2018年04月17日

映画のお話 #3



皆さま、こんにちは。

今月は16日前後にもう1度更新できれば…
と申しましたが、既に18日に変わりそう…
というタイミングで更新しておきます。

久々の第2回目更新も 映画のお話に致します。

今回は、個人的に良かったと思う映画のうち
(内容的に「楽しい」お話ではないですが)
少し 考えさせられる 作品について。
(「ラルースの塔」で挙げて問題ない範疇で)



スポットライト 世紀のスクープ
(Spotlight,2015年/アメリカ)


The Boston Globe 紙の記者達が、カトリック
教会の児童への性的虐待事件を暴いた、実話を
基に描いた問題作。聖職者と言っても人間なので
抑圧された欲望に流されることもあるのでしょう…。

歴史上、被害者が社会的弱者の場合、多くは
明るみに出ないどころか、むしろ被害者側が
虚言妄言と罵られ迫害されてきました。

組織の不正(ごく一部の者に限られるとしても)
を正そうと尽力する人々には敬意を表します。
もちろん「全てが明るみになること」が
常に望ましいこととは限りませんけれど。



スノーデン(Snowden,2016年/アメリカ)

アメリカ政府による国際的な個人情報監視の
事実を暴き世界を震撼させた2013年6月
「スノーデン事件」の全貌に迫る問題作。

ご存じの方も多いかと思いますけれど
初耳という方は調べてみると良いでしょう。
ネット社会である以上「全て監視可能」と
いう前提で行動すべきが当然と思いますが…

そういう現代システムを教わる機会は
一般的に多いとは言えない現状なので、
知的生活を送っていくならば最低限は
把握しておいた方が良いかもしれません。


ただ、リークされた事実が「真実」か否か
真実を隠すためのリークという手もあるので
その辺りは大局的に「大いなる一手」を
深く読み解く知力が不可欠です。

どんな情報でもすぐに鵜呑みにせず
しっかりと精査する知性が無ければ
結局のところ疑心暗鬼になったまま
考えることを放棄することに陥りますし。

とはいえ、なかなか難しい状況です
覇権を取られた中で局面を打開するのは。
国家主導権を立て直すという大義の為に、
現世の国民の生活・利益を根底から
揺るがせるかと問えば、人間の生は
短いので、賛同は得にくいでしょうから。



リミットレス(LIMITLESS ,2011年/アメリカ)

脳を100パーセント活性化させる新薬を
手に入れた男の運命を描くサスペンス。
認識・記憶・学習能力は飛躍的になり、
現状を瞬時に分析・把握し、計算に基づき
近未来を確知できるほどの知能を獲得。。

まあ、ありがち設定と言えばそうですけど。
映画としての展開はなかなか面白いです。

現代社会では「スマートドラッグ」として
知的能力の向上を意図して服用する人が
増えていることも驚くことではありません。

これは、脳の神経伝達物質、神経化学物質の
供給増加、酸素供給量の向上、神経の成長促進
等によって認知能力の向上に働くとされています。

今はどうか分かりませんけど、ハーバード大では
スマートドラッグを服用していない方が少数とする
データが挙がったりして広まったように感じます。

ハーバードでもそうなら…という感じかどうか
日本でも東大生や、東大を目指す受験生の間で
スマートドラッグ服用の話を耳にしたりしました。

真に知能が高い人には全く以て不要ですけど
才能・知能の差を感じる層には精神安定に
なるのかもしれませんね・・うーん。。

ただ、小中学生が服用する例も多かった点
副作用が懸念される一部の品目については
日本への個人輸入が今年から原則禁止に。
規制されて困る人もいるようですけれど。

過去にも「脳の使い方」や「知能・IQ」の
記事で 色々(長々)と述べてきました通り
「頭が良くなりたいと思っているうちは
そうならない」という理に気づく方が大切。




あまくない砂糖の話
(THAT SUGAR FILM,2016年/オーストラリア)


監督デイモン・ガモー自らが実験台となり、
「人は1日平均スプーン40杯分の砂糖を摂取」
している事実を検証するドキュメンタリー。

60日間ジュースやシリアルなどから砂糖を摂り
(カロリー総量は変えず)自らの体調変化を
観察していく、というお話です。

とりあえず「糖質」全般ではなく「砂糖」
スプーン40杯分=160gを摂取しているので
日本人一般には「そりゃ不健康になるよ…」
と思わざるを得ない砂糖量なのですけど。

というか極少食ライフの私からすると
拷問のようにしか見えませんでしたが、
糖分中毒になると快楽なんでしょうね・・


鑑賞ポイントはそこではなく、健康に
良くないとしても売上にダメージが
あるなら公にしようとはしない企業側の
圧力や伝統食の変容・衰退という面まで
検証を入れる姿勢は 賞賛に値します。


…と、まだ続く予定で用意していましたが
既に予定以上の文字量になりましたので
今回はこの辺で終わります。


まとめますと、日常生活においても
隠されている真実は多々あるので、

柔軟な視点・広い視野をもって
「大切なこと」を見失わないように
日々知性を磨いて参りましょう…
といったところでしょうか。


以上、3回目の「映画のお話」でした。
ご訪問ありがとうございます。

posted by laluz at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 書物・映画etc..

2018年04月03日

2018年4月の始まり



皆さま、こんにちは。

2018年 第3番の月も過ぎていきました、
2018年の約25%が過ぎたことになりますね!

1年の4分の1…といって長いか短いかは
各々の時間感覚によるでしょうが、心機一転
新しき「期」を楽しんで参りましょう。



花の色や 聲に染むらむ 鶯の
 なく音ことなる 春のあけぼの




桜が咲き誇り、日本においては入学入社など
新しい舞台に進む方も多い晴れやかな時季。

春の花々も 祝宴の陽気に包まれて
ますます優しい色に染まっているように。

木々を飛び舞う鳥たちも、満開の桜を
喜ぶかのように 麗らかな声を響かせます。


・・とまあ 実際の生態系は人間の心情などに
左右されることなく命を紡いでいるだけなので
俗な詩情に浸るのも滑稽かもしれませんけれど
多くの生命体にとって過ごしやすい季節です。

現実世界で私と面識がある御方はご存じの通り
毎日お祝い日のように笑顔で過ごしておりますので

今の季節だから殊更に祝うというわけでもなく
2018-19年度も日々刻々に敬意を払いつつ
森羅万象との対話を楽しむという感じです。


実際、外的な状況環境が内的な喜怒哀楽を
喚起する というよりは、内的な意志思考が
外的な状況環境を規定する、というのが

真理 (理解し 実践し難いものの)
だったりするので、思う存分 春の
陽気を楽しむのは素晴らしいことですね。




思ひやる 心や花にゆかざらむ
霞こめたる みよしのゝ山




霞が立ち込めて花の見えない吉野山
だけれど、花に思いを馳せるこの心が
どうして桜に届かないことがあろうか、

…と、この和歌の方がラルースの塔の
ご挨拶には相応しい気が致しますので
今月は二首を引用ということで。

小中高校・大学・大学院あるいは
企業等各組織の新たな一員となって
今後、時を経るにつれて期待・予想に
反した事態に陥る時もあるかしれませんが、

霞や靄(もや)がかかっていたとしても
客観的事象は全く変わらずそこに在ります、

そんな時も慌てず焦らず視点・支点を定めて
確かな信念・意思で歩んで行かれますように。

文字通り「祝意」に満ちる季節でありますが、
眼前に花が咲いていない時期であったとしても

眼に見えない「芽吹き」を心で感じながら
自らの「好き日」を日々創造して下さいね。



長いお付き合いをさせて頂いている皆さま、
新しくご縁ができた方々の諸々のお心遣いに
いつもながら深く感謝申し上げます。

春光が新たな創造の歩みを祝う4月も
皆さまと共に心から喜びたいと思います。

いつもありがとうございます!


(月2回目更新は12月以来行っていないので
 状況が許す限り16日前後に1つ挙げたいです…)

posted by laluz at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾