2013年07月10日

「 ありがとう 」


皆さま、こんにちは。

今回も更新期間が開いてしまいましたね…

夏日が続く日々となりましたけれど、
健やかにお過ごしのことと思います。

去年の今頃も「形あるもの」の記事で書きましたが、

今年も今生の別れを告げる機会がありました。

常々、至上の日々を送らせて頂いていると公言し、
皆さまに日々感謝申し上げるばかりの身ですので
葬送=不幸 という概念は全くありませんけれど、

自らとして最大限の感謝を捧げていたつもりでも
それ以上に遥かな高みから自分が守られていたことに
否応なく気付かされると、惜別の念は禁じ得ぬもの。


ただ、齢90を数えながら、神々しいまでの
美しい顔付きで、永遠の眠りにつくというのは
最期の去り方として憧れるものですね。。

類稀な才能や顔立ち、特異性など…多くのものを
私に授けてくれた偉大な存在に 敬礼するばかりです。

( お弔い下さった方々には改めて御礼申し上げます。
ちなみに 我が両親はこの上なく健在です。。



…と、ここから本題に入るつもりでしたが、
やはり「回」を改めることにしようと思います。


全ては「一期一会」の連環、

今あることを当然のことと軽んずることなく
「在・不在」「生・死」は表裏のものとして

選ばれた時間共有に 最大の敬意を払いながら
互いを高め合えることに感謝して参りましょう。



いつも本当にありがとうございます。


posted by laluz at 23:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]