2016年10月05日

2016年10月の始まり



皆さま、こんにちは。

2016年 第9番の月も過ぎました。
2016年の約75%が過ぎたことになりますね、

皆さまにおかれましては
大いなる収穫の秋をお過ごしのことと存じます。

(6日11時半に続きを更新完了しました。未明か午前中には〜
と記していた為、早めにチェック下さっていたらすみません…。)





月か花か 問へど四睡の 鼾哉   芭蕉

(つきかはなか とえどしすいの いびきかな)

( 月か花かと風流の道を問うても「四睡図」のように返って来るのは
 ただイビキのみ…という境地こそ風流そのものかな。 )



『四睡図』とは豊干禅師、寒山、拾得、虎が
一緒に寝ている様子を描いた禅画で、禅の真理、
妙なる境地を示すとされる画題として有名です。

*芭蕉が句を捧げた「四睡図」は第50代・羽黒山別当の
天宥(宥誉)の筆によるものですが、ご参考までに
国立博物館所蔵の国宝・重要文化財を閲覧できるサイト
「e 国宝」の「四睡図」解説ページを付しておきます。



寒山・拾得(かんざん・じっとく)は二者だけでも
禅図の主題として有名ですし、森鴎外『寒山拾得』
『寒山拾得縁起』でも触れられていますように、
大衆への訓示として広く親しまれてきました。

この3者については鴎外『寒山拾得』をご覧になると
なんとなく概観できるでしょう(参考:青空文庫の作品ページ)。


「羽黒山」は出羽三山の1つで、「月山」のところで
出羽三山に以前触れました(「2016年6月の始まり」の回)。

天宥法印には「追悼句文」にも次の句を添えています。


 その玉や 羽黒にかへす 法の月(のりのつき) 

(法印の魂は羽黒山に返っておられる、
 迷いの闇を明るく照らす真如の月として。)



さて、天宥法印は稀有な政治力・指導力で
羽黒山の発展・地域振興に力を尽くしましたが、
旧来慣行に囚われず半ば強行に改革を進めた事もあって
反対派からの訴え工作等の結果、幕府裁定で敗訴、
新島に流刑とされ7年後の1674年、82歳で入滅。


「客観的」には無念な最期であったと思われますが、
悟りに至った高僧においてはそのような状態にあっても
「四睡図」のように皆と和気藹々、笑みを湛えながら
眠っているような境地にあると称えているのでしょう。

風雅の道を究める芭蕉において、「風流風雅とは?」と
問うても、ただイビキで応えてくれるような無我の境地を
天宥『四睡図』に改めて見たことと思います。

「風流とは?」と問うこと自体「風流ではない」という。
「悟りとは?」と問うこと自体「悟りの境地にない」という。



…と、禅の公案を考える記事のつもりはないので
この辺りにしますけれど、いずれにせよあらゆる喧噪や
試練の時があっても、心安らかに虎を手なずけるような
心持ちで、緩やかに生きていけるのは至上です。


生き急いでも生き急がなくても、終息は万人に
訪れますからね。せいぜい数十億秒の命数なので
(100年=約31億5,570万秒)、1秒1秒を慈しんで
余命を楽しむに越したことはありません。

…とまあ、一見ネガティブというか厭世的に聞こえる
かもしれませんが、目標達成までの必要時間を考えて
今求められる最適行動を逆算するのは合理的思考です。

ならば、どのように「終息」するかしたいかを考えて
今の健康状態・精神状態を規定しつつ、突然の別れに
なって喚かないように周囲に日々感謝しながら生きる、
というのは「理」に叶っているでしょう。

そうする方が案外、何かと上手くいくものですし。



…と、そのようにのんびり考えられるのも全て
皆さまの大いなるご支援ご厚情によるものです。

万物が各々に与えられた「使命」に沿って
生命力を縦横に生やし栄やしていく季節において、

長いお付き合いをさせて頂いている皆さま、
新しくご縁ができた方々のお心遣いなど諸々に
毎月のことながら感謝を述べさせて頂きます。


この10月も素晴らしい出会いで充ちていることを
皆さまと共に心から喜びたいと思います。

いつも本当にありがとうございます!




posted by laluz at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾