2021年12月30日

2021年の終わり


皆さま、ご無沙汰しております。

いよいよ2021年を見送って
2022年を迎える時となりました。

2021年は「ラルースの塔」更新を全くしない年に
なりましたが、 皆さまご健勝のことと存じます。

更新こそ致しませんでしたが、2021年
関係各位には大変お世話になりました。

2021年も手放しで喜べない情勢ではありましたが
日々自らの研鑽に励むのみですね。



明日よりは 春の初めと 祝ふべし
 今日ばかりこそ 今年なりけれ



明日よりは新春を祝うことになる。
まさに今日だけが今年となったものよ。



勅撰和歌集「続後撰集」所収
藤原公実(ふじわらのきんざね)の和歌です。

文字通り「大晦日」に皆がふと思う感想でしょう。
世界的に悲喜交々(こもごも)あった年とは思いますが、
それでも2021年は幕を閉じて、新たな年を迎えます。

色々と窮屈な面もある「新しい生活様式」下でも
じっくりと力を蓄えて飛躍して参りましょう。


兎にも角にも 2021年の終わりに際し、
皆々様に心から御礼申し上げます。

この1年間の御高恩に対する謝意を
言い尽くすことはできませんが、
2021年も本当に有難うございました。


posted by laluz at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記