2016年03月04日

2016年3月の始まり



皆さま、こんにちは。

2016年第2の月も過ぎていきましたね、

毎時この時期に書き触れておりますけれど
個人的には感慨深く思う誕生月の如月を見送り、
温かい創造の光が差し始める時季を迎えました。

自身は一般的な社会リズムに左右されない生活を
長らく送っているために経年変化は少ないようですが、
(昔の生徒と久々に会ってもさほど変わらないので
 たまにヴァンパイア疑惑をかけられる程度に)

生徒さんの高潔なる進化・変貌はただ驚嘆しますし
本当に嬉しく思うもの。時の流れを愛しく感じます。


受験生にとっては人生を左右し得る試練のイベントが
2月にありましたけれど 適宜書き記していますように
各々の理想・イメージを現実のものとされんことを
心からお祈り申し上げるばかりです。



木のもとに 汁も膾も 桜かな  芭蕉


(桜下での花見、何から何まで舞い散る花びらで桜一面になってしまうなぁ。)


桜の木の下でのんびり花見をしていると
汁物の椀から膾(なます)と言わず文字通り
何から何までが桜の花びらで満たされる、
そんな春の風情を詠んだとても麗らかな句。

深読みしていけば、

儚く散る花びらが汁椀に浮かぶ如く人の生も
儚く浮世に浮かぶようなもの。しかしながら
それでも桜の木自体は何百年も長く生き続けるように
(霊木・神木レベルになると樹齢千年を優に超えます)
人の精神・思想学問・芸術も長らく生き永らえる。

浮世のあらゆる儚い憂きを、力強く生える桜木の下で
椀に浮かぶ花びらとともに笑顔で飲み干す、

そんな穏やかな風景・境地が見えてきます。


(あくまで私個人の勝手な捉え方なので
 芭蕉研究論において正当な解釈かはともかく)


実際のところ更新時においてはまだ花見に早いですが
文字通り「何から何まで一面、桜で満開になる」という
華やいだイメージで、ご挨拶に添えたいと思います。


兎も角も長いお付き合いをさせて頂いている皆さま、
新しくご縁ができた方々の諸々のお心遣いに
いつもながら感謝申し上げる次第です。


創造の光を浴びて 万物が再び活き始める3月も

変わらず素晴らしき出会いで充ちていることを
皆様と共に心から喜びたいと思います。



いつもありがとうございます。


posted by laluz at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾