2013年01月28日

「 生体防御システム 」


皆さま、こんにちは。

ちょっとご無沙汰してしまいましたが、
お変わりなくお過ごしでしょうか?

時期的に、勉強の記事を書こうと思いながら
大学入試問題や、灘中など難関中学入試など目を通し、
なんとなく面白い記事になればよいかなと試みたものの、

なんとなくボツになる記事が多く、
未更新が続いてしまいました。。


怠惰で更新しないというよりは、以前よりも
記事公開へのハードルが上がっているというか…
草稿自体は意外と溜まってはいるのですけれど。

にもかかわらず、ご訪問下さる方は依然として
多くいらっしゃるようで光栄に思います。


さて、インフルエンザ流行の季節であります、
受験生の方は体調管理も戦略の一つになりますね。


今回も未更新が続いたので、体調をご心配下さる方も
おられますが、私は極めて元気なので大丈夫です。。

(最高レベルの「生体防御システム」を有すると
 勝手に思ってしまえるくらい能天気なので。)


あらゆるウィルスの侵入をブロックし、仮に
一部侵入を許しても早急に鎮圧化できるシステムに、

穏やかな感謝の心を以て、絶え間ない働きを慈しみ、
労っていると、体調不良に陥る可能性は極小化します。


実際、瞬間瞬間ごと、身体の免疫システムは
働いてくれていますし、あらゆる生命維持機構に
畏敬の念を以て、働かせ過ぎないようにしましょう。

要するに、身体に過度な負担を掛けずに
ムダな仕事の量は可能な限り減らすという配慮です。


これは身体組織に対する場合だけでなく、
家庭や企業、自治体、国家あるいは地球という
あらゆる組織体において当てはまることでしょう。

各々が少し考えて行動すればムダな労力が減るのに
その配慮を怠り、余分な働きを周りに強いる者に
人望も幸運も寄って来ないように、

身体への労わりの出来る人は、体調も良く
生気に充ちていくことで活気も引き寄せます。


自己身体への労わりを習慣化した人は、
相手に対する身体への配慮も自然とできますし、
家族や組織システムへの配慮もできるでしょう。

神ならぬ人間は、単独では生存できません。

だからこそ、他の存在への敬意を以て、
周りが喜んで支援して下さるような存在に
各々が進化していくことが「組織」の進化です。

まずは、自己の「生体防御システム」に
感謝することから始めて、家族やその周りへと、

自己を取り巻くあらゆるモノの支援を感じ、
自分の力が支えられてきた軌跡・奇蹟に思い至るなら

その力は、より一層引き上げられるでしょう!


受験生の方々だけでなく、あらゆる舞台で
ご活躍されていかれる聡明な皆さまにおいて、
その御力が更に解き放たれますように!



それでは、今回はこの辺で。

いつもありがとうございます。


posted by laluz at 23:30| Comment(0) | 健康面について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]