2016年12月31日

2016年の終わり


皆さま、こんばんは。

いよいよ2016年を見送って、
2017年を迎える時となりました!

2016年の日々も 皆さまには
公私にわたって大変お世話になりました。

毎年同じことを申し述べておりますが
2016年も有り難い日々を過ごせましたのは

ひとえに皆々様の温かいご支援のお蔭と
ただただ感謝するばかりです。



去年今年 貫く棒の 如きもの


(こぞことし つらぬくぼうの ごときもの)



高浜虚子の句です。元日に挙げるのがベストでしょうが
この記事を書いているのもあと少しで正月という時なので
この文章を読まれる頃には時宜に適うでしょう。

年が変わる瞬間、ほんの少し前は既に「去年」で
もう今は「今年」という一つの節目に際して、
その底流に雄大に流れている「摂理」はまるで
土台を支える棒のように一貫してそこに在ると。

時々・日々・月々・年々・・とそれぞれの時間尺度に
沿って刻々と変容は繰り返されていきますが、それでも
万象を貫く「理」はいつもそこに在ります。

自ら、あるいは宇宙全体を貫く棒=「理」を
何とするかは各々の思想・世界観によるでしょうが
それが何であれ自らが規定する確かな拠り所があれば
どのような変容(能動的・受動的問わず)に際しても
重心が大きくブレることはないでしょう。

2016年2017年という小さな節目にあっても
いつもそこにあって変わらないものに想いを致し、
どのような激動であっても自らの方向性を狂わさない
確かな支点として 絆を新たにして下さいますように。

…と、ちょっと表現が分かりにくいですね…
とはいえ「変わらないもの」「激動」「方向性」
「絆」という言葉に対して全ての含意を説明するのは
あまりに長くなりますし、読まれる方の感じるままに。


2016年の日々から学ぶところが多々あったと思いますが、
それら全て自らを確かに支える精神の幹として
2017年の日々も存分に吸収して参りましょう。


兎にも角にも 2016年の終わりに際し、

私と時間を共有している生徒さんやご家庭、
関係諸子の方々全てに心から御礼申し上げます。

この1年間の御高恩に対する謝意を
言い尽くすことはできませんが…
2016年 ありがとうございました。



posted by laluz at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179123392
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック