2016年12月31日

2016年の終わり


皆さま、こんばんは。

いよいよ2016年を見送って、
2017年を迎える時となりました!

2016年の日々も 皆さまには
公私にわたって大変お世話になりました。

毎年同じことを申し述べておりますが
2016年も有り難い日々を過ごせましたのは

ひとえに皆々様の温かいご支援のお蔭と
ただただ感謝するばかりです。



去年今年 貫く棒の 如きもの


(こぞことし つらぬくぼうの ごときもの)



高浜虚子の句です。元日に挙げるのがベストでしょうが
この記事を書いているのもあと少しで正月という時なので
この文章を読まれる頃には時宜に適うでしょう。

年が変わる瞬間、ほんの少し前は既に「去年」で
もう今は「今年」という一つの節目に際して、
その底流に雄大に流れている「摂理」はまるで
土台を支える棒のように一貫してそこに在ると。

時々・日々・月々・年々・・とそれぞれの時間尺度に
沿って刻々と変容は繰り返されていきますが、それでも
万象を貫く「理」はいつもそこに在ります。

自ら、あるいは宇宙全体を貫く棒=「理」を
何とするかは各々の思想・世界観によるでしょうが
それが何であれ自らが規定する確かな拠り所があれば
どのような変容(能動的・受動的問わず)に際しても
重心が大きくブレることはないでしょう。

2016年2017年という小さな節目にあっても
いつもそこにあって変わらないものに想いを致し、
どのような激動であっても自らの方向性を狂わさない
確かな支点として 絆を新たにして下さいますように。

…と、ちょっと表現が分かりにくいですね…
とはいえ「変わらないもの」「激動」「方向性」
「絆」という言葉に対して全ての含意を説明するのは
あまりに長くなりますし、読まれる方の感じるままに。


2016年の日々から学ぶところが多々あったと思いますが、
それら全て自らを確かに支える精神の幹として
2017年の日々も存分に吸収して参りましょう。


兎にも角にも 2016年の終わりに際し、

私と時間を共有している生徒さんやご家庭、
関係諸子の方々全てに心から御礼申し上げます。

この1年間の御高恩に対する謝意を
言い尽くすことはできませんが…
2016年 ありがとうございました。



posted by laluz at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾

2016年12月04日

2016年12月の始まり



皆さま、こんにちは。

とうとう2016年の約93%が過ぎ去りましたが、
皆さまお変わりなくお過ごしのことと存じます。

皆さまの御蔭で2016年も至福の日々を重ねながら
此度の師走を迎えることができました。

今までと これからの全ての「ご縁」に
心からの感謝を申し上げるばかりです。




なかなかに 心をかしき 臘月哉
  芭蕉



なかなかに こころおかしき しはすかな

(世の中は忙しそうに動くという師走だけれども 世俗を離れてみると)かえって風情あるものです… 師走というものは。



「臘月(ろうげつ)」とは、十二月の別名。
句では「師走(しわす)」と読ませています。

wikipediaの記述を参考にしますと…

「臘」=「つなぎあわせる」という意から、新年と旧年の
境目となる旧暦12月のことを「臘月」と称するそうです。
元々は「臘祭」という中国の習慣で、年末に神と祖先の
祭祀を一緒に(つなぎあわせて)行うことに由来するとも。



年末行事やら新年準備やらで周囲せわしくバタバタと
動く時期でもある師走ですけれど、巨視的に見ると、

冬ごもりをして春に備え、新しい年が祝福された日々
であるように願って様々に準備・儀式を行う人間
あるいは諸々の生物の営みは、生命の連関の中で
脈々とつながれていくもの、

本当に愛おしく趣深さをより強く感じる季節です。

寒さが厳しくなってくる時期だからこそ、
生命の温かさや優しさが一層に感じられる
時期でもあるでしょう。


「臘月」といえば、時期的に次の言葉も
目にする機会が多いかもしれませんね。

「看々臘月盡」(みよみよ ろうげつ つく) 

「よくよく観なさい もう十二月も終わってしまう。」
月日の流れは速いもの、日々をよく見なさいという禅語。



禅師・虚堂智愚(1185〜1269)『虚堂録』に
収録されている言葉です。

1年の12月があっという間に終わるのと同じく、
人生もあっという間に終わってしまうもの、
ぼんやり生きず 日々をしっかり見て生きよ、と。


ただ、前後の文脈から考えるともっと「深い」です。

「香林因みに僧問う。萬頃の荒田、是れ誰をか主と為す。
林云わく。看よ看よ臘月盡く。」という流れで説かれます。

香林禅師に一人の僧が尋ねた。
「この広大な荒地は、誰のものですか?」と。
そこで師が答えた。「看よ看よ臘月盡く」と。



一読しただけでは「意味」が分かりませんね。
この荒地は誰のものですか?という問いに
「見なさい、もう12月も終わるぞ」との答え。

ポイントは「荒田」です。字義通り荒れた田畑ではなく
未だ平穏な境地に至っていない、荒れた心を暗示しています。

この僧は修行中の身で、おそらく清浄な境地に至れば
雑念に迷うことない「自らの心」を知覚できると考えたかも
しれませんが…その境地に至る前の「雑音にすぐ乱される心」
というのは、いったい誰に帰属するものなのでしょうか?
という趣旨のことを問いたかったのでしょう。

これに対して、禅師は「そのような些細なことに囚われて
日々の大切なことを見失うな。人生はすぐに過ぎ去る」と
諭したのでした(と、私は解釈しています)

生とは何か?悟りとは何か?を難しく考えながら
知的ぶって歩いているうちに、すぐ傍にある叡智に
気づかずに通り過ぎてしまうのは浅ましい様です。

そもそも忘我の境地に至り、自らの心を万物と
渾然一体にしてその境界の意識さえなくなった時、
「自らの心」というものは果たしてあるのかどうか。

「自らの心」と知覚できるうちはまだ未完成でしょう。
(究極には「完成」という概念さえありませんけれど)


…というわけで、俳句から脱線しましたが「臘月」。

今まさに「2016年終わりの『臘月』」であっても
各々の人生に幕を降ろし、次の世界につなげていく
(かもしれない?)「人生の『臘月』」であっても
満ち足りた心境で安らかに過ごせるならば至上です。



実際、その御肩に大勢の人生がかかっていて
企業・病院などなど各種組織の経営・人的管理に
文字通りご多忙を極めるご父兄各位もおられましょうが、

それにしても人生の臘月は必ず訪れますので、
各々の大切なものをふっと見失わないように
師走だからこそ平静を心がけて2016年を見送り
この上なく優しく2017年を迎えて下さいますように。


2016年の最終章も素晴らしいご縁に充ちていることを
皆さまと共に心から喜びたいと思います。

いつも本当にありがとうございます!




posted by laluz at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾