2020年04月05日

2020年4月の始まり



皆さま、こんにちは。

2020年 第3番の月も過ぎていきました、
2020年の約25%が早くも終えたわけですが、

今年はコロナウイルス禍で 例年のように
春を満喫するという機運ではないのが心苦しいです。


闘病されておられる方はもちろんのこと、
現場で文字通り砕身粉骨日々支えて下さる
医療関係者の皆様に一刻も早く安らぎの時が
訪れるよう心から祈るばかりです。

悲観的なことは言うべきではありませんが
さすがに数日で収束するものではないので
(むしろ拡大する可能性の方が高い…)
皆様くれぐれもご自愛下さいますように。

さて、ここで終わってもよい状況ですが、
さすがに前回も簡単なご挨拶だけだったので
いつもながらの季節の和歌を引用します。




花の色は 霞にこめて 見せずとも
 香をだにぬすめ 春の山風


(桜の色は 霞に閉じ込めて見せないとしても
せめて香りだけでも盗んで届けてくれ、春の山風よ)



『古今和歌集』巻二91 遍昭(へんじょう)の和歌。
遍照は、三十六歌仙の一人です。

桜が咲き誇り、日本においては入学入社など
新しい舞台に進む方も多い晴れやかな時季…

…のはずが、今季は卒業式・入学式も
感染防止策の一環として中止・簡素化の
ところも多いと耳にします。

入試自体も中止になったところもありますし
文字通り振り回された方もおられるでしょう。

そういう意味で、折角の晴れ舞台を
晴れ晴れしく祝えない状況はもどかしい
と思いますが、儀式はあくまで儀式
本質的・人格的に咲き誇っていれば
それこそ最高に素晴らしいのは確かです。

遍照の和歌のように、いつものような
桜の色は霞がかっている状況ではありますが
輝かしい一歩を進めているのは事実。

こういう時勢だからこそ出来ることを
粛々と進めて参りましょう。


それでは、簡単ながら今回はこの辺りで。

いつもありがとうございます。


(今月も運命が許す限り16日前後に1つ更新したいところです…)

posted by laluz at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾