2013年05月02日

2013年5月の始まり


皆さま、こんにちは。

2013年 第4番の月も過ぎました。
2013年の約33%が過ぎたことになりますね。


5月2日は八十八夜でした。
立春からかぞえて88日目にあたる日。

八十八夜は春から夏に移る節目とされただけでなく
八十八=米(88歳を米寿の祝いというように)、
即ち夏への準備に縁起の良い日とされてきました。


「八十八夜の別れ霜」と言われるように、この頃から
霜もなく安定した気候となり、茶摘み、籾まきなど
一般に農作業の目安とされてきましたが、

同時に「八十八夜の忘れ霜」ともあるように、
急に気温が下がって霜が降ることもあります。

霜なくて 曇る八十八夜かな 子規

当時の農家の方々にとって(現代でも同様でしょうか)
霜が降りるか否かは良い作物が収穫できるかどうか
大きく左右したことでしょう。

太陽はなく曇りであっても、霜が降りなかったことに
安堵した人々の気持ちを(正岡)子規の詩から感じます。

今年も少し気温が下がって、肌寒い地域もありましょう、
たとえ曇りの時であっても心持ちとして晴れやかに、

心の中にこそ太陽のごとき精神をもって
有意義な日々をお過ごし下さいますように。



兎も角、春光を浴びて万物が健やかに育まれる季に
皆さま方と穏やかな時間を共有できたことは幸いです。

長いお付き合いをさせて頂いている皆さま、
新しくご縁ができた方々の日々のお心遣いに
いつもながらの感謝を述べさせて頂きます。

万葉の風が心地よい中、5月も知的な出会いに充ちていることを

皆さまと共に心から喜びたいと思います。



5月も宜しくお願い申し上げます。


posted by laluz at 23:30| Comment(0) | ラルース進学塾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]