2018年12月31日

2018年の終わり


皆さま、こんばんは。

いよいよ2018年を見送って、
2019年を迎えることとなりました!

(12月中旬は更新できず仕舞いで 一応チェック下さった方には申し訳ありません…)

2018年の日々も 皆さまには
公私にわたって大変お世話になりました。

毎年毎回 同じことを申し述べておりますが
2018年も有り難い日々を過ごせましたのも
ひとえに皆々様の温かいご支援のお蔭と
ただただ感謝するばかりです。



あたらしき 柴のあみ戸を たちかへて
年のあくるを 待ちわたるかな



2017年に続いて 西行法師の歌です。

柴の網戸を新しく立て替えて、新年が
その新しい戸を開け訪ねてくるのを待ちわびています。


…と、新年が「明ける」と「(戸を)開ける」
とを掛けた ほのぼの優しい和歌ですね。

大掃除やらで身の回りの整理をされた方も
そうでない方も、少なくとも「精神」は
一新して2019年の訪れを心待ちに。

2018年が万事順調だった方も反省点が
多かった方も、2019年は素晴らしい日々
になると確信とともに寿ぎましょう。


兎にも角にも 2018年の終わりに際し、

私と時間を共有している生徒さんやご家庭、
関係諸子の方々全てに心から御礼申し上げます。

この1年間の御高恩に対する謝意を
言い尽くすことはできませんが…
2018年も本当に有難うございました!


posted by laluz at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾

2018年12月04日

2018年12月の始まり


皆さま、こんにちは。

2018年の約93%が過ぎ去りましたね、
充実の日々を過ごされたことと存じます。

皆さまの御蔭で2018年も平穏に過ごせ
此度も師走を迎えることができました。

今までと これからの遍く「ご縁」に
心からの感謝を申し上げる次第です。




さゆと見えて 冬深くなる 月影は
水なき庭に 氷をぞ敷く



(冬も深まり 冴え渡って見える月の光は、
 水もない庭に氷が張られた如く照らしている。)



2018年は西行の和歌を引用しましたが
「月」の歌は やはり多いですね。

3月・6月・7月・9月・10月と
12月も合わせると実に半数が「月」。

「月」以外の歌を選ぼうとして
半数になるとは思いませんでした…
とはいえ どの「月」もそれぞれ
異なる趣具合ですので お許しを。

さて、2018年最後の引用となる
「月」ですけれど、張り詰めた寒気で
全てのモノが襟を正すがごとく
水が張っていない地面さえも
月光に照らされて氷のように
白く研ぎ澄まされていく情景。

身が引き締まるほどの寒さで
夜空が冴え渡る 美しい冬が訪れます。

6回もの「月」歌で触れましたように
月と水面・鏡というのは 心の安寧を
示唆しますが、今回は「水」がありません。

…と、今までご覧下さっていた方々には
これ以上解説を加える必要もないでしょう。

説法じみた解釈をする必要はなく
ただただ「寒さに襟を正す」ことで
精神の再調和を意識的に行えば
それに越したことはありません。

日々 心が乱された方もそうでない方も
来る2019年を前に 心音を整えながら
年末を過ごして参りましょう。



それでは、今回はこの辺で。

2018年の最終月も貴き時間に充ちていることを
皆さまと共に心から喜びたいと思います。

いつも本当にありがとうございます!



(今月の中旬更新は未定です…年末のみになるかも?)
posted by laluz at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾