2020年05月17日

母君への感謝


皆さま、こんにちは。

コロナ禍も収束の兆しを見せつつありますが
終息までは時間がかかりそうな状況下
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

とりあえず5月2回目の更新です。



真木柱(まけはしら) ほめて造れる 殿のごと
いませ母刀自(ははとじ) (おめ)変りせず


麻氣波之良 寶米弖豆久礼留 等乃能其等
已麻勢波々刀自 於米加波利勢受


(真木柱を讃えて建てた立派な御殿のように、
 母上もお変わりなくお元気でいて下さい。)



『万葉集』 巻20-4342
坂田部首麻呂(さかたべのおびとまろ)

駿河国から九州に防人(さきもり)として
旅立つ時に詠んだ和歌です。


日本神話や祝詞(のりと)に親しんでいると
「柱(はしら)」という概念の深さに気づくでしょう。

神々を一柱(ひとはしら)、二柱(ふたはしら)…と
表現することからも「深い意味」を推察できます。

「宮柱太敷き立て(みやばしらふとしきたて)
高天原に千木高知りて(たかまのはらに ちぎたかしりて)」


という表現も、ただ大きいとか高いというに留まらず、

「柱」が大地の底深くから天空にまで届いている
スケール…太い柱が、大地と天空までを繋ぐような
壮大な神殿=「国」の建設描写であると言えます。

そもそも「ハシ」という語は
"こちら側"と"あちら側"を繋ぐ
という意味から来ていると言われます。

橋・箸・ハシゴ・走る…など、
なるほどと思いますよね。。


さて、前置きが長くなりましたが、
今回の和歌の「真木柱」という語も
その深さが分かってくるでしょう。

家の柱を立てる時には、祝福の言葉で褒め讃えながら
末永く建物を守ってくれるよう祈って建てたことが
読み取れます。

天地を繋ぐ大いなる自然の威力だけでなく
自分の家を支えてくれた大いなる母君へ、

揺らぐことない柱でそびえる神殿のように
いつまでもお変わりなくお元気でいて下さい
…という最上の祈念の言葉です。



「母の日」は過ぎましたが、お互いが感謝しあうのに
「機会が過ぎる」ということはありません。

コロナ禍で 母親業のご負担が増しておられる
ご家庭も多いことでしょう。ただ、一本の柱に
負荷をかけるのではなく、それぞれの柱が
負荷を分散させる方が「神殿」は長持ちします。

互いに敬意と感謝を持ちながら苦楽を
シェア分散していくことが家族であり国家です。


…と、話が大げさになりましたが、
遅ればせながら「母の日」に際して
お母様方のご苦労には心より敬意と
感謝を申し上げます。

それでは、まだまだ油断できない情勢ですが
皆さま日々ご自愛下さいますように。

いつもありがとうございます。

posted by laluz at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月05日

2020年5月の始まり



皆さま、こんにちは。

2020年第4番の月も過ぎていきました、
2020年の約33%が早くも経過しましたが…

やはり今までにない異常事態なので
時間・季節感もズレますよね…


…毎月4日にはアップしているところ
今回ちょっと間に合いませんでした。
ご訪問下さった方ありがとうございます。




けふもけふ あやめもあやめ変らぬに
 宿こそありし宿とおぼえね



(去年と同じ5月5日の今日、見る菖蒲も同じなのに
 人がいなくなった家だけは 同じと思えないものだ…)


『後拾遺和歌集』213
 伊勢大輔(いせのたいふ)の和歌。
(中古三十六歌仙の一人)


昨年度は「元号も新たに祝賀ムードですね」
と述べたのが、不思議なくらい静かな5月です。

街並みも「人が少なくなって」
同じ日、同じ景色でも、同じ街とは思えない
…という心境に近いものがあります。

コロナ感染リスク以上に、生活に困難を極めて
おられる方々もいらっしゃると思いますので
あまりなことは申し上げられませんが…

全ては必然として、この大変動の機に
社会の膿を出し切っていくしかありません。


個人的には 趣味を兼ねて 新しいことを
始めたので、なかなか有意義な日々です。

嘆いても仕方ありませんし、全ては移り行き
変わらぬものは何もない世界ですので、
然るべき流れを読みながら生きていきましょう。

それでは、今回はこの辺で終わります。


長いお付き合いをさせて頂いている皆さま、
新しくご縁ができた方々の諸々の御配慮にも
併せて深く感謝申し上げます。

5月の緑風が 細やかな至福をもたらすことを
皆さまと共に心から喜びたいと思います。

いつも本当にありがとうございます。



(今月も世界情勢が許す限り 16日前後に
 もう1回更新できれば良いなと企んでいます)

posted by laluz at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾