2019年06月17日

香りを聞く


皆さま、こんにちは。

6月2回目の更新を。

「父の日」について書いていたのですけど
16日までに更新できなかったので何となく
テーマを変えて書き直し中です。

とりあえず「題名」だけ入れていますが
個人的に好きな分野だけに 普通に書くと
ものすごく長くなります。どこまで
短くカットするかがポイントというか。

次回は16日前後に…と書いていたものの
17日中に更新完了できていないかもなので
あらかじめ言い訳しておこうと思います。

定期的にチェックして下さる方々
いつもありがとうございます。

今宵は 満月です
リラックスした夜をお過ごし下さいね。


----------------------------------------------------
(ここから続き)


さて、今回は「香り」をテーマに。

「『力』を考える」=「嗅力」でも
良かったのですけど、あまり厳密に捉えず
ゆるやかに 香り というものを
考えてみたいと思います。


香り(薫り/馨り)とは…

1 よいにおい。香気。
2 顔などのにおいたつような美しさ。


(『デジタル大辞泉』)



匂い(におい)も本来「鮮やかな色彩が
美しく映えること」を意味するように、
嗅覚が好ましいと感ずるものを指しますね。

好ましくないものは「臭い(におい)」と
書くことが多いでしょう。

ある「におい」を不快・嫌だと感じると、
その「におい」=「臭い」と処理され、
逆に 快適・良い・落ち着くと感じると
その「におい」=「匂い・香り」になると。


嗅覚に関与する「におい物質」は、
約40万種以上存在すると考えられていますが、
嗅覚は他の4感覚(視・聴・味・触覚)と違い
直接本能に作用すると言われています。

他の4感覚は、視床・大脳新皮質などを経てから
大脳辺縁系に情報が伝わるのに対し、嗅覚だけは
大脳辺縁系に直接届いているためです。

嗅覚は理性より本能・感情が先に働くので
「におい」は 人の本能や潜在意識、
感情を否応なく刺激していると言えます。



うーん、コワいですね…。

「におい」は 対人に限らず、
対象の印象を大きく左右します。

特に女性は脳の嗅覚野が 男性より
発達していると言われますので、
匂いに敏感に反応する状況も多いでしょう。

それこそ「好印象な香り」漂う人には
(本能的に?)自然と好感を抱くでしょうし、
逆に今まで好意を持っていた相手でも
我慢できない「臭い」と分かると、
百年の恋も醒めるほど生理的にムリ!
となってしまうことさえ起こります。

だからこそ現代の消費生活においては
食品・飲料や洗剤・美容品などなど
ありとあらゆるものが 購買意欲を充たす
匂い・香りであるよう研究開発されています。

まあ、好みである「香り」かどうかは
それこそ千差万別で、一般的には
クサい臭いでも、ある人には好きな匂い
(例えばタバコの匂い、汗臭さとか)
だったりするので、難しいところですけど…


基本的には「におい」について
しっかり知って学んでおくことは
現代で知的な生活を送る上では
必要不可欠と感じるわけです。


・・・私個人としては、
老若男女問わずお教えする立場上
人と至近距離でお話する機会が多く
対人マナー的な「におい」には
意識を払う方だと思います。

生活環境として、父がインセンス(お香)を
焚いていたり、ディフューザーで
癒しのアロマが漂っていたり、母も上品に
フレグランスをまとっていたりと
比較的「香り」に囲まれていました。

(というか5感の中では 嗅覚が最も秀でていると
 自分では感じます。嗅覚のお陰で味覚も。)


それゆえにフレグランスやアロマも好きで
ご造詣の深いお母様・お嬢様方とは
「香り」歓談することもあったりしますが、
幼児や愛犬・愛猫がいるご家庭では
「香り」も避けた方が良いので、

対人ではお相手が不快とならないよう
消臭を意識することが一番大事です。


ただ、この「消臭」というのが
突き詰めると難しいんですよね。。

例えば、ストレス・疲労・病気などで
身体のメカニズムが狂っていると
自分では気づかない「臭い」を発します。


フレグランスや消臭スプレーに頼る以前に
「理想的な消臭」を図るには 何より
「身体機能の完璧な調和を図る」
という この一点に尽きるわけです。



歯周病や 口腔内の細菌バランスが
崩れるとイヤな口臭に表れますし、
肝機能・腎機能の低下、血液環境の
乱れによっても体臭・口臭として
知らず知らず不快臭気を漂わせる事態に。。

精神面・身体の内面環境・バランスが
そのまま呼吸や皮膚を通して、
外の世界に「におい」として表れます。

この辺りでやっと題名に
近づいてきましたけど、
要するに「におい」を聞くこと。

身体のメッセージとしての「におい」を
しっかり受け止めて、臭いではなく
匂い、更には「香り」に高めていくことが
ある意味「消臭」の極みかと思うのです。



自身は極少食で 肉も好きではないので
汗臭さ・獣臭さは出にくいと思いますが(多分)、
生徒の子に「先生って良い匂い」と言われると
それはそれで素直に嬉しいものです。

不快な臭いにはなっていない証なので。
「嗅覚疲労」のせいで自分のニオイは気付きにくいですからね。



「臭い」ではなく「匂い」「香り」に
まで体臭が昇華したなら、それは
文字通り健康そのものでしょう!

人間に限らず、動植物も調和よく
健康体であれば、本来の「匂い」を
元気いっぱいに発します。

聖地・霊山であれば神聖荘厳な香り、
静かな森林では、優しい香りに満ち、
我々の心身を調律し、癒します。


聴覚的に優しい音を聴くだけでなく
嗅覚的に癒しの香りを聞くことで、
心身のバランスが確かに整えられます。

逆もまた然りで

不快な音(声)を聴いたり
不快な臭気を嗅ぐだけで、
心身のバランスは確かに狂います。

その意味で、
「におい」はマナーであることを超え、
相手の生気・元気さえ左右しうる
重要な要素だと言えるでしょう。



ただ、親しい者であれば、
「におい」の悪化も気付きやすいので
体調変化(悪化)も慮ることが出来ます。

実際、人間より1000倍〜1億倍も優れた
嗅覚を持つ犬たちは、人の呼気や便、
体臭などから、体内の異変・病の兆候を
嗅ぎ分けることが出来ると言われています。

心配そうにクンクンする愛犬なら、何らかの異変を
察知して情報を正確に集めようとしているのかもしれません。

愛犬家の方なら完璧にご賛同頂けると思いますが
人間以上にコミュニケーションは取れるので、
その場合は念の為、病院で検査すると良いでしょう。



愛犬たちは、飼い主のニオイを聞いて
いつまでも好きな匂いであれるように
チェックしてくれていますが、それは
人間同士でも同じこと。

まあ 他人同士ではニオイを指摘するのは
難しいところですが、親友・恋人・配偶者
など心許せる間柄なら、いつまでも互いが
好きな匂い・香りであり続けるように、

各々がしっかりと体調管理しなければ
いけないね、と改めて思った次第です。



・・・というわけで、自分はもとより
外界のあらゆる「におい」に触れて
そのモノが本来持つ「香り」を聞くことは
とても芸術的な営みでは?というお話でした。


「香りを聞く」と拡げてしまった手前
香道・アロマテラピー、フェロモンと恋愛など
触れてアート話にまとめたかったものの
既に長くなったので今回はこの辺で。



これから益々蒸し暑くなって
「におい」管理も難しくなりますけど
内面から香気が漂うような知性・品位を
お互い のんびり育てて参りましょう。

いつもありがとうございます!


posted by laluz at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アートな話