2020年11月18日

この世に客に来たと思えば


こんにちは。11月2回目の更新です。

日本は比較的平穏でありますが、
世界的には更なる荒波が来そうですね…


「この世に客に来たと思えば」

この題名の続きは「何の苦もなし。」


この世に客に来たと思えば何の苦もなし。


これは「伊達政宗」の言葉とされることも多いですが
近年の研究では別人の言葉であるようです。

本当に 政宗公の発言 かもしれませんが
どの記録にも残っていない以上、後世の我々に
その真偽を確認する手立てはありません…。


さて、文字通り「この世界に"客人"として
訪れたと思えば、何も苦に思うことは無い。」と。

丁寧にもてなされる場合もあるでしょうが
質素で不便に扱われることも多いでしょう。

しかし、風雨をしのげ、最低限生かされているなら
客人としては文句を言うことないではないかと。

この辺りは、深遠な教えの多くに共通しますね。
「ただ生かされている身」であることの自覚。


この言葉には前後の文脈があるのですが、
この一節だけ取り上げる方が深い気がします。

元の文脈では、

「倹約の仕方は不自由を忍ぶにあり、
 この世に客に来たと思えば何の苦もなし。

 朝夕の食事は、うまからずとも誉めて食うべし。
 元来、客の身なれば好き嫌いは申されまい。」


・・というように、あくまで質素倹約は
「不自由を忍ぶ心」に核心があるというものです。

もちろん 理不尽な処遇・仕打ちを全て甘受せよ
という趣旨ではありませんが、倹約に留まらず、

外的要因に揺らぐことのない強靭な精神を
養う指針としては奥深いと思います。


コロナ禍での不自由不便な生活は
今後しばらく続きます。冬にかけて
改めて自粛・自律が求められるでしょう。


「この世に客に来たと思えば何の苦もなし。」


悲喜こもごも色々とあるでしょうが
不便・不自由の時こそ「学び」は多いものです。


posted by laluz at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記