2015年12月31日

2015年の終わり



皆さま、こんばんは。

いよいよ2015年を見送って、
2016年を迎える時となりました!

2015年の日々も 皆さまには
公私にわたって大変お世話になりました。

毎年同じことを申し述べておりますが
2015年も時間が凝縮された濃密な日々で、
有り難い時間を味わうことが出来ましたのは

ひとえに皆さま様の温かいご支援のお蔭と
ただただ感謝するばかりです。


元日から次の元日まで、あるいは生誕日から
次の生誕日までの「1年」という時間単位が
年を経る毎に長く感じるのは至福なこと。

あらゆる時間について有り難く敬意を払えば
ただの1分さえもが至高の閃きを与えてくれ、
1ヵ月を1年間に感じるほど充実感に溢れます。

俗世では年齢を重ねるにつれて時間経過を早く感じる
と言われたりもしますが、それは「脳」にとって
「新しいこと」が少なくなっていき、日々が
新鮮さに欠けてしまうことも要因にあります。

幼少期においての1日の「長さ」と 成熟し切ってからの
1日の「長さ」で 感じ方が違うのは合理性もあるものの、

人の生は短し。日々ワクワク感を味わいながら
「長い時間(相対的に)」を過ごすのも悪くありません。

2015年という日々を思い返すと色々と学ぶところが
あったと思いますけれど、それら全てを精神の糧として
2016年の長い日々を味わい尽くして参りましょう。


兎にも角にも 2015年の終わりに際し、

私と時間を共有している生徒さんやご家庭、
関係諸子の方々全てに心から御礼申し上げます。

この1年の御高恩に対して御礼申し上げるに
言葉は無力ですが…万事悉くありがとうございます。



posted by laluz at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾

2015年12月05日

2015年12月の始まり



皆さま、こんにちは。
皆さまお変わりなくお過ごしのことと存じます。

冬らしく冷え込む日々が続きますけれど
とうとう2015年の約93%が過ぎ去りましたね。

時間管理が容易ではない日々で月初の更新も遅くなりましたが
皆さまの御蔭で2015年もこの上なく満ち足りた日々で
此度の師走を迎えることができました。

今までと これからの全ての「ご縁」に
心からの感謝を申し上げるばかりです。




これや世の 煤に染まらぬ 古合子  芭蕉


 これやよの すすにそまらぬ ふるごうし
(これこそが 誠意に包まれて 世の塵に汚れない古合子よ。)


弟子である八十村 路通が、7年ほど前に大阪の旅亭に
置き忘れた合子(蓋付きの椀)を宿の亭主が、わざわざ
粟津まで送り届けてくれたという話を受けての句。

治安・秩序というものを前提し難い現代においてなお
日本の多くの方々は落とし物や忘れ物を不当に取得せず
更には丁寧に届け出るという徳性を持ち合わせていますが
交通の便も悪い江戸時代において遠くまで届けてくれるなど
本当に稀有な出来事であったことが伺い知れます。

「煤払い(すすばらい)」が行われる時季、
丁寧に包まれて「文字通りの煤」にまみれていない点と、
使い古した合子を捨てることなく届けてくれる亭主の
「俗世の精神的な煤」に染まらない親切心をかけて
「煤に染まらぬ」素晴らしさよと称賛しています。



この弟子・路通について詳しいことは分かりませんが
元々は浮浪の物乞いであったのを芭蕉が詩歌の才能を
見出して俳諧の道に生きよと弟子に迎えた人物とされます。

そういう経緯・苦労もあって、路通にとっては
使い古した合子をわざわざ届けてくれる親切心は
感慨深いものであったでしょうし、それゆえに
芭蕉も「煤に染まらぬ」と感じ入ったのでしょうね。

芭蕉は世を去る間際に、自分の死後も路通を見放すことなく
風流の道に生きられるようにと他の弟子に託しています。

世俗の垢・煤にまみれることなく詩歌の才能を
大切に磨いて欲しいと芭蕉は思うわけですが、
(路通は素行が悪く 同門からも疎まれていました…)
そのような師・芭蕉の眼には尊い親切心に包まれた
古合子も、それに感銘を受けた路通も どちらも
等しく慈しみ深いものだったでしょう。


…「合子」と聞いて、ふと思い浮かぶのは
清少納言の「いみじうきたなきもの」の一節。

いみじう きたなきもの。
蛞蝓。えせ板敷きの箒の末。殿上の合子。【枕草子263段】

(大変汚いもの。なめくじ。
傷んだ板敷を掃く箒の先っぽ。殿上の間の合子。)


…というものですが、宮殿で使われる漆塗りの合子は汚く
路通の古合子は尊いというのはやや説法に過ぎましょうか。

(まあ、なめくじも慈しむべき尊さはあると思いますけど。
 なかなかに愛嬌のある顔をしていますし。)



というわけで、いよいよ師走。物質的・精神的な
煤(すす)にまみれた1年であった方もおられましょうが
新年を迎えるにあたって、ここで今一度「煤払い」をし
修正すべき点は改めながら、最高の2015年であった!と
この上ない歓喜で年末を締め括って下さいますように。


2015年の最終章も素晴らしいご縁に充ちていることを
皆さまと共に心から喜びたいと思います。

いつも本当にありがとうございます!



posted by laluz at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾