2020年09月18日

秋の光


皆さま、こんにちは。

少し遅くなりましたが 9月2回目の更新です。

すっかり秋らしく、過ごし易くなりましたが…
コロナウイルスとの共生という社会においては、
大小様々な影響が圧し掛かっていますね。

とはいえ、後ろ向きになっても無益ですし、
有難き日常に一層感謝できるだけでも有益です。



三日月の 野原の露に やどるこそ
 秋の光の はじめなりけれ


藤原俊成(ふじわら の としなり/しゅんぜい)
(1114年〜1204年12月)の和歌です。『千載和歌集』の撰者でも。


三日月が野原の露に宿るのが 秋の光の始まりなのだ…


という非常に優美な情景ですね。

「野原」という場所自体が都市部では無くなりましたが
それでも「露」は見ようと思えばどこにもあります。

ただ、その露に宿る「三日月」をみつけ、
その光を感じるというのは…心を静かに
意識的に見ようとしないと絶対に無理ですよね。

光害の中では、露の中の光どころか
天空にある三日月さえ感じにくい現代ですが、

少なくとも心持としては、それくらい穏やかに
ほのかな光を感じられるほどのゆとりを持って
日々の風流を忘れないようにしたいものです。

人との距離感が変容し、ギスギスしがちな今こそ
日頃気付けなかった「至近距離」を再考するのも
また有意義な秋の学びかと思います。


それでは、今回はこの辺で。

季節の変わり目で体調管理が難しい時期です、
くれぐれもご自愛下さいますように。


posted by laluz at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月04日

2020年9月の始まり



皆さま、こんにちは。

2020年 第8番の月も過ぎました。
2020年の約67%を終えたとは速いものですね…



大空に 群れたるたづの さしながら
思ふ心の ありげなるかな




『拾遺和歌集』284番 伊勢の御 の和歌です。

「たづ」とは「田鶴」=「鶴」のこと。


大空に群れて飛ぶ鶴も 一つの方向を指して行く…
さながら彼らにも思うところがあるかのようだ


この和歌を詠んだのは祝賀の意だったので
「思うところ」は「祝賀の心」を意味します。

現代社会はコロナ禍で、祝賀ムードには
なりにくい世情ではあるましょうが…


ただ、気持ちの持ちようは「人生の浮沈」も
左右しますからね、内心では幸福感を持ちつつ
日々生きていくのに越したことはありません。

そういうわけで、「鶴」はともかく
日々の何気ない「事象」においても
ああ、何かを祝っているのかなぁと
穏やかな心持で過ごして参りましょう。



「2019年9月の始まり」でも述べましたが
自身の「心」が、鏡のように世に映る
という信じがたい真理を、改めて考えるに
「秋」というのは相応しい季節ですからね。


それでは、今回はこの辺で。

素晴らしい9月の日々をお過ごし下さい。


(今月も情勢が許す限り 16日前後に
 もう1回更新できれば良いなと思っています)
posted by laluz at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾

2020年08月17日

「土用の丑」とウナギ


皆さま、こんにちは。

8月2回目の更新ですが、
なかなか大変な夏をお過ごしかと存じます。

熱中症との兼ね合いもありますし、
くれぐれもご自愛下さいますように。


さて、題名が「土用の丑」ですが、
2020年は7月21日、8月2日と、2回とも
過ぎているので、やや時季外れかもしれません。

ただ、この「土用の丑」とはそもそも何か?
という点は、意外と知られていないので
簡単に整理しておこうと思います。


まず、「土用」という言葉ですが、
「土旺用事(どおうようじ)」の略語です。

陰陽五行説では、四季を五行(木・火・土・金・水)
に割り振ります。春=木、夏=火、秋=金、冬=水・・

「土」はどうなったかと言うと、四立(しりゅう:
立春、立夏、立秋、立冬)の前18日〜19日の期間が
割り振られました。

およそ18日×四季=72日となり、五行それぞれ
約70日ずつ担当することになったわけですね。

「土旺用事」とは「土の気」が旺盛な時期を指し、
土を動かしたり掘ることは忌むべきとされました。

※ 土を触っても大丈夫な「土用の間日(まび)」もある。

その土用期間のうち十二支の順で回ってくる
「丑の日」に当たる日が「土用の丑」です。

従って「土用の丑」というのは、夏に限らず
四季ごとに必ず1日はあるわけですね。

【2020年の土用の丑の日】
1月23日/4月16日、4月28日/7月21日、8月2日/10月25日、11月6日/


さて、「夏の土用の丑」にはウナギを食すのが
良しとされてきましたが、本来ウナギの「旬」は冬。

今でこそ養殖ウナギが普及して年中というか
夏でも脂がのるように育てられていますが
天然モノは冬が一番美味とされてきました。


要するに、夏のウナギは冬に比べたらイマイチ
だったわけですが、夏にもウナギを売りたいことで、
アイデアを練ったのが「夏の土用」はウナギ!
という売り出し文句だったと伝えられています。

ただ、これは単なる思い付きでもなく、
夏にウナギを食するのは万葉集にも詠まれています。


石麻呂に われ物申す 夏痩に
 良しといふ物そ 鰻取り食せ


【原文】 石麻呂尓 吾物申 夏痩尓 吉跡云物曽 武奈伎取喫

【読み】いはまろに われものまをす なつやせに よしといふものぞ むなぎとりめせ


(石麻呂さんに申し上げますよ。
夏痩せに良いものですから鰻を捕って食べて下さい。)


『万葉集』巻十六 3853番
大伴家持(おおとものやかもち)の和歌。

古くは奈良時代「万葉集」が作られた760〜780年頃から、
夏に鰻を食べて英気を養おうという考えがあったと。

もともと土用の丑の日に、「う」のつくものを食べると
病気にならないという言い伝えがあったところ、
この言い伝えと「万葉集」のウナギを根拠に
江戸時代の蘭学者、平賀源内が助言したと言われます。

「土用の丑の日うなぎの日 食すれば夏負けすることなし」
と張り紙をするように助言したところ大繁盛したと…

ただの売り文句ではなく、万葉集に根拠ありと聞くと
へーそんなに古い伝統なのか!と思いますよね。


まあ、そんなこんなで「夏の土用の丑のウナギ」は
現代でも「風習」として残っているわけです。

丑の日なんだから「牛」を食べればいいじゃない?
と思うでしょうが、土用期間は殺生も忌むべきと
されているので…まあウナギなど魚はOK
というのも、どうかなぁと思いますけども。

自分にとって 元気・活力が得られる
「ウが付く食物」を取り入れるのが最良ですね。
「ウーロン茶」とか入れれば何でもアリです。


いずれにせよ、夏に体力が削がれやすいのは
今も昔も変わりません。ウナギはともかく
しっかり水分補給を心がけて収穫の秋に備えましょう。


それでは、今回はこの辺りで。

いつもありがとうございます!

posted by laluz at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月04日

2020年8月の始まり


皆さま、こんにちは。

2020年 第7番の月も過ぎました。
2020年の約58%経過したわけですけど、
例年より遅い梅雨も明けました。

今季も洪水被害が各地でありましたし、
試練の日々が続く昨今ではありますが、
お変わりなくお過ごしでしょうか。




ありとても たのむべきかは 世の中を
 しらする物は 朝がほの花


(いま生きているからと言って、明日も無事だとは限らない。
それを教えてくれるのは、あの朝顔の花です。)



和泉式部 『後拾遺和歌集』0317

アサガオ(朝顔、牽牛花)は、ヒルガオ科
サツマイモ属の一年性植物
(学名: Ipomoea nil、英名: Morning glory)。

日本自生の植物ではなく、奈良時代末期〜平安時代に
遣唐使がその種子を薬として持ち帰ったものに由来します。

『万葉集』で詠まれる「朝顔」は、我々が知る
アサガオではなく、桔梗(キキョウ)・槿(ムクゲ)
を指すというのが通説です。


さて、今回の和歌は平安中期に詠まれているので
アサガオの可能性が高いですが、和泉式部が
想定しているものがそうかは分かりません。

ともかく「アサガオ」は一日どころか
朝の午前中だけ咲いた後は枯れてしまう
「一日花」なので、儚さ(はかなさ)を
表す花として芸術に取り上げられてきました。

和泉式部の和歌も、ストレートに
世の儚さを詠んだものですが、
文字通り「真理」を突いたものです。

コロナ禍であったり、洪水などの天災で
いつ何が起こるか分からないのが世の常。

だからこそ「今」という掛け替えなき時を
敬意と感謝の念で大切にできるとも言えます。


まあ、あまり「しんみり」とするのも
生産的ではありませんが、前向きに
歩んでいく上でも「日々の非代替性」は
念頭に置いておくことが大切ですよね。


コロナ禍は収束まで程遠く、異常気象と
言うべき気候変動も今後続くだけでなく、
各々にとっての試練も適宜あるものと思いますが、

過ぎ行く「時間」に敬意を払いつつ、
夏の日々を歩んで参りましょう。

それでは、今回はこの辺で。


いつも本当にありがとうございます。



(今月も世界情勢が許せば 16日前後に
 もう1回更新しようと思っています)

posted by laluz at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾

2020年07月17日

変わらないもの


こんにちは。7月2回目の更新です。

このところ、全てが「和歌」の引用なので
変わり映えしませんが…コロナ禍で何となく
「おとなしく自粛」しているような感じです。



いそのかみ ふるき都のほととぎす
こえばかりこそ 昔なりけれ


(石上の古き都で鳴くホトトギスよ。
 昔から変わらないのは、その鳴き声だけだなあ。)

   

『古今和歌集』巻三144 所収、
素性法師(そせいほうし)の和歌。

素性=俗名・良岑玄利(よしみねのはるとし)は
「僧正遍照(良岑宗貞=よしみねのむねさだ)」の子。

2019年4月の始まり2019年11月の始まり
…でも素性法師の和歌を取り上げています。

これを詠んだ当時、大和国石上(現在の奈良県天理市)
「良因院(石上寺)」の住持でありました。

自然の営みは変わらないが、人の営みは変わる
という無常観を詠んだものですが・・

西暦900年代でさえ「変化」を感じるとしたら
現代では比較にならない程の大変化でしょう。

しかも2020年は世界的なコロナ禍で
文字通り「昔とは大きく変容した」世界です。

生活様式にも意識改革が求められます・・。

そういう社会変容の中でも、
ホトトギスたちは元気いっぱいに鳴いています。

素性法師と同じ心境で「変わらないのは自然の営み
だけだなぁ」としみじみ思う昨今ですね。

とはいえ、その自然さえも、異常気象などひと昔から
比べると大きく様変わりしているのが現在の地球でしょう。

まさに「諸行無常」そのものですが、各々の
「心」の核心のみは揺れ動くことなくただ有難く
「在る」ことのみが真実と言えましょうか…。


ともあれ「例年なら」満喫できるはずの夏季ですが
2020年は色々と対応が求められる夏となります。

covid-19と共生していくことになる社会なので
各々体調管理は万全にしつつ、免疫力も
低下させないように気を付けて参りましょう。


それでは、今回はこの辺りで。

いつもありがとうございます。



posted by laluz at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月06日

2020年7月の始まり



皆さま、こんにちは。

2020年 第6番の月も過ぎました。
2020年の半分が経過したことになりますが
今年は異常事態に近いですからね…
諸事順調とは行きにくいかもしれません。

それでも与えられた日々を感謝しながら
2020年後半も自身を高めて参りましょう。


※途中まで書いたままバタバタと7月6日となってしまいました…
 平常なら遅くとも5日には更新できているので
 チェック下さった方にはお手数おかけしてすみません!





一年に 一夜と思へど 七夕の
 逢ひ見む秋の かぎりなきかな



(ひととせに ひとよとおもへど たなばたの あひみむあきの かぎりなきかな)

(一年にたった一夜と思えても、七夕の出逢いは限りなく永遠に繰り返されるものよ。)



『拾遺和歌集』巻第三秋歌150番
紀貫之(866年or872年頃?〜945年6月30日?)の和歌。

7月7日は七夕ですが、本来は旧暦で考えるので
2020年では8月25日が本来の「七夕」です。
「秋の歌」であるのはそういう事情ですね。

現代では新暦7月7日に七夕祭りを
行ったりするので、良しとしましょう。

七夕は「織姫と彦星の夫婦が1年に1度
7月7日だけ会うことを 天帝に許されている」日。

夏の大三角形を構成する「こと座のベガ=織姫」
「わし座のアルタイル=彦星」とされています。

一年にたった一夜しか会えないなんて!
と思っても、毎年変わることなく限り無い時を
共有することに思いを馳せた作品です。

美しく壮大な和歌ですよね。


「人間の時間尺度」で考えれば
一年でたった一夜しかないと言うのは希少に思えます。

ただ、よくよく考えると「一年で一夜」どころか
「一生に一度だけの機会」なんて意外とあります。


受験・就職・採用試験なども「一年に一度」
どころか「一生に一度のチャンス」を
活かさないと行けなかったりします。

失敗して再挑戦できる場合もありますが、
毎年無限にやってくるわけではありませんし。

恋愛・結婚などにおいても
たった一度のボタンの掛け違いで
「縁」が解けることもあるでしょう。


そうしてみると「七夕」の二人のように
悠久の時を生きられない人間においては
より一層「その時その時」が貴重に思えます。

「一期一会」の出会い・チャンスなりに
敬意を払って存分に活かすことが大切です。



もちろん、失敗しても何度も挑戦し続けられる
性質のものも多いですが、そうはいかない場合も
意外と多いのが人間社会。

「幸運の女神」には前髪しかないなどと
あまり美しくない喩えで語られますが、
「一期一会」の「機会」は一生に一度しかない
と心得て、敬意を払って対峙することに通じます。

…と、今回の和歌の本意とはズレますが、
夏の星々を眺めながらも、中心軸はぶれないように
一つ一つの機会を活かして生きたいものですね。


それでは、今回はこの辺りで。


コロナ禍中の夏を迎えますが、
打ち克つべきモノは「自ら」のみです。
万全に対策は行いつつも澄み切った精神で
7月を楽しんで下さいますように。



いつも本当にありがとうございます!


(今月も情勢が許せば 16日前後に
 もう1回更新しようと思っています)


posted by laluz at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラルース進学塾

2020年06月18日

静かな激流


皆さま、こんにちは。

とりあえず6月2回目の更新ですが、
もう既に18日となってしまいました、
16日前後にチェック下さった方には
お手数おかけしてすみません。

充実しているからとはいえ時間観念を
完全に捨て去るのも善し悪しですね…



五月雨を あつめて早し 最上川

(さみだれを あつめてはやし もがみがわ)


有名な松尾芭蕉の句です。

2014年4月〜2017年12月の毎月初に芭蕉を
引用してきましたが(1月は万葉集ですけど)
久しぶりの引用です。

五月雨(さみだれ)と言うのは
新暦6月の雨なので我々にとっては
今頃の「梅雨」に当たりますね。

梅雨の水が集まって、本当に流れが
はやい最上川だと驚嘆する情景です。

ただ、「あつめて早し」の「早し」というのは
難しいですよね、「速し」ではないのか?と。

「速い・早い」の違いは一般常識と言えますが、
その使い分けは存外に難しいところです。

「仕事が早い」「仕事が速い」
「電車の方が早い」「電車の方が速い」


…上記のどちらも文法的に正しいですが、
話者のニュアンスは違います。

私が「時の流れは速い」「時の流れが早い」と
一応使い分けているのもそういう意図があります。



この「川のはやさ」も速いのか早いのか。

俳聖・芭蕉があえて「早い」とした以上は
「物理的速さ」よりも「時間的・体感的早さ」を
表したかったのだな?と一応推測できますが、

そもそもこの句の初案は・・

五月雨を あつめて涼し 最上川

「涼しさ」から「早さ」に変わったわけですね。


ともあれ、現代の我々の状況下においても
梅雨期で「涼しいなぁ」というよりは
「静かなる激動」という体感の方が強いです。

2月からの対コロナ社会になってから
「あっという間」で「はやいなぁ」と
感じる方も多いでしょう。


学生・社会人から第一線を退いた方まで
それぞれ感じ方は異なるでしょうが、
「静かなる激流」の中で転覆しないよう
油断することなく気を引き締めながら
各々の目的地を目指して参りましょう。

何だかんだ言っても「日本の未来は明るい」と
思えますし、そうして行かなければなりません。

暑さで気力・体力も奪われる時期に入りますが
今一度「身を祓い清めて」真夏に備えたいですね。



それでは、今回はこの辺りで。

いつもありがとうございます。


posted by laluz at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記