2012年09月04日

「明けの明星」


皆さま、こんにちは。

もう9月ですね、過ごし易くなりそうです。

いつもながら、あっという間だった感覚と同時に
何年もの時間を過ごした充実感も得た夏でした。

たくさんのことを考え、感じ、取り入れた日々を
思うと、たった1月しか経っていないことに驚きです。


8月末から学校が始まるので、少しのんびりするか、
というところでしたが、天は怠惰を許してくれず、
何だかんだで授業続きの日々でした。

ただ、本当に進化を続けてくれる生徒さん達を
見ると、「人を育てる」という高尚な営みに
関与できる日々をこの上なく貴く感じます。


先の日曜にも、聡明なご縁に恵まれました。

日本の受験最高峰を目指す「覚悟」を持つ者と
真剣に「己の真価」を問うていく試みは有益です。

各々の「天才性」を開花させる一助になるなら
私の怠惰な人生も無為ではないことでしょう。。

(指導時間に空きはないとアナウンスしていますので
 お問い合わせ自体を控えて下さる方も、中には
 いらっしゃるかもしれませんが、希望時間帯を
 問わなければ、お受けできる場合もあります。。)


さて、先週末は、月が満ちて荘厳な夜空でしたね。

明け方の頃には、冬の大三角形と明けの明星が
太陽がいない中で各々の輝きを主張し合っています。

ただ、同じ光でも2次元平面で散らばっている訳では
ないので、それぞれの距離感は全く異なります。

地球上で観える恒星で、太陽の次に明るいシリウスは
たった8.6光年という近い距離にありますが、
北極星は約430光年という距離まで離れます。


同じ「光」として見えていても、シリウスの光は
約8〜9年前に解き放たれた光エネルギー、

北極星の光は、約430年ほど前の煌めきが、
長い時を経て「今」やっと到達しているわけで。

そうやって考えながら夜空を見ていると
「4次元のアート」の荘厳さに時間を忘れますね。

「明けの明星」「宵の明星」というものが
どちらも同じ「金星」だということに気付くには
どれだけの知性が要求されたのだろう!?

その忍耐強い観察眼に敬服します。


あらゆる可能性を考え、天地を覆すほどの発想・
仮説を見出し、辛抱強く実証していくというのは。


(…と、ここで時間切れです。

 ちょっとまとまりが悪いので、
 また24時以降に追記しようと思います。)



・・・と、追記ですが(@25:30)、

紀元前500年頃、天才ピタゴラス(Pythagoras)は
「明けの明星、宵の明星は金星そのものである」
ことを知っていたとされています。


ピタゴラスについては語るべきことが多過ぎるので
(哲学・数学・天文学のみならず魔術的にも)
また機会があれば記すことにしましょう。。


また、あえて記事テーマを「明けの明星」とした点、
「ルシフェル」について書くのではないか?と
推察される知己もおられることでしょうから、
軽く触れておきますと。

「明けの明星」のラテン語訳 Lucifer は
「光をもたらす者」の意もありますけれど、

キリスト教の伝統的教義においては、
ルシファー(ルシフェル)は「知恵・美の極み」
「比類なき光」でありながら、神に反逆し
堕天したサタンとして語られます。。


この辺りの解釈は、文学上も意義深いのですが
この「ラルースの塔」では、宗教・政治テーマに
深く立ち入らないつもりなので、この辺りで。


ともかく「金星」は、古代の天才の思考から
「堕天」にさえも思いを馳すことができます、

思いを馳せたからと言ってどうということも
ありませんが、のんびりライフには良い題材です。

日常と非日常という「境」などありませんが、
日々新しい視点で過ごすと「脳」が喜びますからね。。


…久しぶりの記事というのに、相変わらず
よく分からない文章ですが、今回はこの辺で。

いつもありがとうございます。


posted by laluz at 15:00| Comment(0) | 「脳」の使い方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]