2017年03月04日

2017年3月の始まり



皆さま、こんにちは。

2017年第2の月も過ぎていきましたね、

毎時この時期に書き触れておりますけれど
個人的には感慨深い誕生月の如月を見送り、
優しい創造の光に包まれる時季を迎えました。


受験生にとっては人生を左右し得る試練・関門が
2月にありましたけれど 各々の理想・志望を
力強い意志で現実のものとされんことを
心からお祈り申し上げるばかりです。



このほどを 花に礼いふ 別れ哉  芭蕉


(此の程お世話になりました御礼を 桜にも言うような、そんなお別れです。)


桜の季節に 芭蕉が滞在先を去る際、滞在中の
おもてなしを含め、有意義な時を過ごせたことに対し
「お世話になりました」と桜に頭を下げる情景。

桜が情緒ある空間を提供してくれたことへの
直接的な謝意もあると思いますが、桜にお礼を
言いたくなるほど滞在先・主人の心遣い自体も
素晴らしかったのだろうことが伝わってきます。

桜の木にまで礼を言いたいほどこの滞在は素晴らしく
あなたに対する心からの感謝は申し上げるまでも
ありません…と、とても知的な別れの挨拶ですね。

…とはいえ、この「剽竹庵」は芭蕉門人の岡本木白
(師・芭蕉の死後は「苔蘇」と号す)の庵なので
正直そこまで堅苦しいものではないでしょうが、
だからこそウィットに富んだ優しさが際立ちます。

「このほど」という解釈がなかなか難しいですけど
それはそれで各々の感じるままで良いのでしょう。


私にとっても「お別れ」を申し上げることが多い時期、
特に3年以上(長い場合は6年を超えて)お付合い
下さったご家庭とのお別れは趣深いものがあります。

個人的には「お別れ」という概念が厳密にはなく
あらゆる星たちが各々の軌道上を動いていく過程の
お近づきだったり遠ざかりだったりする事象に
ことさら感傷的になったりしませんけれど、

「このほど」の長さを考えると、時の流れを
改めて考えさせられることになります…本当に。


特に家庭教師で長らくお伺いしてきた場合は、
長年慣れ親しんだ備品あらゆる全てに謝意を抱きます。
ワンちゃんネコちゃん、庭先の花 木々にも同様に。

もちろん 授業が終わっても軌道が重なったまま
ご縁が続く方々も少なからずいらっしゃいますが、
それも全て 付かず離れず絶妙な距離を取りつつ
万事ご配慮下さる方々の御高徳の故です。

卒業後に生徒さんなりご家庭なりに私から
コンタクトを図ることは100%ありませんので
「永遠の別れ」となる場合もありましょうが、

何れにせよ「滞在中」の諸々のお心遣いに対し
深く御礼申し上げる気持ちに変わりありません。

医師や薬剤師・研究者など各々の目標に向かい、
大学でさらなる進化を遂げて行かれますように。



兎も角も、星たちの運行過程でそれぞれが
互いの重力やらハプニングやらで引きあったり
あるいは離れたりするのも運命の妙と感じる季節。

長いお付き合いをさせて頂いている皆さま、
新しくご縁ができた方々の諸々のお心遣いに
いつもながら深く感謝申し上げます。


麗らかな春光が、天地を遍く照らしていく3月も

変わらず素晴らしき出会いで充ちていることを
皆様と共に心から喜びたいと思います。



いつもありがとうございます。


posted by laluz at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾