2020年06月18日

静かな激流


皆さま、こんにちは。

とりあえず6月2回目の更新ですが、
もう既に18日となってしまいました、
16日前後にチェック下さった方には
お手数おかけしてすみません。

充実しているからとはいえ時間観念を
完全に捨て去るのも善し悪しですね…



五月雨を あつめて早し 最上川

(さみだれを あつめてはやし もがみがわ)


有名な松尾芭蕉の句です。

2014年4月〜2017年12月の毎月初に芭蕉を
引用してきましたが(1月は万葉集ですけど)
久しぶりの引用です。

五月雨(さみだれ)と言うのは
新暦6月の雨なので我々にとっては
今頃の「梅雨」に当たりますね。

梅雨の水が集まって、本当に流れが
はやい最上川だと驚嘆する情景です。

ただ、「あつめて早し」の「早し」というのは
難しいですよね、「速し」ではないのか?と。

「速い・早い」の違いは一般常識と言えますが、
その使い分けは存外に難しいところです。

「仕事が早い」「仕事が速い」
「電車の方が早い」「電車の方が速い」


…上記のどちらも文法的に正しいですが、
話者のニュアンスは違います。

私が「時の流れは速い」「時の流れが早い」と
一応使い分けているのもそういう意図があります。



この「川のはやさ」も速いのか早いのか。

俳聖・芭蕉があえて「早い」とした以上は
「物理的速さ」よりも「時間的・体感的早さ」を
表したかったのだな?と一応推測できますが、

そもそもこの句の初案は・・

五月雨を あつめて涼し 最上川

「涼しさ」から「早さ」に変わったわけですね。


ともあれ、現代の我々の状況下においても
梅雨期で「涼しいなぁ」というよりは
「静かなる激動」という体感の方が強いです。

2月からの対コロナ社会になってから
「あっという間」で「はやいなぁ」と
感じる方も多いでしょう。


学生・社会人から第一線を退いた方まで
それぞれ感じ方は異なるでしょうが、
「静かなる激流」の中で転覆しないよう
油断することなく気を引き締めながら
各々の目的地を目指して参りましょう。

何だかんだ言っても「日本の未来は明るい」と
思えますし、そうして行かなければなりません。

暑さで気力・体力も奪われる時期に入りますが
今一度「身を祓い清めて」真夏に備えたいですね。



それでは、今回はこの辺りで。

いつもありがとうございます。


posted by laluz at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記