2015年11月04日

2015年11月の始まり



皆さま、こんにちは。

2015年 第10番の月も過ぎました。
2015年の約83%が過ぎたことになりますね。

収穫の秋を見送りながら冬の到来に備える月ですが、
皆さま 極上の晩秋を楽しんでおられることと思います。



物ほしや 袋のうちの 月と花  芭蕉


( 布袋尊の背負う袋の中にはあらゆるものが詰まっているのであろうが、その中にある花鳥風月の心こそ願いたいものだ。 )


日本には本当に様々な神仏がおわしますし、
それぞれに篤く崇敬されています。
民間信仰の中で定着していった七福神の一柱
「布袋尊」も福徳の名高く参拝されていますね。

大きな袋を背負ったふくよかな姿で描かれる
布袋(ほてい)ですが、中国の唐時代に実在した
高僧がモデルとされています。伝説的な逸話から
弥勒菩薩の化身とされ 信仰されていったのでしょう。

片手で天を高く指さして微笑しながら背負っている
布袋尊の大きな袋には、人々の喜捨による施し物が
入っているとされますが、芭蕉はその中においても
月や花など自然を愛おしむ風流の心こそ願いたいもの
…と 詠んだのでした。



さて、この「袋」にあらゆるものを入れているから
「福徳」というわけではないでしょう。物を貯え、
多く所有する人は確かに富裕ではありましょうが、
そのまま福徳高いと言えるわけではありません。

人々の喜捨により、自然と袋に入っていくからこその
「福徳」であって、自ら「貯め込もう」と働きかけるか、
財について全く意識していないかの違いでしょうか。

(随分と前にも「お金が欲しい!」と常に思っている人は
 それほど大きなお金は集まらないというようなことを
 書き述べたと思いますが、その辺りと同趣旨です。)



天を指差しながら微笑むその姿は、まさに「全ては
与えられている」という理を説いてくれているよう。

「全て」自分の袋に入っているのだから、あとは
それを感謝しながら「引き出して用いる」のみ。

芭蕉においても物財を物欲しく思うのではなく
風流の心こそ持ちたいものだと詠んでいますが
そこは俳聖の謙遜でしかないでしょうね。。

布袋尊の袋に 月花を観る感覚は 本当に美しいです。



というわけで11月、悲喜交々が交錯する現世ですが
各々の在るがまま 収穫の秋を楽しんで下さいますように。

喜怒哀楽の全ては各々の有する器量の袋に詰め合わせて
いるだけなのですから、必要な時に必要な分だけ
自らの手で 引き出して参りましょう。



いつもながらこの11月も素晴らしいご縁で充ちていることを
皆さまと共に心から喜びたいと思います。

いつも本当にありがとうございます。


posted by laluz at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾