2018年07月04日

2018年7月の始まり



皆さま、こんにちは。

2018年 第6番の月も過ぎました。
2018年の半分が経過したことになりますが
年頭計画に照らして諸事順調でしょうか?

まあ・・与えられた日々を感謝しながら
生きているなら 計画通りか否かなど
些事でしかありませんけれど、

2018年後半も充実した日々を
過ごして参りましょう!




むすびあぐる 泉にすめる 月かげは
 手にもとられぬ 鏡なりけり


(両手に掬い上げても 泉に宿る月影は、
 手には取って見ることはできない鏡のようなもの…)




むすぶ(掬ぶ)=左右の手のひらを合わせて
(水などを)すくう という古語ですね。
「結ぶ」の意も掛けていると思いますけど。

澄んだ泉の水面には、月影が微笑ましく
揺蕩う(たゆたう)、そんな優しい情景。

その月影を両手に掬い上げようとしても
実際に手に取ることはできません。

ただ、両手に掬った水面にも月は映ります。
まるで手鏡のようなものだけれど、それに
自分を実際に映すことはできないという。

(両手を傾けると水は溢れるし、水面に
 顔を映そうとしたら 月影が隠れます・・ )


泉に澄み映える月、両手の水面に浮かぶ月、
その狭間にいる自分、という幻想的な
反映が綺麗な和歌だと思います。



もちろん、西行の作品なので 洗練とした
言の葉の中には奥深い叡智が宿っています。

釈迦の教えでは、水面に映った月に
仏や真理を見る喩えはよく用いられますが、

有名な文章では『正法眼蔵』第一 現成公案に
述べられています。少しだけ引用してみますと。

------------------------------------------------

人のさとりをうる、水に月のやどるがごとし。
月ぬれず、水やぶれず。ひろくおほきなるひかりにてあれど、尺寸の水にやどり、全月も彌天も、くさの露にもやどり、一滴の水にもやどる。
さとりの人をやぶらざる事、月の水をうがたざるがごとし。
人のさとりを礙せざること、滴露の天月を礙せざるがごとし。
ふかきことはたかき分量なるべし。


(補訳)
人が悟りを得るのは、水に月が宿るようなものである。
そのとき、月は濡れもせず 水が壊れることもない。それは広く大きな光りでありながら、ほんの僅かな水にも宿り、月のすべて天のすべてが草の露に宿り、一滴の水にも姿を宿す。
悟りが人を壊さないのは、月影が水を穿つことがないのと同じ。
また人(の小ささ)が(大いなる)悟りを妨げないのは、
(小さな)露が(大きな)月を拒まず受入れるのと同じである。
一滴の水に映る天月の深さは、実際の天月の高さに等しい。


------------------------------------------------------

・・というように。(拙訳ではありますので
高僧老師には誤りを諭されるかもしれませんが
「大いなる叡智」の探究という見地からは
大きく乖離していないと信じます。)



それを踏まえても、両手に掬い上げた水面に
月を映しながら それに自分を映すというのは
知的な遊び心を感じて 興味深い試みです。

あえて奥深く読み込むと、悟りの境地に至れば
もはや「自我」はなく「叡智の鏡」に自らが
映ることは無くなる…とも言えましょうか。


ただ、先月も書きましたように、西行は
煩悩ともいうべき恋慕の情を あえて
捨て去ろうとしませんでしたので
この和歌についてもそこまで説法じみた
無粋な意図はないように感じます。

水月は、文字通り「目前にあって手に届きそう
なのに自分のものにすることはできない」
=叶わぬ恋 の暗喩としても用いられますし、

その意味では「結び」=縁を結ぶという
意味で、待賢門院璋子との恋を重ねている
と 微笑むこともできましょう。


…という感じで、30余りの文字の配列に
天と月・悟り・恋・・と詠み込む西行の歌でした。

情景的にも涼やかで、蒸し暑い時期に
脳への清涼剤にもなる気が致します。

ちなみに『正法眼蔵』は難解ですが
「第一・現成公案」の巻だけは
今一度お読みになると良いでしょう。
「悟りとは何か」を示したものです。

現代語訳も色々ありますが、中には
ちょっとこれは誤訳かな…という類も
あるので、何通りか目を通しながら
自分なりに思考していくことが大切です

(「学び」全てに言えることですね )。


※ 長らくお付合下さっている方々には繰り返しになりますが、私という者は特定の宗派教義に与しておりませんので、宗教的な(怪しげな?)表現があっても特定の信仰を念頭には置いておりません。

むしろ…あらゆる教義・諸法・賢書が説き示す叡智の根源は「一」であると日々感じていますけれど、その信条さえ唯一絶対のものとは思っていませんので、へーこんな考え方もあるんだなぁ程度に お気楽に思索を楽しんで下されば幸いです。



かなり中途半端ではありますけれど
(想定の着地には長文過ぎたので)
今回はこの辺で終わります。

蒸し暑い季節となりますが、天月・森羅万象を
自らに投影させるがごとく澄み切った精神で
涼やかに7月を楽しんで下さいますように。


7月も素晴らしい出会いで充ちていることを
皆さまと共に心から喜びたいと思います。

いつも本当にありがとうございます!




2016・2017年と「七夕」テーマのご挨拶でしたし
2018年はスルーというのもモヤモヤするので
例のごとく15日前後にでも改めて
書き置こうかなと思っています。。


posted by laluz at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾