2012年12月13日

ふたご座流星群


皆さま、こんにちは。

「ふたご座流星群2012」ご覧になったでしょうか?

今年の極大時刻は12月14日午前8時でした、
比較的天候に恵まれたので、夜でも観易かったでしょう。

毎年12月14日ごろに見られるふたご座流星群は、
小惑星ファエトンの通り道を毎年この時期に
地球が通過する際、残されていた塵が地球の
大気層に飛び込むと燃焼・発光して見える現象。

1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群
と並ぶ三大流星群のひとつです。


2013年1月のしぶんぎ座流星群は観測条件が
良好ではないものの、8月のペルセウス座流星群は
近年稀にみる良好な観測条件ということですよ。

去年12月15日付の記事「流れ星」で書きましたが
流れ星というのは古来から人々を惹き付けてきました。

今回も多くの流れ星を(それもキレイな一等級レベルを)
目の当たりにすることができ、2012の天体年を
振り返りながら、全ての時間に感謝するばかりです。

2012年も素晴らしい年でしたが、
2013年も素晴らしい年だと確信できます。


…と、2012年もあと18日ほどあるので、
油断せず、31日まで真剣に生きなければ。。

人生においては、慢心したり、油断すると
否応なく「警告」が来るものですからね・・・

順風満帆、優雅に楽しく過ごせていればいるほど
万物に敬意を持って謙虚に日々過ごすことが肝要です。


反省点があった方は年内に意識的に修正し、
計画通りに進んでいる方は今一度気を引き締めて
栄光への幕開けに備えましょう。

それでは、今回はこの辺で。

いつもありがとうございます。


posted by laluz at 23:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]