2012年07月03日

「受容」について


皆さま、こんばんは。

このところ更新がランダムにも関わらず
日に日にご訪問者数が増えていまして、

ちょっと申し訳ない感じなのですが、
いつも本当にありがとうございます。

指導時間を「生産的に抑える」など
良い方向で時間整理できましたので、
多少はスマートに過ごせる気が致します。

あまり慌ただしいのも好ましく思えませんし、
ご縁ある方々への配慮が疎かになっては
私にとって本末転倒ですからね。。


さて、今回は「受容」について考えます。

以前の記事でも「絶対肯定」という表現で
「在るがまま肯定する」意識について
簡単に述べたことがありますけれど、

要は「否定しない」ということです。

このブログをお読み下さっている皆さまには
釈迦に説法でしょうが、一応触れておきますと

「否定しない」ということは
「諦めて受け入れる」ことを意味しません。

困難な局面であっても、それは事実として
「直視する」という意味でしかなく、

事実として認識した上で、それを前提として
いかにその局面を打開していくか?それを
考えていくことが大切なわけです。


いわゆる「ネガティブ思考」の方は
悪い方、失敗する方に意識を向けてしまい、
エネルギーを生産的に使う前に諦めてしまいます。

しかし、そのようなネガティブ思考の方に対して
「そんなのだからダメなんだ」など言っても
何らの効果もないでしょう、、

ダメと言われて余計に自分はダメなんだと
ネガティブ傾向を加速させるだけです。

いわゆる「ネガティブ思考」タイプの場合、
「ネガティブ思考」が全ての元凶だよ、
「ポジティブ思考」にならないとダメだよ、
などと言っても心に響きません。

そんなことは百も承知だからです。
それが出来たら実行しているわけで。


それより「自分の思考をネガティブ傾向と
思うこと自体がネガティブ」なので、

リスクを考えて慎重に行動するのは知的だ、とか
自分の欠点や修正点を自覚して直そうとしているのは
それだけでも前進の一歩だと思う、とか、

相手の「心理的障壁」を柔らかくすることが
有効なことが多いでしょう。

心理学的には「受容」と「共感」ですけれど、

これは別に「ネガティブ思考」の方に限らず
広く人間関係において適用可能な態度です。


臨機応変に、細部調整するのが難しいだけで。

相手によっては「怒って欲しい」場合も
ありますからね。その場合「それでいいよ」
と言われるより、突き放す方が有益だったり。

相手の「己に怒りたい気持ち」を共感して
「一緒に怒ってあげる」のは高難度ですけど。。

対人関係だけでなく、自分自身の意識においても
「受容」と「共感」は大切でしょう。

運命ゲームの中で困難な局面となったとしても
まずは状況を直視し、自分に共感すること。


(泣きたい時は泣けば良いですし。)

それから局面打開の「一手」を探します、
自分の頭脳や、周りの智恵で。

「脳」というのは「正確な情報」を与えて
冷静な判断を下せる「自信」さえ持てば
必ず「最適な一手」を弾き出してくれます。


「受容」というのは「脳」が最適な手を導く上で
「必要だからこそそうする」というものです。

事実を直視せず、狂った情報を脳にインプットし続けても
最適解はいつまで経っても導かれないでしょう。

現状を正確に把握すればするほど、次の一手を
「脳」は早期に導こうと尽力してくれます。

とりあえず「自分の脳を賞賛」してあげましょう。

褒めて育つ子ですからね、脳は。


(もちろんお子様の「脳」も。)

新しいことが出来たら褒めてあげる、
間違っても間違いに気付けたなら励ます、

「脳・育成ゲーム」だと思うと日々楽しいですよね?


…長い割に内容に乏しいですが、
今回はこの辺で終わりましょう。

いつもありがとうございます。




posted by laluz at 23:55| Comment(0) | 「脳」の使い方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]