2020年09月18日

秋の光


皆さま、こんにちは。

少し遅くなりましたが 9月2回目の更新です。

すっかり秋らしく、過ごし易くなりましたが…
コロナウイルスとの共生という社会においては、
大小様々な影響が圧し掛かっていますね。

とはいえ、後ろ向きになっても無益ですし、
有難き日常に一層感謝できるだけでも有益です。



三日月の 野原の露に やどるこそ
 秋の光の はじめなりけれ


藤原俊成(ふじわら の としなり/しゅんぜい)
(1114年〜1204年12月)の和歌です。『千載和歌集』の撰者でも。


三日月が野原の露に宿るのが 秋の光の始まりなのだ…


という非常に優美な情景ですね。

「野原」という場所自体が都市部では無くなりましたが
それでも「露」は見ようと思えばどこにもあります。

ただ、その露に宿る「三日月」をみつけ、
その光を感じるというのは…心を静かに
意識的に見ようとしないと絶対に無理ですよね。

光害の中では、露の中の光どころか
天空にある三日月さえ感じにくい現代ですが、

少なくとも心持としては、それくらい穏やかに
ほのかな光を感じられるほどのゆとりを持って
日々の風流を忘れないようにしたいものです。

人との距離感が変容し、ギスギスしがちな今こそ
日頃気付けなかった「至近距離」を再考するのも
また有意義な秋の学びかと思います。


それでは、今回はこの辺で。

季節の変わり目で体調管理が難しい時期です、
くれぐれもご自愛下さいますように。


posted by laluz at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月04日

2020年9月の始まり



皆さま、こんにちは。

2020年 第8番の月も過ぎました。
2020年の約67%を終えたとは速いものですね…



大空に 群れたるたづの さしながら
思ふ心の ありげなるかな




『拾遺和歌集』284番 伊勢の御 の和歌です。

「たづ」とは「田鶴」=「鶴」のこと。


大空に群れて飛ぶ鶴も 一つの方向を指して行く…
さながら彼らにも思うところがあるかのようだ


この和歌を詠んだのは祝賀の意だったので
「思うところ」は「祝賀の心」を意味します。

現代社会はコロナ禍で、祝賀ムードには
なりにくい世情ではあるましょうが…


ただ、気持ちの持ちようは「人生の浮沈」も
左右しますからね、内心では幸福感を持ちつつ
日々生きていくのに越したことはありません。

そういうわけで、「鶴」はともかく
日々の何気ない「事象」においても
ああ、何かを祝っているのかなぁと
穏やかな心持で過ごして参りましょう。



「2019年9月の始まり」でも述べましたが
自身の「心」が、鏡のように世に映る
という信じがたい真理を、改めて考えるに
「秋」というのは相応しい季節ですからね。


それでは、今回はこの辺で。

素晴らしい9月の日々をお過ごし下さい。


(今月も情勢が許す限り 16日前後に
 もう1回更新できれば良いなと思っています)
posted by laluz at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾