2013年01月21日

センター試験 2013


皆さま、こんにちは。

19日20日はセンター試験でしたが、お疲れ様でした。

勉強関連記事は有益な情報がネット上に溢れている為、
ここではあまり書いていませんけれど、塾ブログとして
センター試験に全く触れないのもどうかと思いますので、
昨年度と同様、簡単に書いておきます。。


2013年センター試験は、数学TA、国語、(化学も?)
が難化するかも…という予想通り、概ねそうなりました。

平均点が高めに出ると、それ以上平均点をあげたくない
大学入試センター側としては、次年度を少し難しくして
調整を図る傾向が顕著にあるわけです。


ただ、「難化」するから気を引き締めていかないと!
という事前の覚悟があれば、予想以上に難化しても
パニックに陥りにくいものですが、「想定外」を
想定せずに臨んだ場合、「いつも通り」でない時に
「こんなはずでは…」とパニックになるのが人間です。

その辺り、2012年度の「数学UB」が鬼門に対処すべき前例と
として用意されていた分、難化時の心構えがあった人は
十分に目標点クリアできた問題セットだったと思います。


「センター試験」の方向性、根本的な思想傾向が、
少しずつ変わっているのはおそらく確かでしょうが、

学力だけではない、精神的準備まで要求されるなら
長い目で見れば歓迎すべきことかもしれません。

ただ、所詮はマーク式試験、数分のパニックで
志望を大きく左右されるのは未成年には酷な気もします…。


(難関中学入試を突破した子たちにすれば
 そんなの「ヌルい」だけだと思うでしょうけど。
 センター試験より時間はタイトだったりしますし…)



さて、概観しますと、昨年難化した数学UBは大幅に
易化した反面(大方の予想以上に解き易くなりました)、
易化傾向が続いていた数学TAが解きにくい問題となり、
総合的にはバランスをとってきたという印象です。


ただ、その数学TAも大問3の「平面図形」が手ごわいだけで
他の問題(特に大問1、4)は平易な問題だったので
上位陣は手堅く取ってきていると感じます。

去年の数UBのような危機管理を意識した人は、
大問3で時間を浪費して大問4を完答できない…
という最悪のケースを回避できたでしょう。


個人的には、教科書レベルをしっかり押さえた人なら、
UBはもちろんTAも併せて高得点〜完答が
計画的に狙える良問だったと思います。



しかし、「数学」については予想通りだったとしても、
その分「国語」が地雷だったかも知れません。。

国語も「読みにくい」文章なら読解に時間がかかりますし
そうなると必然的に「時間不足」に陥ります。

センター国語については、そもそも「読解力」試験では
ないわけですが、ある意味パズル問題としての解き方を
知っている人と知らない人とで格差が大きくなるのは、
あまり良い傾向ではないでしょうね…。


いや、読解力は、国立大2次試験(個別学力試験)で
個別に見るから問題ない、センター試験は第1関門だから
速読力・即解力を見るのだ、というなら合理かも知れません、


ただ、理系志望でも2次で記述国語が課せられるのは
東大と京大くらいですし(推薦などは除くとして)、

記述国語が課せられない大学・学部では、
センター国語でしか国語力を問わないことになるので、
国語力=読解力ではなくなっている気もします。

じっくりと長編を熟読熟考するなど、センター国語の前では
あまり意味がありませんからね…速読即解できないと。


…と、ちょっと脱線してしまいましたが、
センター国語と割り切ってしまえば良いものの、

初日で「国語読解という地雷」を踏まずに、淡々とパズルを
解けたかどうかで二日目の出来に影響があったと思います。

不測に備える試練として乗り越えるしかありません。


…長い割には内容に乏しい記事ですが
とりあえず今回はこの辺で。

センター試験で満足いく結果が出た人も、
色々とミスしてしまった人も、

気持ちを入れ替えて、次の個別試験に
臨んで下さればと思います!



posted by laluz at 08:00| Comment(0) | 学習(高校生)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]