2013年09月02日

2013年9月の始まり


皆さま、こんにちは。

2013年 第8番の月も過ぎました。
2013年の約66.6%が過ぎたことになりますね!

最早3分の2が過ぎましたが、年頭の決意・祈願なり
各々の期する通り運んでおられるでしょうか?


期待以上に順調である方は、そのまま謙虚に感謝しつつ
2013年の終幕を駆け抜けて下されば良いですし、

様々な事情で予定に遅れが生じている場合でも
まだ残り3分の1ありますから確実に修正しつつ
2014年の栄光に繋がる形で挽回されればと思います。

ともかく皆さまの御助力で、今年の「夏の陣」も
崩れることなく、無事に乗り切ることができました。

私の体調不良で休講にする事態は有り得ませんけれど、
(「風邪等でのお休みは認めません」と公言する以上、
 その当人が体調を崩すようでは示しが付きません。。)


それも皆さまの万事に渡るサポート・御配慮のお陰と
改めて実感し、深く感謝申し上げるばかりです。



閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声  芭蕉

「喧騒」の中の「静寂」。
「怱忙」の中の「清閑」。(句の趣旨からは外れますけれど)

芭蕉がこの句を詠んだのは新暦7月中旬ですけれど
9月でも尚、かすかに蝉の声は聴こえます。

しかし、大勢は「秋の鳴き声」に移り変わる頃合い。

拙宅の庭でも蝉たちが地上に這い上がりますが、
まるで地上から天界に上がってきたかの如くに
抜け殻が寂しくポコポコと遺されています。


短い生の中、懸命に声を上げていた蝉たちも少なく
ただ静かに佇む岩から、蝉の声が響き渡るような
そんな夏の余韻を感じさせる季節の境目です。


我々も有限の中、学問研究にせよ遊びにせよ
真摯に味わい、楽しんで参りたいものですね?

9月も素晴らしいご縁で充ちていることを
皆さまと共に 心から喜びたいと思います。

至極の秋をお過ごし下さいますように。
いつもありがとうございます。



posted by laluz at 23:55| Comment(0) | ラルース進学塾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]