2012年11月22日

MENSA


皆さま、こんにちは。

IQについての記事も放置したままですが、
皆さまが忘れた頃には更新したいと思います。。

(私の言う「のんびり」は本当にのんびりなので。
 「年」単位が多かったりするのです…。)


さて、以前よりご質問なり話題なりに挙がる
MENSA についてコメントしておこうと思います。

IQ について書いていたりするために
「MENSA っていう団体はどういうものですか?」
という質問を受けたりすることがあります。

MENSA(メンサ)とは・・・

全人口上位2%の知能指数 (IQ) を有する者の交流を
主たる目的とした非営利団体、高lQ団体としては
最も長い歴史を持ち、会員数は全世界で約10万人。

イギリス人科学者で弁護士でもあるランス・ウェアと、
オーストラリア人弁護士のローランド・ベリルによって、
1946年10月1日にイギリスのオックスフォードで創設。
支部は世界40か国にある。

知性・才能を育成し、人類の向上に役立てること、
奨学支援などを目的に活動している支部もある。

日本支部においては、脳科学者の茂木健一郎氏、
タレントの宇治原史規氏(ロザン)も所属している。


・・・というような概要でしょうか。

IQについて記事を書く以上、私も一応 MENSA の
IDは持っています(会員資格の更新はしていませんが)。

日本においては、日本支部のジャパン・メンサが現在
色々と活動されていますが、一時期は日本支部が存在せず
メンサ・インターナショナル直轄となっていました。

(私はインターナショナルの会員だったので、
 ジャパン・メンサのメンバーは知りません。)


ただ、結論を言えば、単なる社交団体であって、
研究会を開いたり、お茶会をしたりするのが主旨です。


(「うどんを愛する会」みたいな感じで。。)

人口上位2%というのは高IQ団体の中では
極めてハードルが低い部類であって(だからこそ
会員数を確保できた唯一の成功例とも言えますが)、

たまに見る「天才集団MENSA」とかいう形容は
見聞きしていて、恥ずかしくなるものです、

その程度、天才でも何でもありませんからね…。

(1億人に1人すなわち上位0.000001%ならまだしも)

そもそもIQというのは「定義」によって変わりますし、
その曖昧とした数値で上位〜%かを区分するのは
その性質上、正確性を担保できないものです。

(実験者の想定する脳力値の定義によって変わるため)


ただ、実際に会合に来られる方々というのは
必然的に「変わり者」が多いので、面白いことが
比較的起こり易いというのは否定できません。

おそらく参加されている方々もIQがどうこうよりも
違った視点で会話できる人々との邂逅を求めて
気軽に参加されておられることと思います。


(うどんを愛するレベル上位2%の者だけが
 入会できる「うどんを愛する会」みたいな。)


私も顔を出していた頃は、参加者がほとんど
外国の方だったので、英語を話す好機にしていました。

(逆に、隠遁生活の今は、英語を話す機会がほとんど
 なくなったので トーク力は無きに等しいですけど…。)


MENSA に限らず、自分の資質を十分に伸ばしつつ
それを後進に還元していく団体なら素晴らしいと
思いますけれど、単なる表面的な数値を絶対視して
優越感に浸る者は、知的の対極にいることになります。


大学受験の世界で、全国最上位にあるならば
10万人〜100万人に1人の高学力と言えるでしょう、

しかし、「単なる数値」に奢ることなく
その高みから見えるヴィジョンを、還元する意志が
なければ、ただのテストマニアに堕してしまいます。

自分に自信がない時期において、肩書きや数値に
すがりたくなるのは人間の常ですけれど、

(実際、初対面の方に、肩書き・学歴・数値などが
 有効な自己紹介ツールとなることは多少あるものの、
 日本では爪を隠す方が良い場合も多いでしょう。)


他者に評価された「地位」「数値」ではなく
自らが規定・創造した「価値」に基づいて、

いかにして周りを笑顔に輝かせていけるか?
…という要素が、究極に在る「知性」と感じます。


…と、この記事を書き始めたのは20日(火)でしたが
今は24日(土)の日付になっています、不思議なことに。
(「中間値」をとって22日の更新にしておきます…。)


それでは、今回はこの辺で。

いつもありがとうございます。


posted by laluz at 23:55| Comment(0) | IQ・知能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]