2019年02月04日

2019年2月の始まり



皆さま、こんにちは。

2019年の初月が過ぎていきましたが、
皆さま 益々ご清栄のことと存じます。

(「新年の誓い」…2018年に引き続いて
未更新のまま時宜を過ぎてしまいました。
今年はどうかな?とチェック下さった方には
お手数だけおかけして、すみません。)


2016年以来の「新年の誓い」記事更新ならずも

( 正確には「書いていた」のですけど
特別参拝に関して頂く御質問等に触れて
やや深入りした内容になってしまい
そのままお蔵入りしたといいますか、)


元日の恒例儀式として「精神を純化する」
神宮参拝を今年も終え 2019年の至高の日々と
来る2020年の開幕に御礼申し上げた次第です。

神宮には1年(或いは生前全て)の感謝を
申し述べに参りますが、その意味合いと等しく
皆さまにも 心からの御礼を申し上げます。


去る1月は センター試験・成人式と、
人生の節目となる行事がありましたけれど、

どのような経路にせよ 確かな志がある限り
目的地へ近づいているのは間違いありません。

節分を経てまた新たに与えられる日々が
充たされたものでありますように。



さて、2017年までは芭蕉の句を引用し
2018年からは西行法師の和歌から…
という流れでしたが、2019年は
特定せずに引用しようと思います。



雪のうちに 春はきにけり 鶯の 
 こほれる涙 いまや解くらん



(まだ雪の残っているうちに春が来ましたね、
 春を待っていた鶯の氷った涙も今は溶けているでしょう。)




『古今和歌集』巻一4番・藤原高子の歌です。

二条后の春のはじめの御歌 との詞書。
二条后=藤原高子(ふじわらのたかいこ)は
清和天皇の后で、陽成天皇の母(842-910年)。

『伊勢物語』における、在原業平との
恋愛物語でも有名な御方でしょう。

白玉か 何ぞと人の 問ひし時
露と答へて 消えなましものを


(あれは真珠?何?とあなたが聞いた時に
露というものですよと答えてそのまま私も
露のように消えてしまえばよかったのに。)



この『伊勢物語』の箇所は教科書等で
習う方が多いとは思いますけど、
藤原家としては皇后とさせたい高子を
業平との恋路などで無にする訳にはいかず
無理やり引き裂くという場面ですね。

…と、この辺りの背景、その後の展開を
踏まえてみると また違った意味合いを
読み込めましょうが、シンプルに捉えても
それはそれは 優しい歌だと思います。


2018年の世相を表す漢字が「災」と
なったように、多くの涙が流された
年でもありました。

2019年立春を迎え、冬に凍った涙も
溶け出されて、慶事には笑い涙と
変わっていけるよう願うばかりです。


既に春の陽気を麗らかに感じておられる方も
厳しい寒さの中を 頑張っておられる方も、
新しい春の巡りに際し、各々の「雪解け」が
雅に訪れる日を 祝福下さいますように。

適時適切に為すべきことを為していれば
自然の摂理に従って 雪が溶け出ずるように
各々の目指すべき道も湧き出ずるでしょう。



それでは、今回はこの辺で。

掛替えなき2月の日々もまた
皆さまと共に心から喜びたいと思います。

いつもありがとうございます。


posted by laluz at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾