2018年08月05日

2018年8月の始まり



皆さま、こんにちは。

2018年 第7番の月も過ぎました。
2018年の約58%が過ぎたことになりますが、
熱烈な日々をお過ごしのことと思います!




露おもみ そのの撫子 いかならむ
荒らく見えつる 夕立のそら



(雨露の重みで 庭の撫子はどうなっているだろうか。
 荒々しく見えた夕立の空だったけれど。)




「撫子」=ナデシコ科ナデシコ属の植物ですが
和歌の多くは「河原撫子」を指すようです。

カワラナデシコ/学名 Dianthus superbus L.
var. longicalycinus (Maxim.) Williams

ナデシコ属の属名 「Dianthus」は
ギリシャ語の Dios(神ジュピター)
+ anthos(花)が語源なので、
「神の花」という意味ですね。

superbus(気高い、素晴らしい)なので
Dianthus superbus=気高き 神の花・・



ただ、Dianthus superbus の種名は
蝦夷河原撫子(エゾカワラナデシコ,
学名 Dianthus superbus L.var. superbus)
を指しますが、これより萼(がく)が長いので
変種名 longicalycinus(長い萼の)が付くと。

L. とか(Maxim.) Williams は命名者なので
本歌の撫子は「(長萼の)気高き 神の花 」
という名を持つ お花です。

ちなみに カーネーションもナデシコ属で
(学名: Dianthus caryophyllus L. )
「神の花」属の一員ですね。

中国由来のセキチク(Dianthus chinensis L.)
が唐撫子(カラナデシコ)と称されたのに対して
河原撫子=大和撫子(ヤマトナデシコ)と
区別されるようになったと言われますが、

浜撫子(Dianthus japonicus Thunb.)が
日本の"神の花" という学名なので
唐(chinensis)と大和(japonicus)なら
浜撫子の方が腑に落ちましたね…



・・と、「ナデシコ」の花々は
我が子を撫でるように愛すべきとか
神の花と言うべきほど素晴らしいとか
そのように受け容れられてきた訳です。

ナデシコ論 はこの辺りにして
和歌の方に戻りますと、

激しい雨の後、撫子の花たちは
大丈夫だろうか…と心配している情景。

撫子の場所に居ないのが秀逸ですね、
激しい夕立さえ自身は遭っていないかも?

黒い雨雲が撫子が咲く庭の辺りに向かって
いるのが見え、激しい夕立が予想される中
大丈夫であろうか…と心配させられる
そんな場面が浮かび上がってきます。


比喩表現と見れば、状況が荒れるであろう
事変に、難局を超えた経験が無い若輩たちは
大丈夫か…と案ずる意味にも読めますが。


豪雨・大地震など大規模な天災が起こった時に
限ったことではありませんけれど、何かの異変が
予想される際に、近縁者の身を案ずるのは当然。

中学・高校・大学など進学を機に親元から
送り出したご家族の方々にとっても、
離れた地で異変があれば心配されるでしょう。

災害に限らず、試練・難局の真下にあるなら
心身の疲労で押し潰れないかと心配したり。

まあ「心配することが心配の種を蒔く」
として、心配されることを好まない
私のような変異種もいると思いますが、
(私と長らくお付合い下さっている方々は
クスクスお笑いになるでしょうね…)


「互いの状況を適切に把握する為に
相手の身を案ずる」のは人間の美徳の一つです。

心配かけたくないから嘘を付く…というのも
また人間の特性なので、なかなか難しいですが
少なくとも心配してくれる存在がいるなら
それだけで幸せなことと思います。

誰も心配してくれる者などいない!という
方にとっては、心配されるレベルを超えて
他者を心配する側に立つことがきっと要求
されているのでしょうね…痛みを知る者の
言葉でないと 慰めなど心に響きませんし。


ともあれ、異常気象と言うべき気候が
今後も続きますし、各々にとっての試練も
適宜あるものと思いますが…身を案じつつ
支えて下さる存在を忘れることなく、
夏の日々を歩んで参りましょう。


ちょっとまとまりが悪いですけど
更新が遅くなるので今回はこの辺で。



8月も素晴らしい出会いで充ちていることを
皆さまと共に心から喜びたいと思います。

いつも本当にありがとうございます。



posted by laluz at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾