認めて貰えていない気もするので
あと数回のチャンス(20gだと4〜5杯程度)で
本来の味わいを引き出そうと思います。

…と、個人ブログのようなお話になりましたが、
「一期一会」の妙味を書きたかっただけです。

「紅茶」などに限らず、神聖で荘厳なものは
多少高価であっても時宜に味わっておくと、
身が引き締まり、自らの神性を高めます。

幅広い視野で「知性」を高めて行くには、
「自然の妙味」を知りつつ「対極思考」で
相対的な境界線を越えていくことが大切だと、

改めて感じた「一期一会」の茶葉でした。



皆さまとの「時空間」も、そのどれもが
かけがえなきものとして、大切に思っています。

それでは、今回はこの辺りで。



posted by laluz at 16:00| Comment(0) | 健康面について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]