2015年04月04日

2015年4月の始まり


皆さま、こんにちは。

春光うららかな季節を迎え、益々ご清栄のことと存じます。

2015年 第3番の月も過ぎていくことで、
2015年の約25%が過ぎたことになりますね。

2015年の4分の1の時間が過ぎ去って行きましたが
4月という新しい区切りに際して 心機一転
各々を進化深化させて参りましょう。

(…といいつつ実際の更新が遅くなりましたけれど、
 ハプニングで書き置きしていた記事が消えてしまい
 2回目を書くのが少し億劫になっておりました。。
 その時の感性で走り書きしているところがあるので
 2回目では内容も少し変わってきますが気を取り直して)





樫の木の 花にかまはぬ 姿かな 芭蕉


(華やかな桜の季節にあっても 樫の木はいつもと
 変わらず堂々とした姿であるものよ。)




日本の各地で桜が優雅に咲き誇る季節、
拙宅の眼前でも変わらず桜は咲いています。
(昨年度も桜の句で述べましたように)

知る人ぞ知る桜の名所という風情でしたが
歳月を経るにつれて集まる人々も増えました。

葉桜に変わって遠来の花見客も来なくなった頃、
地上一面に散らされた花びらとともに
眺める桜見が個人的には最も風情を感じます。

真夜中に誰もいない中での月夜の桜、
雨天で人がいない中の桜の佇まいも。

(それって単に人混みが好ましくないだけじゃないの?
 とご指摘を受けそうですが、否定はできませんね…)


そして言うまでもなく桜以外の木々も
桜ほど分かりやすい表現をしないものの
色々な表情を見せてくれてくれます。


周りの喧騒に浮かれ惑わされることなく
常に変わらずに堂々と屹立する木々に触れると
人間より悠に長い年月を生きる生命体の偉力に
畏怖と尊敬の念を自然と抱かされるものです。

人世においてはお祝いの雰囲気も色濃い4月ですが
過度に流されることなく、揺るぎない信念を持って
堂々と大地を踏みしめて参りましょう。

麗らかな時も苦難の時も久しく在り続ける木々を想い、
自らを支えて下さる遍く助力に報いて行かれますように。



穏やかな創造の光を浴びて 万物が活力を漲らせる季に
皆さま方と温かい時間を共有できることは幸いです。

長いお付き合いをさせて頂いている皆さま、
新しくご縁ができた方々の日々のお心遣いに
毎月のことながら感謝を述べさせて頂きます。


春光の中、4月も素晴らしい出会いで充ちていることを
皆様と共に心から喜びたいと思います。

いつもありがとうございます。


posted by laluz at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179134501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック